店舗業種でよく見られる課題
- こんなお悩みが多いようです -

飲食店の方や小売業の方など店舗を運営される方から多く寄せられるお悩みは、バックヤードの食材、飲料や割り箸などの在庫管理をはじめ、ビュッフェの廃棄ロス、ニューリテール店舗での店頭在庫管理など、多岐に渡ります。
「重量IoTサービス(仮称)」を活用することで、棚卸、在庫管理、発注業務をIoTで省力化する効果が期待できます。そのため、店長さんや在庫管理・発注担当者が他の業務に集中しやすくなり、また、業務に慣れてないスタッフによる誤発注・発注漏れも防ぐことが期待できます。

ビュッフェなどにおいては、人気・不人気メニューの把握を始め、過去の消費データを分析することで、必要な時に必要な量だけ作ることができるようになるため、廃棄ロスの削減が見込めます。

Smartmatの発注面では、インフォマート様とも連携し、「重量IoTサービス(仮称)」で管理して、消費されたものをインフォマートで自動発注するということも可能になりました。

店舗
  • バックヤードでの食材在庫管理
  • 店舗資材の管理・自動発注
  • ビュッフェの廃棄ロス削減

「重量IoTサービス(仮称)」に期待される効果

発注間違いを極小化

  • 自動発注により、慣れないスタッフによる誤発注・発注漏れを防ぐことができる

業務効率化

  • 在庫管理・発注にかかる手間を削減。接客・調理といった重要業務に集中できる

廃棄ロス削減

  • Smartmatで計測された在庫状況を分析し、無駄な発注をなくすことで廃棄ロスを減らす効果が期待される
  • 残量履歴に基づく賞味期限アラートで効率的に賞味期限を管理
  • 複数店舗での在庫管理も可能

配送・補充の最適化

  • あらかじめ遠隔から残量データが確認できるため、早期注文・配送手配が可能

ページの先頭へ

小売店での具体的な導入事例

株式会社EBILAB/ゑびや商店様

「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入事例を掲載しています。

企業概要
来客予測AIをはじめとするサービス産業の経営支援AIツールの開発や、AI/IoTを活用した業務効率化の研究・展開、また和食レストランと特産品の販売店として創業100年の老舗「ゑびや商店/食堂」を運営
課題・導入目的
人の手を介在しなくても運営できる店舗の開発を進める中、発注が課題だった。Smartmatを活用することでレストランの食材や特産品の販売商品などの発注の自動化が可能に
設置場所
在庫管理のためのバックヤード
管理商材
レストランの食材や特産品の販売商品
導入効果
通常業務に必要な発注フローを回すことができた。在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要に

導入企業の声

まずは、この自動発注という仕組みがちゃんと動くことに驚きました。実際に発注される先についても、私たちが自動発注を使ってるということを意識してもらわず 通常通りの発注フローを回すことができたこと。これが一番良かった点かと思います。
また、発注だけではなく在庫の数量をリアルタイムで確認できることが棚卸を不要とする結果に繋がりました。やはり店舗においては発注や棚卸という作業に多くの時間と労力を使っていますので、この部分から解放されることは店舗運営においても革命的であったと思います。
今後は全ての製品をSmartmatで発注ができるように、自動発注倉庫の設計を始めております。全ての在庫管理・発注までをSmartmatで完結させることで発注・棚卸業務から人類を解放できると考えています。

代表取締役/CEO 小田島春樹様代表取締役/CEO
小田島春樹様

  • こちらは「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入実績です。
    導入時期:2018年5月 インタビュー時期:2019年1月 また、すべてのお客さまに同様の効果を約束するものではございません。

「重量IoTサービス(仮称)」に関する資料ダウンロード・お問い合わせ

「重量IoTサービス(仮称)」の導入をご検討の方は、まずは資料をダウンロードください。
お困りの課題や導入にあたっての不安など、いつでもお気軽にご相談ください。
弊社営業がお伺いします。ご予算や用途などから課題解決の最適な方法をご提案いたします。

重量IoTサービス 資料

ページ上部へ戻る