BCP(事業継続)対策としてのテレワーク(在宅勤務)

自然災害の発生時や新型コロナウイルスなどの感染症拡大時のBCP(事業継続)対策として、テレワーク(在宅勤務)が注目されています。

テレワーク月間

withコロナ時代の安全なテレワーク運用とは

急激な市場変化に対応しつつテレワークを安全に運用するために、経営課題としての情報セキュリティ対策をテーマ別の解決策で確認します。

詳しくはこちら

withコロナ時代の安全なテレワーク運用とは

BCP(事業継続)対策としてのテレワーク(在宅勤務)とは

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用して、時間や場所にとらわれない働き方のことです。テレワークは働く場所によって、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3種類に分類されます。
その中でも「在宅勤務」は、BCP(事業継続)対策として注目されています。自然災害の発生時には、公共交通機関が使えなくなり、オフィスに出社ができなくなる場合があります。また、新型コロナウイルスなどの感染症の拡大から従業員を守るためには、通勤ラッシュや人混みを避ける必要があります。
上記の理由などから、在宅での勤務も可能になるテレワークは、BCP(事業継続)対策として効果が見込まれています。

BCP(事業継続)対策としてのテレワーク(在宅勤務)とは

BCP(事業継続)対策としてのテレワークに関連するサービス

  • ※1
    Microsoft Teamsは、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
  • ※2
    Amazon WorkSpacesは、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

テレワークの導入目的

総務省が公表する「平成30年通信利用動向調査 ポイント」によると、企業のテレワーク導入の目的は、「定型的業務の効率性(生産性)の向上」「勤務者の移動時間の短縮」の割合が高くなっています。そのほか、「非常時(地震、新型インフルエンザ等)の事業継続に備えて」を目的としたテレワークの導入が15.1%となっており、BCP(事業継続)対策のために導入する企業が一定数いることがわかります。

テレワークの導入目的(企業)テレワークの導入目的(企業)

テレワークの導入がBCP(事業継続)対策につながる理由

以下のような場合、テレワーク(在宅勤務)の導入はBCP(事業継続)対策につながります。

自然災害発生時

大地震をはじめとする自然災害発生時には、公共交通機関が動かなくなる可能性があります。また、自宅から外出することが困難な場合もあります。そのような場合、従業員が出社できなくなり、事業が継続できなくなるかもしれません。
自然災害発生時には、従業員が出社せず自宅でも業務を続けることができる環境を用意しておくことが大切です。テレワーク(在宅勤務)を導入することで、出社ができずとも通常通りに事業を継続できる可能性が高まります。

感染症拡大時

新型インフルエンザや新型コロナウイルスなどの感染症拡大は、事業継続に大きく影響を与える可能性があります。企業内で感染症が発生した場合や、従業員の家族で感染症が発生した場合など、出社することでさらに感染を拡大させてしまうケースが考えられます。感染が拡大することで、自然災害発生時と同様に、事業を継続できなくなる可能性が高まります。
従業員が出社せずに業務を行うことができるテレワーク(在宅勤務)を整備しておくことで、事業継続できなくなるリスクを減らすことが可能です。

BCP(事業継続)対策を目的にテレワークを導入するときに注意点

BCP(事業継続)対策を目的にテレワークを導入するときには、テレワークを導入する従業員の業務とBCP(事業継続)対策したい業務が一致しているかどうかが大切です。
BCP(事業継続)対策したい業務を行う従業員に対してテレワークが導入できていない場合、自然災害発生時や感染症拡大時のBCP(事業継続)対策につながらなくなってしまいます。そして、テレワークを導入するだけでなく、導入後の評価や従業員の意見を交えつつ、テレワークの導入が社内外へ好影響を及ぼすよう、定期的に運用体制の見直しを行う意識が求められます。
また、テレワークの導入は、「生産性・業務効率の向上」や「多様な人材の確保」など、さまざまなメリットがあります。BCP(事業継続)対策だけを目的とせず、そのほかに得られるメリットなどを考慮して導入することで、より効果的なテレワークを実現することが可能です。

BCP(事業継続)対策としてのテレワークに関連するサービス

  • ※1
    Microsoft Teamsは、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
  • ※2
    Amazon WorkSpacesは、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

おすすめコラム

導入事例

さまざまな企業・事業所の課題解決をお手伝いした事例を、サービスカテゴリ別、業種別、事業規模別、ニーズ別にご紹介しています。

導入事例一覧を見る

最新の導入事例

BCP(事業継続)対策としてのテレワーク(在宅勤務)についてご相談ください。


ICTに関する課題解決・活用

専任のコンサルタントが「テレワーク」の導入をサポートします。まずはお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る