1従業員の負担軽減

在庫は、パソコンだけでなくスマホやタブレットで管理画面から手軽に確認できるので、直接残量を見に行く必要はありません。
これにより、人手不足や単純作業による従業員のモチベーション低下など、従業員にかかる棚卸の負担を軽減できます。

ページの先頭へ

2発注ミスを低減

まず、重量IoTセンサは1グラム~100グラム単位で商品の残量を検知しており、重量に基づき自動計測された数量を記録・可視化することができるので、在庫数の把握ミスを低減します。
在庫が事前に設定した基準値未満になった際には、担当者にアラート通知メールが届きます。
自動発注も設定できるので、結果的に欠品・過発注・発注漏れといった発注に関わるミスを低減できます。

ページの先頭へ

3どんな場所にも簡単導入

インターネット接続環境があれば、重量IoTセンサを商品の下に置くだけで倉庫・オフィス・冷蔵庫など、さまざまな場所の在庫管理が可能です。ケーブルレスなので電源確保の心配もありません。

  • コピー用紙やパンフレット
  • 小さなネジやパーツ
  • 賞味期限の管理が必要な食材
  • 他フロアや客先に設置しているドリンク

ページの先頭へ

特長

1在庫管理対象の商材の重量・個数情報を定期的に自動計測
インターネット経由でクラウド上にデータを保存・蓄積します。
2クラウド上の蓄積データを「在庫・消費データ」として、 Web管理画面で見える化
在庫が事前設定した基準値を下回(上回)ったら、担当者にアラートを通知します。
3商材の自動発注(メール・FAX・Web発注)も可能
発注のタイミングや発注文面なども自由に設定できます。

「重量IoTサービス(仮称)」に関する資料ダウンロード・お問い合わせ

「重量IoTサービス(仮称)」の導入をご検討の方は、まずは資料をダウンロードください。
お困りの課題や導入にあたっての不安など、いつでもお気軽にご相談ください。
弊社営業がお伺いします。ご予算や用途などから課題解決の最適な方法をご提案いたします。

重量IoTサービス 資料

ページ上部へ戻る