モバイルデバイス管理(MDM)でモバイル端末の情報セキュリティを強化

スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスは、あらゆる業種の現場へ導入されるようになり、業務の効率化や働き方の多様化に欠かせない存在となりました。ここでは、モバイルデバイスの導入によるリスクや負担を軽減する、モバイルデバイス管理(MDM)についてご紹介します。

モバイルデバイス管理(MDM)についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを一元管理できるNTT東日本のサービス「スマートデバイスマネジメント」について、ご案内いたします。

モバイルデバイス管理(MDM)とは

モバイルデバイス管理(MDM)は、複数あるモバイルデバイス(スマートフォンやタブレット端末など)を遠隔から一元管理・監視するシステムを指します。社員等に支給しているスマートフォンやタブレットを一元管理・監視することで、企業の情報セキュリティーポリシーに合せた運用が可能となります。

モバイルデバイス管理(MDM)とは

モバイルデバイス管理(MDM)に関連するサービス

モバイルデバイス管理(MDM)とBYODとの関係性

従業員が保有するスマートフォン、タブレットなどのデバイスを業務に利用することを「BYOD(Bring Your Own Device)」と呼びます。
従来であれば、職場へ個人のデバイスを持ち込む行為は、情報漏えいの観点から禁じるケースが一般的でした。しかし、社内外でのスムーズな連絡・情報共有を重視する昨今、MDMの導入を前提にBYODを普及させるケースは増加しています。

MDMの仕組み

MDMは、MDMサーバーと利用するモバイルデバイスを連携させることで、デバイスの一元管理を可能としています。その仕組みは、ポーリング方式とプッシュ方式の二つに大別できます。

ポーリング方式

ポーリング方式は、MDMサーバーと管理している端末間で、定期的に通信を行う通信方式です。最もシンプルな方式であり、体制構築の難度は易しい部類に入ります。
ただし、通信の回数を増やすほどデバイスの電力消費が激しくなるため、バッテリーをいち早く消耗させてしまう難点があります。

プッシュ方式

プッシュ方式は、必要に応じて端末を呼び出し、制御する通信方式です。定期的に通信を行うポーリング方式と比較して、消費電力に無駄がなくデバイスのバッテリーを効率的に利用できます。

スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを活用することによるリスク

従業員のモバイルデバイスや、会社が対処するモバイルデバイスを業務に利用すれば、業務の効率化が見込めます。その一方で、モバイルデバイスの紛失による情報漏えいや、第三者による不正利用の懸念が残ります。従業員による私用利用、業務と関係のないアプリのインストール、資産管理対象が増えるといったことにも対策が必要となります。

モバイルデバイス管理(MDM)導入のメリット

モバイルデバイスを業務に利用する際のリスクを軽減し、各端末の一元管理を容易にすることこそ、MDMを導入するメリットです。それぞれ、具体的にどのような効果を期待できるのかご説明します。

紛失・盗難時の情報漏えい対策

モバイルデバイスが紛失・盗難により第三者の手に渡ったとき、端末本体や重要な内部データのパスワードが未設定であれば、企業の機密情報は流出してしまいます。
MDMの一機能であるロック機能や、遠隔から一部・全部のデータを削除するワイプ機能を使えば、多額の損失と信用毀損のリスクから組織を守る保険となります。

不正利用の防止

アプリの利用制限を設けることで、モバイルデバイスを使うことによる情報セキュリティリスクを抑えることができます。 アプリの利用には、ホワイトリスト方式とブラックリスト方式の2種類の方法で制限をかけることができます。ホワイトリスト方式は、管理者が許可したアプリのみ使用可能にする方法です。逆に、ブラックリスト方式は、利用を制限するアプリを定める方法です。
インストールできるアプリを制限することで、モバイルデバイスの不正利用を防ぐことが出来ます。

利用状況等の端末情報の収集

MDMを利用すれば、OSのバージョンやインストール済みアプリケーションなど、各端末の情報を遠隔から取得できます。これにより、運用ポリシーに反する端末を速やかに発見することが可能です。

端末の一元管理による管理の効率化

システムがアップデートされておらず、業務に必要なデータを扱えなかったり、従業員が誤って端末内の連絡先を消去してしまったり、モバイルデバイスを導入したものの業務に別の手間を生じさせているケースは多々あります。
MDMを利用すれば、管理者が遠隔から登録端末を一括操作できるため、各々のトラブルに時間を割いて対処する必要はありません。

モバイルデバイス管理(MDM)サービスを選ぶ際のポイント

MDMを選ぶうえで重要なポイントは、以下の三つに大別できます。

  • 自社の規模・業種に適している
  • 必要な情報セキュリティ機能を備えている
  • 導入後に十分なサポートを受けられる

情報セキュリティ・サポート体制だけでなく、事業成長を意識してスケーラビリティ(拡張性)を重視することも重要です。

モバイルデバイス管理(MDM)に関連するサービス

導入事例

さまざまな企業・事業所の課題解決をお手伝いした事例を、サービスカテゴリ別、業種別、事業規模別、ニーズ別にご紹介しています。

導入事例一覧を見る

最新の導入事例

モバイルデバイス管理(MDM)についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを一元管理できるNTT東日本のサービス「スマートデバイスマネジメント」について、ご案内いたします。

ページ上部へ戻る