スポーツ

急速に拡大しているeスポーツをトリガーとした経済効果や集客拡大などによる地域活性化

~ICT×eスポーツによる地域社会への貢献をめざして

課題

  • eスポーツ市場は、国内市場において2022年には約100億円に達すると見込まれており、急速な拡大傾向にあります。
  • eスポーツを活用することで、「新たなつながりや体験」の創出・新しい文化や社会の創造・地域活性につながります。
  • ニューノーマル時代に向けて新たなエンタテイメントとして期待が高まっています。

取り組み

eスポーツ分野に注力した新会社「株式会社NTTe-Sports」を設立し、秋葉原UDX内に「ICT × eスポーツ」を通じて新しい文化・社会を創造する交流施設「eXeField Akiba(エグゼフィールド アキバ)」を開業しました。(2020年8月11日)

「eXeField Akiba」では、先進的なICTと機材を備え、人と人、地域と地域をつなげる場を提供することで、幅広い層へのeスポーツの文化の定着とコミュニティの形成、eスポーツ関連技術の発展をめざした施設運営を推進してまいります。

また、全国の自治体・地域のデベロッパーさまなどを対象に、eスポーツをトリガーとした地域活性化をご支援。eスポーツの場作り・コミュニティづくりを通じて地域のeスポーツ文化を醸成・育成しながら、イベントの企画から開催、ICTを駆使したインフラ整備によって観光周遊・経済振興に繋げていく、街づくりの総合施策です。地域が持つ独自の強み、NTTの持つ高度ICT技術、「eXeField Akiba」を中心に蓄積してきたeスポーツの専門知見とを掛け合わせ、eスポーツの持つ力を人々の生活・周辺の産業に波及させることで地域全体を活性化する取り組みを幅広くご支援しています。

  • 全国各地でのオンラインイベント開催
  • 柔軟にカスタマイズできる施設機能
  • 先進的なICTを見て触れられる場所
  • 充実した配信機材

「eXeField Akiba」では、eスポーツイベント、セミナー、懇親会といったイベントでのご利用から、試作品の実証、新製品の展示・販売などビジネス向けのご利用まで、お客さまのご希望に応じた幅広い利用メニューをご用意しております。

eスポーツ分野における事業展開

eスポーツイベントや関連施設へのICTソリューションの提供

eスポーツイベント会場やゲームセンターなどの商業施設へ、高速低遅延の通信ネットワークや映像配信システムをはじめとする、弊社のICTソリューションを提供します。また、弊社サービスに留まらず、アクセラレータープログラムにて連携している企業のサービスも合わせて提供するなど、先進技術でeスポーツを支えます。

  • NTT東日本の事業と、社会課題の解決やイノベーションをめざす企業のサービスを掛け合わせ、双方のビジネスを成長させるプログラムです。

eスポーツイベントの開催支援

事業者や自治体が、eスポーツイベントを円滑に開催できるよう、イベント企画運営の支援などを行います。さらに、高速低遅延の通信ネットワークや必要機材のパッケージを提供するほか、通信ビルのスペースをイベント会場として提供します。

「株式会社NTTe-Sports」の事業概要

参考
1
「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナルへのICTサプライヤとしての参画

NTT東日本青葉通ビル(宮城県仙台市)1階にパブリックビューイング会場を開設し、大会の模様をリアルタイムに映像配信しました。
対戦の様子だけではなく、会場の盛り上がり状況も「ギガらくカメラ」で撮影、配信することで、会場全体の熱気を届けました。また、秋葉原と宮城の両会場間で、来場者が空き時間にeスポーツのオンライン対戦を体験していただける環境を構築しました。

映像配信には、弊社の閉域ネットワークとパブリッククラウドを経由しますが、その接続には弊社が提供する「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」を活用することで、安定かつ低遅延の映像配信を実現しました。

〔概要〕

日時 2019年3月21日(木・祝)
本会場 アキバ・スクエア
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F
パブリックビューイング会場NTT東日本青葉通ビル1F
特設会場
宮城県仙台市青葉区一番町2-8-25
閉域網で安定・低遅延の通信環境を提供

参考
2
横須賀市さま、NTT東日本、NTTe-Sports
ICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた3者連携協定」の締結

2020年10月21日、新たなスポーツ(都市型スポーツ※1やeスポーツ)の定着によるコミュニティの形成、観光活性化に向けたインフラ整備による観光、周遊の促進、市民の生活利便性の向上と経済の活性化を軸にした連携協定を締結し、取り組みを開始しています。

横須賀市さまの取り組みにあわせ、 NTT東日本は、これまで提供してきた光回線通信やWi-Fi、LPWA※2等の無線ソリューションに「ローカル5G」や既存アセット活用、サイネージやデジタル地域通貨などを通じた、観光・経済振興につながるインフラ整備を検討・提供します。
NTTe-Sportsは、コミュニティ施設、部活の設立・運営支援、イベントなど、地域活性化の核となるeスポーツの取り組みを検討・提供します。

これら多岐にわたるソリューションを、3者でシームレスに連携しながら、横須賀エリアの地域ニーズにあわせ検討・提供していきます。

〔3者協定図解〕

〔3者協定図解〕
  • ※1
    都市型スポーツ(アーバンスポーツ)は街中等でも楽しめ、若い世代を中心に人気の新興スポーツの総称です。(例:BMX、スケートボード等)
  • ※2
    LPWAは「Low Power Wide Area」の略で、「低消費電力で長距離の通信」ができる無線通信技術の総称です。

〔横須賀市さま eスポーツ・ICTを活用した総合的街づくりの全体像〕

横須賀市様 eスポーツ・ICTを活用した総合的街づくりの全体像

【事例紹介動画】eスポーツで地方創生!今までにない形で街おこし!

フォームを入力して動画を視聴する別ウィンドウで開きます

この事例記事のPDFダウンロードはこちら

PDFをダウンロードする

詳しくはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ別ウィンドウで開きます

ページ上部へ戻る