NTT東日本 法人のお客さま

防犯カメラ画像をAI解析する4つの活用シーン!
必要性やメリットを徹底解説

防犯対策のひとつとして、防犯カメラの画像解析を検討している方がいるのではないでしょうか。防犯カメラで撮影した画像をAI解析することで、人間の目より正確に監視できるようになったり、不審者や危険人物がいたときにリアルタイムで通知されたりと、防犯対策の強化につながります。また、人員不足で監視のために人員を配置できない場合も、AIの画像解析を活用すれば自動で異常を検知してくれるのでおすすめです。

そこで、今回の記事では、防犯カメラ画像のAI解析について活用例やメリットを解説します。防犯カメラ画像のAI解析を導入するときの注意点も紹介するので、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

防犯カメラ画像をAI解析する必要性

AI(人工知能)の技術発展によって、さまざまな業種の企業でAIが導入されています。防犯という観点においてもAI技術が導入され、私たちの安全が守られています。2021年の1日あたりの犯罪発生件数は1,500件と多く、AIをはじめとした最先端技術の活用は欠かせません。

これまでは、事故や事件などのトラブルが発生したときに、後で確認できるように撮影することが防犯カメラの役割でした。しかし、最近ではトラブルが発生した後ではなく、リアルタイムで犯罪を防いだり、事前に防犯環境を整備したりするためにも活用されています。

防犯のためにセキュリティを強化するには、人手が必要です。しかし、少子高齢化によって人手不足が深刻化しているため、AI技術を活用した防犯の強化が期待されています。

防犯カメラ画像をAI解析するメリット4選

防犯カメラ画像のAI解析は、さまざまなシーンで活用されています。この章では、防犯カメラ画像のAI解析活用例を紹介します。AI解析がどのように役立って活用されているのか、理解しましょう。

ショッピングモール

ショッピングモールでは、安全管理のためにAI解析が利用されています。AIに不審人物や危険人物の情報を登録しておくと、防犯カメラで該当人物を察知したときに、管理者へリアルタイムで通知されます。不審人物や危険人物の情報がたまるほどAIが学習し性能がアップするので、安全対策が盤石になるでしょう。

また、ショッピングモールでは防犯カメラ画像のAI解析技術を使って来店者の混雑状況などを分析し、マーケティングにも活用されています。安心で安全なお店づくりのためのAI活用術については、以下の動画でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▼NTT東日本「映像解析活用術:安心安全なお店づくり」

駅構内

駅構内では駅員と乗客のトラブルや線路への転落、テロなどのトラブルが予想されます。駅構内の安全管理に防犯カメラのAI画像解析が活用され、さまざまなトラブルを未然に防ぐ役割を担っています。例えば、線路や危険区域に侵入者がいたり、不審な動きをする人が駅構内にいたりしたときに、リアルタイムで管理者へ通知されるため、未然にトラブルを防ぐことが可能です。

結果として事故や事件が発生してしまっても、事前に通知があることで警察へスムーズに通報できるため、大きなトラブルに発展するのを防げる可能性があります。

路上・街中

路上や街中で不審な人物がいたときに、警察官が声をかけることがありますが、常にすべての場所を監視するのは難しいでしょう。そこで、AI解析技術を活用することで、人の目が届かないところも常に監視できるので、一般的な防犯カメラよりも犯罪を防げる可能性が高まります。

路上や街中への防犯カメラの設置は、犯罪を抑止する効果が期待できます。通学路や公園など子どもたちが普段から使う場所や繁華街などに防犯カメラを設置することで、安心・安全な街づくりが可能です。

保育園・幼稚園・学校

保育園や幼稚園、学校では、子どもたちの安全を守る必要がありますが、監視員を置ける人員や金銭的な余裕があるところばかりではありません。防犯カメラ画像のAI解析技術を活用することで、生徒・児童以外の人や不審者が侵入してきたときにリアルタイムで察知できるようになります。侵入者をすぐに検知できれば、事件を未然に防げる可能性が高まります。

防犯カメラの設置は不審な人物の侵入を防ぐ役割もあるので、安心できる学校づくりが可能です。以下の資料では、防犯カメラ画像のAI解析活用例が掲載されているので、参考としてぜひご覧ください。

事例も
紹介
DX推進ガイドブック

事例も紹介DX推進ガイドブック

  • 映像AIを活用した現場課題の
    見える化・データ分析・改善。
  • DXによる課題解決フロー、ソリューション。
  • DXによる販売効率化の事例もご紹介!

防犯カメラ画像をAI解析するメリット4選

防犯カメラ画像をAI解析すると、リアルタイムで正確に監視ができたり監視要員の低減につながったりとさまざまなメリットがあります。そこで、この章では、防犯カメラ画像をAI解析するメリットを解説します。防犯カメラ画像のAI解析が、どのように役立つのか理解しましょう。

リアルタイムに正確な監視ができる

防犯カメラ画像のAI解析は、リアルタイムで状況を把握および通知してくれるため、トラブルが発生したときもすぐに対応ができます。一般的な防犯カメラの場合、犯罪を防ぐ機能を果たせず、トラブル発生後に確認するものとしてのみ活用されるケースが少なくありません。

人間の目で確認すると異常を見逃してしまうことがありますが、AI解析を活用すれば見落とす可能性が低く、正確な監視ができます。また、人間の集中力は長く続かないため、長時間勤務をしているとミスが発生する可能性がさらに高くなります。一方、AIなら常に高いクオリティを保ちながら防犯が可能です。

監視の人員低減につながる

一般的な防犯カメラの場合、映像を確認する管理者が必要です。AIの画像解析を導入すると、自動で不審者やトラブルを検知・通知してくれるため、人間の目で常に映像を確認する必要がありません。近年、人手不足が深刻化して、防犯対策に人員を割く余裕がない企業や学校が増えています。AI解析を活用すれば必要な監視の人員を減らせるため、コスト低減の手段として大きな役割を担っています。

業務効率化につながる

防犯カメラ画像のAI解析は、業務効率化の効果が期待できます。トラブルが発生して防犯カメラの映像を確認するとき、録画されたものを該当する時間帯まで巻き戻したり何度も繰り返しチェックしたりと手間や時間がかかります。

AI解析が搭載された防犯カメラの場合は、異常を検知すると情報を記録してくれるため、すぐに映像の確認が可能です。映像を探す時間と手間がかからなくなるため、業務の効率化につながります。また、監視員の数を低減できるため、他の業務に人員をまわせ結果的に業務の効率化が期待できます。

マーケティングに活用できる

防犯カメラ画像のAI解析は、防犯だけではなくマーケティングにも活用されています。AIによって来店客の性別や年齢層、滞在時間などを分析することで、取得したデータを基により良い店舗設計ができます。

例えば、スーパーマーケットやショッピングモールにAIが搭載された防犯カメラを導入すると、来店客の分析・追跡を行えるため、人気の商品エリアやニーズの把握が可能です。来店客に合ったマーケティングが実施できるため、売上アップが期待できるでしょう。AI解析を用いた来店客のデータの活用方法は、以下の動画をご覧ください。

▼NTT東日本「映像解析活用術:来店者情報見える化」

▼NTT東日本「映像解析活用術:滞在状況の見える化」

防犯カメラ画像をAI解析する3つの注意点

防犯カメラ画像をAI解析する際には、費用がかかったりプライバシーへの配慮が必要だったりと気を付けるべきポイントがいくつかあります。そこで、この章では、防犯カメラ画像をAI解析するときの注意点を解説します。防犯カメラ画像のAI解析を導入しようと検討している方は、どのような点に気を付けるべきなのか確認しましょう。

費用がかかる

AI解析ができる防犯カメラを設置すると、初期費用だけではなくAIの運用費用が必要です。その他にもAIが正常に作動しているか定期的なチェックが必要なので、メンテナンス費用もかかります。そのため、AI解析機能が搭載された防犯カメラは、一般的なものよりも費用が高くなります。

防犯対策に使える予算の金額によっては、すべての防犯カメラをAI解析機能が搭載されたものに切り替えることが難しいケースもあるでしょう。最近は、現在使用している防犯カメラにAI機能を組み込める製品もあるため、それぞれの予算にあわせて導入を検討してください。

プライバシーに配慮する

防犯カメラにAI解析機能を搭載することで、来店客や通行人などのプライバシーの保護が懸念点として挙げられます。防犯カメラの映像から個人を識別できてしまう場合、個人情報に該当するため、プライバシーの侵害となるケースがあります。

モザイク処理ができる機能があるAIの防犯カメラが販売され、プライバシー保護に対する対策も進められていますが、使用する企業や学校側でも十分な配慮が必要です。例えば情報を開示するときは、他の人物の情報が分からないようにして、プライバシーの保護に努めましょう。

情報セキュリティ対策が必要

防犯カメラの映像は個人情報に該当する可能性があるため、プライバシー保護の観点から情報セキュリティ対策をとる必要があります。撮影した映像が外部に漏れないようにするため、データの取り扱いには十分注意しましょう。特に、防犯カメラで撮影した映像をAIのサーバーに送信する過程で外部に漏えいする可能性があるため、閉域ネットワークのなかで処理ができるサービスを選ぶことをおすすめします。

防犯カメラ画像をAI解析するなら「映像AIサービス」

防犯カメラ画像のAI解析を導入しようか検討している人は、NTT東日本の「映像AIサービス」がおすすめです。機種によりますが、すでに利用している防犯カメラがあればそちらを利用でき、AIの映像解析技術を付与することで施設や店舗内のさまざまな情報の見える化を実現します。

防犯カメラに万引き抑止AIを付与し、30%のロス額低減効果とCS向上が実現した実例があります。「映像AIサービス」を使って防犯カメラ画像を解析することで、犯罪の抑制だけではなく、来店客のデータを基に接客効率化ニーズやマーケティングなどへの活用が可能です。防犯カメラ画像のAI解析を検討している人は、ぜひ以下のURLから資料をご覧ください。

万引きロス額を最大80%削減した
ドラッグストアや
月100万円以上の売上が向上した
スマートストアの例もご紹介中!

無料

小売業(店舗)向け
DX推進ガイドブック

まとめ

防犯カメラ画像のAI解析には、トラブルが発生した後の状況確認だけではなく、リアルタイムで不審者や異常を検知したり事前に犯罪を防ぐ環境を整えたりする役割があります。ショッピングモールや駅構内の安全管理として活用されており、私たちの安全を守ってくれています。

防犯カメラ画像のAI解析は、人間の目より正確に監視できたり人手不足の解消につながったりするだけではなく、業務の効率化が可能です。しかし、防犯カメラで撮影した映像は個人情報に該当するケースがあるので、プライバシーへの配慮や情報セキュリティ対策が必要です。

すでに使用している防犯カメラにAI画像解析技術を付与し、利用できるサービスが販売されています。防犯カメラのAI画像解析を活用し、防犯率のアップを目ざしましょう。

事例も
紹介
DX推進ガイドブック

事例も紹介DX推進ガイドブック

  • 映像AIを活用した現場課題の
    見える化・データ分析・改善。
  • DXによる課題解決フロー、ソリューション。
  • DXによる販売効率化の事例もご紹介!

CONTACT

映像解析や現場DXについての
お問い合わせ・ご相談はこちらから

映像解析技術の
お問い合わせ・導入ご検討はこちらから

料金詳細、導入にあたり不安なことなど、
いつでもお気軽にご相談ください!

お客さまを担当する当社営業担当者または、
NTT東日本コンサルティングセンターの
経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

0120-765-000 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始を除きます)0120-765-000 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始を除きます)
お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る