AI・IoTを利用した業務効率化

少子化による人手不足だけでなく、働き方改革によって時間外労働に上限が設けられている昨今、AI・IoTによる業務効率化が注目されています。

AI・IoTを利用した業務効率化についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

お客さまを担当する当社営業担当者または、NTT東日本コンサルティングセンターの経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

業務効率化とは

業務効率化とは、企業の無駄な業務を省き、円滑に仕事を進めることで生産性を高める取り組みのことです。業務効率化に取り組むことで、労働時間や人的リソースの改善、コスト削減などにつながります。多くの企業がRPA(robotic process automation)やAIを活用し、業務の効率化に取り組み始めています。

業務効率化とは

業務効率化に関連するサービス

業務効率化によるメリット

業務効率化には、大きく3つのメリットがあります。

1.従業員満足度の向上

業務効率化によって、本来必要のない業務の削減や単純作業にかかっていた時間の短縮をすることができます。労働時間や労働環境の改善につながり、よりやりがいのある業務への注力ができるようになることで、従業員の満足度向上を図ることができます。

2.コスト削減

AIやRPAを活用して、単純作業や日々のルーティンワークなどの業務効率化を図り作業時間を短縮することで、人件費の削減ができます。人件費の削減は、企業の利益率向上にもつながります。

3.離職防止や優秀な人材の確保

日々必要性の低い仕事が多いと考えている従業員は、より良い労働環境を求めて転職してしまう恐れがあります。必要性の低い業務を極力減らし、生産性の高い働き方に変えることで、社員の離職を防ぎ、優秀な人材を確保することにつながります。

業務効率化の具体的な手法

業務効率化には大きく6つの手法があります。

1.ルーティンワークの自動化

業務のやり方が決まっていて、なおかつ単調な業務は、RPAやAIを活用し自動化することで、業務の効率化を図ることができます。

2.資料フォーマットの統一化

プレゼン資料などは、あらかじめフォーマットや書式を決めておき、タイトルや文章を変えるだけで作れるようにしておくことで、資料作成の時間を大きく減らすことができます。

3.業務マニュアルなどの整備

業務のやり方が分からず、調べながら取り組むと時間が大幅にかかってしまいます。誰でもできるように、業務をマニュアル化しておくことで、質問の受け答えや会議の時間を削減できるため、生産性の向上につながります。

4.ビジネスチャットや電話会議などコミュニケーションツールの導入

ビジネス用のコミュニケーションツールを導入することで、電話やメールよりもスムーズに連絡をとることができます。情報共有が容易になり、連絡ミスの防止や確認作業にかかる時間の削減に役立ちます。

5.アウトソーシングサービスなどの導入

単純で効率化に限界がある業務は、アウトソーシングサービスを活用し業務委託することができます。外部委託費用はかかってしまいますが、その分従業員を生産性の高い仕事に回すことができます。

6.テレワークの活用

会社の外でも仕事ができるようにすることで、移動時間を削減するとともに、多様な働き方で人材確保につながるでしょう。

業務効率化に取り組む重要性

誰しも必要性の低い仕事はやりたくないと思っているはずです。 できる限り必要のない業務を削減し、従業員が生産性の高い仕事に集中できる環境を整えることで、社内に活気が生まれ、企業の売上増加にも大きく貢献するでしょう。

業務効率化に関連するサービス

おすすめコラム

最新の導入事例

さまざまな企業・事業所の課題解決をお手伝いした事例を、サービスカテゴリ別、業種別、事業規模別、ニーズ別にご紹介しています。

導入事例一覧を見る

最新の導入事例

AI・IoTを利用した業務効率化についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

お客さまを担当する当社営業担当者または、NTT東日本コンサルティングセンターの経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

ページ上部へ戻る