社内ネットワーク環境の構築

スピーディにデータ共有ができる体制は、業務の効率化を目指すうえで欠かせません。これは、業界を問わず「社内ネットワークの構築」に注力する企業の多さからも明らかです。ここでは、社内ネットワーク環境を構築する際に必要となるもの、チェックすべきポイントについてご説明します。

社内ネットワーク環境の構築についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

お客さまを担当する当社営業担当者または、NTT東日本コンサルティングセンターの経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

社内ネットワークとは

社内のパソコン・デバイス、およびオフィス機器が互いに接続されている環境を、社内ネットワークと呼びます。
それぞれの機器が常時接続されることで、各員のあいだでスムーズなデータの共有が可能となるため、業務効率化を図るうえで社内ネットワークの構築は不可欠です。

オフィスの開業・移転

社内ネットワーク環境の構築に関連するサービス

  • ネットワークの一元管理やインターネットVPNの構築がかんたんに行えるマネージドルータサービス
  • NTT東日本サポートセンタがクラウドからスイッチ設定を実施、設置拠点の接続機器を一元管理が出来るマネージドスイッチサービス
  • 店舗や事業所でご利用いただけるインターネット接続サービス
  • オフィスや店舗で、安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービス
  • フレッツ網を利用し快適でセキュアな通信が可能なVPN
  • 簡易なVPNとしても利用可能なICT環境のサポート・管理サービス
  • 専用アプリケーションを用いることで、事業所内でスマートフォンを内線化できるサービス
  • 専用アプリケーションを用いることで、外出先でスマートフォンを内線化できるサービス

ネットワーク構築で準備すべきもの

社内ネットワークを構築する際、必要となる準備物についてご説明します。

LANケーブル

有線LANでネットワーク環境を構築する際に必要となるのがLANケーブルです。
オフィス機器の配置に適した長さ・素材を選ぶよう心がけましょう。

ハブ(LANスイッチ)

ハブ(LANスイッチ)は、ネットワークの中継器として機能する装置。ルーターの接続口数を増やすために利用されるもので、コンセントの挿し口を増やす「テーブルタップ」のような役割を担います。

ルーター

ルーターは、複数の機器をインターネットに接続するための装置。前述したハブ(LANスイッチ)は、ルーターに接続して利用します。

NIC(またはLANカード)

有線LANでネットワーク環境を構築する際、パソコンにNIC(LANカード)が設置されているのか確認しておきましょう。現在では、あらかじめNICを内蔵している製品が多いものの、一世代前のパソコンを利用する場合には注意が必要です。

前もって確認しておきたいポイント

社内ネットワーク構築を進める際には、前もって以下のポイントを確認するようにしましょう。

ネットワークの規格

ネットワーク環境を構築するにあたり、有線LAN・無線LANのうち、業務に適したものを採用しましょう。有線LAN・無線LANは、それぞれ以下のような特徴を持っています。

有線LAN 無線LAN
ある程度の設置スペースが必要 LANケーブルがないため省スペース
接続端末の台数分のLANケーブルが必要 接続端末が増えてもLANケーブルの追加が不要
モバイル端末は接続機器が必要 容易にモバイル端末を接続できる

業務にモバイル端末を利用するケースが増えてきていることや、オフィスレイアウトのしやすさなどの理由から、最近では、社内ネットワークの構築に有線LANではなく、無線LANやWi-Fiを利用するケースが増えてきています。
社内のネットワーク環境を構築する際には、自社における「ネットワーク環境に求める条件」を考慮して選択するようにしましょう。

接続台数の把握

ネットワーク環境を構築するにあたり、接続台数がどの程度になるのかを踏まえて、適切な拡張性を有した機器を揃える必要があります。

拠点数の考慮

社内ネットワークの構成パターンは複数あるものの、いくつかの拠点(支店)でネットワークを利用する場合、拠点間のネットワークを本店で一元管理できるような環境構築が一般的です。
こういった条件で環境構築を進めるにあたり、拠点数によって導入・維持コストは変動するため、現状だけでなく直近の事業計画も加味して、想定される拠点数を考慮しておきましょう。

サーバやプリンターのアドレス設定

IPアドレスは、動的IPアドレスと固定(静的)IPアドレスに分類されます。
社内ネットワークを構築する際、サーバやプリンターは固定IPアドレスに設定しましょう。動的IPアドレスに設定した場合、電源をON・OFFするたびにアドレスが変更されるため、ネットワーク接続しているパソコンと通信を行えません。

ネットワーク環境構築の手順

社内ネットワークの環境構築は、大きく3つのプロセスに分けられます。

1.現状の調査を行い、要件を把握する

社内のネットワーク環境の構築は、繰り返し何度も行えるほど気軽ではありません。

  • 業務に必要な通信速度が確保できない
  • 情報セキュリティ面に不安が残ってしまう
  • 必要以上に要件を盛り込んで複雑化してしまった

上記のようなトラブルが発生しないよう、自社がネットワーク環境に求める要件を洗い出し、的確な環境構築を進められるようにリサーチを徹底しましょう。

2.利用方針を定めて、設計を行う

要件を洗い出して利用方針を定めたのち、実際にネットワーク環境の設計を実施します。

  • リスク対策を意識した構成になっている
  • トラブル発生時に原因特定が容易である

ネットワークが機能不全になったとき、被害を最小限にできるように「リスク分散」や「復旧作業の容易さ」を意識した、上記のような設計が望ましいでしょう。

3.運用・管理の手順を整備する

ネットワーク環境の構築後は、運用・管理の手順を整備して各員に認知してもらう必要があります。マニュアル化や社内研修のような形で、社内ネットワークを適切に利用するための方法について共有しましょう。

社内ネットワーク環境を構築する際の注意点

社内ネットワーク環境の構築をスムーズに行い、実際に業務効率化に役立てるためには、何よりネットワーク環境に求める要件の洗い出しが欠かせません。
先例の形だけを真似して環境構築をするのではなく、現時点で自社が抱える問題を解決できるよう、時間をかけて「社内ネットワーク環境の構築」に向き合うことを意識しましょう。

NTT東日本ならオフィスや店舗のICT環境をまるごとサポート

社内ネットワーク環境を構築する際には、接続台数や拠点を把握したり、その後の運用・管理を整備したりと、本来の業務以外の手間がかかってしまいます。
NTT東日本の「まるらくオフィスサービス」なら、そのような煩雑さをまるごとサポートします。社内ネットワークの設定変更や社員からの問い合わせ対応など、情報システム担当者の業務を代行するサービスもご用意しています。
サービスに関する詳細な内容や導入事例など、まずはお問い合わせください。

社内ネットワーク環境の構築に関連するサービス

  • ネットワークの一元管理やインターネットVPNの構築がかんたんに行えるマネージドルータサービス
  • NTT東日本サポートセンタがクラウドからスイッチ設定を実施、設置拠点の接続機器を一元管理が出来るマネージドスイッチサービス
  • 店舗や事業所でご利用いただけるインターネット接続サービス
  • オフィスや店舗で、安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービス
  • フレッツ網を利用し快適でセキュアな通信が可能なVPN
  • 簡易なVPNとしても利用可能なICT環境のサポート・管理サービス
  • 専用アプリケーションを用いることで、事業所内でスマートフォンを内線化できるサービス
  • 専用アプリケーションを用いることで、外出先でスマートフォンを内線化できるサービス

VPNの選び方をカンタン解説

導入事例

さまざまな企業・事業所の課題解決をお手伝いした事例を、サービスカテゴリ別、業種別、事業規模別、ニーズ別にご紹介しています。

導入事例一覧を見る

最新の導入事例

社内ネットワーク環境の構築についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

お客さまを担当する当社営業担当者または、NTT東日本コンサルティングセンターの経験豊富な専任スタッフが分かりやすくお答えします。

ページ上部へ戻る