NTT東日本 法人のお客さま

防犯カメラにAIを活用するメリット4選!
活用事例と注意点も解説

AI(人工知能)とは、コンピューターが人間のように考え、学習する技術です。AIはさまざまな場所で利用されており、現代社会に欠かせない存在です。

今回の記事では「AI防犯カメラ」に焦点を当て、AI防犯カメラでできるようになることやメリット、注意するべき点を紹介します。「AIカメラで何ができるのか知りたい」「店舗の防犯カメラを高性能なものに変えたい」という方はぜひ最後までお読みください。

AI×防犯カメラでできるようになること8選

防犯カメラにAIを活用すると、どのようなことができるようになるのでしょうか。この章では、以下の8つの機能を紹介します。

  • 侵入検知
  • 不審行動の検知
  • 滞在時間分析
  • 顧客数のヒートマップ表示
  • 混雑状況検出・Web表示
  • 入店率分析
  • 入店者数・店内人数把握
  • 入店者属性分析

1つずつ解説していきます。

侵入検知

AI防犯カメラでは、特定のエリアへの侵入に対して、アラート機能を設定できます。AIが監視を行うことで、常に人が監視する必要がなくなります。また、人の監視で起こり得る、集中力や注意力の低下による見落としは、AIを活用することで防止が可能です。

AI防犯カメラでは、進行方向を検知し、特定の向きに侵入する人のみを検出できます。この機能を活用することで、終業後などに、人が出るときには反応せず、侵入したときのみアラートを発動するよう設定できます。

不審行動の検知

AI防犯カメラは、店舗にいる顧客の不審行動を検知できます。AIは、顧客の不審な行動パターンを検知するとスタッフの持つ端末に通知します。通知を受け取った従業員が、顧客に対して声かけを行うことで、万引きの防止が可能です。

AIは、顧客の不審行動を検知した際には、時間や対象者の情報、検知前後の動画をクラウドに送信します。映像だけでなく、顧客のデータも記録されるため、確認作業をスムーズに行えます。

滞在時間分析

AIは、店舗の防犯カメラ映像から、顧客の滞在時間を分析できます。また、エリアごとの滞在時間を分析することで、顧客が滞在している箇所や動向が把握できます。長時間滞在している箇所を把握することで、商品配置の見直しが可能です。

AI防犯カメラをオフィスで利用する場合には、滞在時間分析を行うことで社員の勤怠状況を把握できます。社員のオフィスの滞在時間が可視化されることで、正確な勤怠管理が可能になり、時間外労働への対策を行えます。

顧客数のヒートマップ表示

AI防犯カメラの分析結果から、店内の顧客の滞在数・時間をヒートマップとして表示できます。ヒートマップを活用することで、滞在時間の長いエリアや、顧客が立ち寄っていないエリアの把握が可能です。分析結果をもとにした商品配置の見直しを行うことで、売り上げや顧客満足度の向上が期待できます。

混雑状況検出・Web表示

AI防犯カメラは、店舗の混雑状況を検出できます。エリア別の混雑状況を把握することで、人の多い場所に店員や警備員を多く配置するなどの効率的な人員配置が可能になります。

また、混雑状況の検出機能はレジ対応への活用が可能です。レジ前の混雑を把握し、基準値を超えた際には店員に通知することで、レジ対応を迅速に行えます。また、混雑状況をHPに記載することで、顧客の集中を避けられるため、顧客満足度の向上につながります。

入店率分析

店舗前にAI防犯カメラを設置し、通行者数カウント機能を活用することで、入店比率の把握が可能です。天候や曜日などのさまざまな要因で比較・分析することにより、顧客のニーズを把握できます。

たとえば、雨の日の入店率が低いことが判明した店舗では、雨の日ポイントアップサービスなどを行うことで、入店率の増加が見込めるでしょう。また、POP設置前後の入店率を比較することで、効果の可視化が可能です。

入店者数・店内人数把握

AI防犯カメラには、入店者数や店内人数を計測する機能があります。この機能を活用し、1日の入店者数と売り上げから客単価の把握が可能です。

また、時間帯や天候での入店者数を比較することで集客アップの要因を明確にできます。エリアごとの店内人数を確認することで、顧客の動線やニーズの把握に役立つでしょう。

入店者属性分析

AI防犯カメラを用いることで、入店者の性別や年齢の識別が可能です。性別・年齢層のデータを分析することで、自社のターゲット層の把握が可能です。ターゲット層を把握することで、来店目的を分析でき、より効果的なアプローチができます。顧客の囲い込みによる売り上げの維持、拡大が期待できるでしょう。

防犯カメラAIを導入する4つのメリット

AI防犯カメラのメリットは、以下のとおりです。

  • 24時間稼働
  • リアルタイムでの異常検知
  • オペレーションの効率化
  • マーケティングへの活用

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

24時間稼働

AI防犯カメラでは、24時間稼働によりどの時間においても同じ防犯レベルを保てます。AI防犯カメラを設置することで、店舗の監視を無人化できるため、従業員の勤怠管理に悩む必要がなくなります。

また、AIはどの時間においても同品質の業務が可能です。人間の集中力にはムラがあるため、長時間の勤務の場合はミスや見落としが発生する可能性があります。一方で、AIはいつでも同じ質の業務が可能なため、安定して高いレベルの防犯を行えます。

リアルタイムでの異常検知・映像記録

AI防犯カメラを用いることで、リアルタイムでの異常検知が可能になります。現場でトラブルが発生した場合、損失が出てから認識されることが多いかもしれません。しかし、AIは状況を瞬時に把握・通知するため、トラブルに即時対応が可能です。

また、映像チェックによる確認を行う場合は、録画映像の確認作業が必要なため時間がかかります。一方で、AI防犯カメラでは不審行動やトラブルが発生した際にはその情報を記録し、確認できます。該当の映像データを探す時間が短縮されるため、業務効率化につながるでしょう。

オペレーションの効率化

AI防犯カメラの機能を活用することで、店員や警備員を無駄なく配置できます。

不審行動通知や混雑状況通知などのAIによるサポート機能を活用することで、店内全体の状況を把握できます。AIの分析や通知を活用することで、人手の必要なエリアがリアルタイムで分かるため、適切な人員配置が可能です。

マーケティングへの活用

AIが来客層の分析や滞在時間の分析を行うことで、データに基づいた店舗設計が可能になります。

例えば、エリアごとの滞在時間を分析することで、どの商品エリアが人気なのかが分かり、顧客のニーズをより正確に把握できます。顧客に合わせた施策を行えるため、売り上げ向上が可能です。

万引きロス額を最大80%削減した
ドラッグストアや
月100万円以上の売上が向上した
スマートストアの例もご紹介中!

無料

小売業(店舗)向け
DX推進ガイドブック

AIカメラを導入する際の注意点

AI技術を活用した防犯カメラを取り入れることで、業務の効率化や売り上げ・顧客満足度の向上が期待できます。しかし、AI防犯カメラには導入の際に注意するべき点が存在します。

コストがかかる

AI防犯カメラの導入には、カメラ設置の初期費用やAIの運用コストがかかります。また、AI防犯カメラの利用にはインターネット回線が必要です。AI防犯カメラでは、防犯カメラの映像を解析するために、AIサーバーに映像データを送信します。インターネット回線を通じて映像を共有するIPカメラの導入や、店舗のインターネット環境整備などのコストが必要となります。

情報セキュリティ対策が必須

AI防犯カメラで撮影した映像には、適切な情報セキュリティ対策を行う必要があります。撮影された映像データは、用途によってはプライバシーの侵害に該当します。映像から顧客や従業員の個人が特定できてしまうため、データの取り扱いには注意が必要です。

また、情報漏えいにも注意しなければなりません。映像が外部に流出しないよう、適切な情報セキュリティ対策を行う必要があります。特に映像をAIサーバーへ送る過程での流出には注意が必要なため、閉域ネットワーク内で処理を行っているサービスを選ぶと良いでしょう。

AI×防犯カメラの活用事例4選

AI防犯カメラはさまざまな用途に利用できますが、実際に導入することで、どれほどの効果があるのでしょうか。この章では、防犯カメラの映像をAIで解析し、業務を支援する「映像AIサービス」の活用事例を紹介します。

不審行動検知機能による万引き防止

不審行動を検知し、従業員の持つスマートフォンに通知する機能を利用した店舗では、万引きによるロスが減少しました。この店舗では、AIからの通知に対して40%の声かけを実施した結果、前期比30%の万引きロス低減を達成しました。

また、万引きロスが低減されただけでなく、常に店舗を巡回する必要がなくなったため従業員の負担が減り、業務効率化につながっています。

詳細は以下の動画をご覧ください。

▼NTT東日本「映像解析活用術:万引き対策や接客機会の創出」

滞在時間分析による売り上げ増加

顧客の滞在時間や流動状況を時間帯ごとにヒートマップ化する機能を利用した店舗では、売り上げが増加しました。

この店舗では、AI分析を活用し、最も滞在材時間が長い場所、通行回数が多い場所の把握を徹底していました。キャンペーン期間中に、通行回数の多いエリアに重点措置や単価向上のための商品を配置するなどの分析と売り場の改善を繰り返し行った結果、前月比10%の売り上げ増加を達成しました。

詳細は以下の動画をご覧ください。

▼NTT東日本「映像解析活用術:滞在状況の見える化」

混雑状況把握による顧客満足度上昇

店内の混雑状況を通知・Web表示する機能を利用した店舗では、顧客満足度の上昇とオペレーションの効率化を達成しました。

以前は休憩エリアの混雑に対して常に警備員の巡回を行っていたところを、AI防犯カメラを活用し、施設入り口のサイネージに混雑状況を表示することで利用者が混雑状況を事前に把握できるようになりました。その結果、混雑解消、顧客満足度の向上につながりました。

また、休憩エリア滞在者が一定数を超えた場合に通知するよう設定することで混雑時のみの警備員巡回が可能になり、オペレーションの効率化を実現しました。

詳細は以下の動画をご覧ください。

▼NTT東日本「映像解析活用術:安心安全なお店づくり」

入店者分析による売り上げ増加

カメラ映像から顧客の年齢・性別などのデータや入退店者数を解析する機能を利用した店舗では、前月比10%の売り上げ増加を達成しました。

時間や位置、日ごとのデータ確認・分析を行うことで、客観的なデータによる改善を実施しました。また、分析結果をPOSデータと掛け合わせることで、客層ごとの購買率の低い商品を特定しました。

詳細は以下の動画をご覧ください。

▼NTT東日本「映像解析活用術:来店者情報見える化」

防犯カメラAIを導入するなら「映像AIサービス」

防犯カメラの映像分析を検討する方には「映像AIサービス」の利用がおすすめです。「映像AIサービス」では、「不審行動通知」や「滞在時間通知」などの機能により防犯対策を強化できます。また、防犯以外にも、マーケティングに活用できる以下の機能の利用が可能です。

  • 入店者数カウント
  • 入店率分析
  • 入店者属性分析
  • 混雑分析・アラート
  • 滞在時間分析
  • ヒートマップ
  • 店内・エリア内人数カウント
  • 店内・エリア内混雑情報Web表示

各機能の詳細は以下のリンクを参考にしてみてください。

「映像AIサービス」の詳細はこちら

まとめ

防犯カメラ映像の解析にAIを活用することで、より強力な防犯・万引き対策が可能になります。防犯カメラAIは、防犯だけでなく、顧客情報のデータ化など売り上げ向上や業務効率改善にも役立ちます。

便利な機能を利用できますが、運用コストや情報セキュリティ対策に注意する必要があるため、利用するサービスは慎重に検討しましょう。

事例も
紹介
DX推進ガイドブック

事例も紹介DX推進ガイドブック

  • 映像AIを活用した現場課題の
    見える化・データ分析・改善。
  • DXによる課題解決フロー、ソリューション。
  • DXによる販売効率化の事例もご紹介!

CONTACT

映像解析や現場DXについての
お問い合わせ・ご相談はこちらから

映像解析技術の
お問い合わせ・導入ご検討はこちらから

料金詳細、導入にあたり不安なことなど、
いつでもお気軽にご相談ください!

お客さまを担当する当社営業担当者または、
NTT東日本コンサルティングセンターの
経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

0120-765-000 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始を除きます)0120-765-000 受付時間:平日9:00~17:00(年末年始を除きます)
お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る