NTT東日本 法人のお客さま

【これで解決】マーケティングDXで得られるメリット5選!
抱えやすい課題やおすすめツールを紹介

マーケティングのDX化を進めることで、商品開発などのビジネス変革につなげたいと考える企業が増えてきています。一方で、マーケティングDXを進めるとどのようなメリットが得られるのか気になる方は多いのではないでしょうか。また、デジタルマーケティングとの違いがわからない方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回の記事では「マーケティングDXのメリット」について解説します。マーケティングDXの目的や、推進する上で抱えやすい課題についても理解できる内容になっているので、ぜひ最後までお読みください。

マーケティングDXとは?目的やデジタルマーケティングとの違いを解説

マーケティングは、商品開発や広告の宣伝など、サービスや商品を売る仕組みづくりに必要です。デジタル化が進む中、マーケティングDXを進める企業が増えてきています。そもそもマーケティングDXにはどのような目的があるのでしょうか。ここでは、デジタルマーケティングとの違いなど、マーケティングDXの概要について紹介します。

マーケティングDXの目的

マーケティングDXは、日々のデータを分析し、成功体験につながるよう常時アップデートできるシステムを作ることが目的です。そもそもマーケティングDXとは、商品開発や新規の顧客などのマーケティング業務にデジタル技術を導入することで業務変革を行うことを指します。

またデジタル技術とはITツールやAIなどを意味し、DXはデジタルによる変革という意味合いを示します。感染症の流行も重なり、オンライン上でのマーケティングが高まってきました。そのため顧客ニーズに対応できるようなDX化が浸透しつつあります。

デジタルマーケティングとマーケティングDXの違い

変革を実施するのがマーケティングDXで、デジタル化を浸透させたマーケティング手法の一種がデジタルマーケティングです。

  • デジタルマーケティング:マーケティング手法の一種で、SNSやWebサイト、アプリを使ってマーケティングを行うことを指す
  • マーケティングDXは、デジタル技術を使った業務変革を行うことが目的

つまり、マーケティングDXを進めるための施策の一種が、デジタルマーケティングになります。

マーケティングDXで得られる5つのメリット

マーケティングDXには、以下のようなメリットがあります。

  • 数値データをベースにした意思決定の実現
  • O2Oマーケティングの実現
  • マーケティングの自動化
  • 生産性とPDCAサイクルの向上
  • 新たなビジネスモデルの構築

ITツールの導入だけでなく、生産性アップや新たなビジネスモデルが構築できるなどが期待できます。それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

数値データをベースにした意思決定の実現

マーケティングDXではさまざまなデータ取得が可能なため、数値をもとにした意思決定や評価が行えます。数値データとは、面談やアポイントメント歴、成約・解約情報などを指します。データを集約し、ツールを使って可視化できれば、客観的な判断ができるようになるでしょう。たとえばAIチャットボットに顧客とのやりとりを学習させれば、従業員による直接的な対応が不要になるため、人件費のカットにつながります。

O2Oマーケティングの実現

マーケティングDXを進めれば、O2Oマーケティングの実現が可能です。O2Oマーケティングとは、オフラインの実店舗へオンライン宣伝を利用して集客することを指します。実店舗からオンライン集客を図るような逆のパターンにおいても同様に、O2Oマーケティングと呼びます。

SNS上でのクーポン発行を利用して顧客を実店舗へ集客する、または実体験できるコーナーからオンライン購入へ誘導するなどさまざまな集客が可能です。

マーケティングの自動化

顧客データの収集・分析、マーケティング活動、新規顧客開拓の自動化が可能です。特にAIを活用すれば、商品に対する顧客層や購買意欲など、きめ細かな判別が行えるでしょう。単純作業が効率化されるため、生産性の高い業務に専念できます。新たなサービスや商品開発などの仕組みづくりに、従業員が貢献しやすくなります。

生産性とPDCAサイクルの向上

マーケティングDXによる情報処理のデジタル化により、膨大なデータの迅速な収集・分析が可能になります。PDCAサイクルの効率化にもつながるため、高度な業務に対し、時間を集中的に利用できるようになるでしょう。PDCAサイクルが迅速に回せるようになれば、利益に関連する意思決定がより正確にスピーディーに行えます。

新たなビジネスモデルの構築

マーケティングDXを進めれば、PDCAサイクルの高速化につながり、顧客や市場ニーズへの柔軟な対応が可能になります。顧客の購買意欲や市場の変化に対応することが、新たなビジネスモデルの構築につながるためです。顧客体験が図れれば理想的な接客と提案を行えるでしょう。新しいサービスの構築や課題発見にもつながるかもしれません。

マーケティングDXで抱えやすい課題3選

ITツールやAIを使ったマーケティングDXの実現は、従来のやり方を変える必要があるため、さまざまな課題に直面する可能性があります。

  • 業務の煩雑化
  • 人員やスキル不足
  • 従来の業務への固執

ここではマーケティングDXの推進を図る上で、抱えやすい課題について詳しくみていきましょう。

業務の煩雑化

既存システムとの互換性がないと、データの加工や変換に時間がかかり社員の負担が増えてしまうかもしれません。互換性のあるツールを選び、変換を自動で行える機能を搭載するなどの対策を図ると良いでしょう。またデジタル技術の導入により、広告効果や顧客データなどの迅速な収集と分析が可能になる反面、適切に使用するためのプロセスそのものが煩雑化する可能性もあります。

マーケティングDXを進める企業担当者と現場のスタッフが綿密にコミュニケーションを取り、連携を図ることが重要です。

人員やスキル不足

ITやマーケティングに関する知識のある人材が不足すると、マーケティングDXの推進が上手くいかなくなる可能性があります。また、ITとマーケティングに関する知識があったとしても、人員そのものが不足しているケースもあります。必要な人材確保が難しい場合は、まずは一部分をデジタル化してみるのも良いでしょう。一部の業務の効率化を図り、空いた時間を使ってマーケティングDXに取り組むのも効果的です。

従来の業務への固執

従来のやり方に固執したり、過去の実績に囚われすぎたりすることで、マーケティングDXが進まなくなる可能性があります。特に従来のやり方による成功体験があると、これまでの方法に固執し過ぎてしまう傾向にあります。従来のやり方を続けるだけではデジタルによる変革は実現できません。そのため、これまでの方法を変える意志とエネルギーが必要です。

マーケティングDXを進める場合の3つのポイント

マーケティングDXを成功に導くのは容易ではありません。人員不足や業務の煩雑化などの課題を解決させた状態で進める必要があります。

  • ITツールの活用
  • 目的やゴールの明確化
  • 経営者や外部との連携

ここでは、マーケティングDX推進に向けたポイントについて詳しくご紹介します。

ITツールの活用

ITツールが苦手な従業員にも使いやすいツールを導入すれば、マーケティングDXを進めやすくなるでしょう。マーケティングDX推進には、ほとんどのケースでITツールの導入が必要です。仮に使いにくいツールを導入すると、効果を実感しにくい点からツール自体を使用しなくなる可能性があります。サポート体制の充実したITツールやAIの導入を行いましょう。自社のDX推進でお悩みの人は、以下のリンクをご覧ください。

映像AIサービスを活用した現場DX|法人のお客さま|NTT東日本 (ntt-east.co.jp)

目的やゴールの明確化

目的とゴールを明確化して、組織全体で共有する必要があります。新たなシステムやITツールを活用するのは従業員です。そのため、経営層だけが推進を図るのではなく、従業員を含めた社内全体で取り組まなければなりません。どのような目的で導入するのかという明確な理由や、どのような変革が期待できるのか、具体化することが大切です。

経営者や外部との連携

経営者や外部と密に連携を図れば、社内だけでは得られないスキルやアイデアを獲得できるでしょう。経験のない業務に関わる場合であっても、外部企業からアイデアをもらえる可能性があります。また経営層への相談は、資金面や現場からの反発に対してフォローがもらえるかもしれません。

マーケティングDXでデジタル変革を実践するには新しい技術や視点が必要不可欠です。自社内で無理に解決しようとせずに、経営者や外部の力も活用して、効率的に進めましょう。

「映像AIサービス」の導入でマーケティングDXを進めよう

NTT東日本が提供する「映像AIサービス」を利用すれば、マーケティングへの活用が可能です。映像AIの解析技術を使うことで、売上向上、コスト低減に向けたマーケティングDXの推進に必要な情報が迅速に得られるでしょう。実際に「映像AIサービス」を活用し売上向上した事例を動画で紹介しますので、参考にしてください。

▼NTT東日本「映像AIで広がるDX(事例紹介:スマートストア)」

まとめ

マーケティングDXとは、ITツールやAIなどのデジタル技術を活用し、マーケティング業務の変革を行う仕組みづくりを指します。マーケティングの自動化や生産性がアップするなど、業務効率化につながるだけでなく、顧客体験の品質向上にも貢献できます。すべての従業員が活用しやすいITツールやAIなどを導入してみましょう。

自社全体でマーケティングDXの導入目的やゴールを明確化すれば、よりスムーズな実現につながるでしょう。

事例も
紹介
DX推進ガイドブック

事例も紹介DX推進ガイドブック

  • 映像AIを活用した現場課題の
    見える化・データ分析・改善。
  • DXによる課題解決フロー、ソリューション。
  • DXによる販売効率化の事例もご紹介!

CONTACT

映像解析や現場DXについての
お問い合わせ・ご相談はこちらから

映像解析技術の
お問い合わせ・導入ご検討はこちらから

料金詳細、導入にあたり不安なことなど、
いつでもお気軽にご相談ください!

お客さまを担当する当社営業担当者または、
NTT東日本コンサルティングセンターの
経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

0120-765-000 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始を除きます)0120-765-000 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始を除きます)
お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る