重量IoTサービス(仮称)※この商材は現在開発中の商材です導入事例(オフィス)

オフィス業種でよく見られる課題
- こんなお悩みが多いようです -

オフィスの総務やIT担当の方から多く寄せられるお悩みは、パンフレットやコピー用紙、来客用の水などを複数拠点、複数フロアで利用しているが、在庫確認を見える化により一元管理できないかというものです。
単に見える化するだけではなく、なくなったらWEBやメール、FAXで自動発注することにより、発注業務の手間を削減する目的で、IoTを活用した在庫管理・自動発注サービスが検討されています。

オフィス
  • 複数拠点のパンフレット在庫見える化
  • 複数フロアのコピー用紙管理
  • オフィス内飲料の自動発注

「重量IoTサービス(仮称)」に期待される効果

残量見える化・一元管理

  • パンフレットや営業用資料の残数を常に見える化。残数確認の手間を削減
  • 資料ごとの消費量を分析することでマーケティングにも活用可能

業務効率化

  • 在庫管理・発注にかかる手間を削減。重要業務に集中できる

ページの先頭へ

オフィスでの具体的な導入事例

株式会社ローランド・ベルガー様

「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入事例を掲載しています。

企業概要
1967年ドイツで設立され世界35カ国で2,400名を超えるスタッフを擁するグローバルの戦略コンサルティング・ファーム。常に多様な角度から見つめ、既成概念に対する前向きな挑戦を続けることで、時代の変化と向き合うクライアントに新たなソリューションを提供。
課題
  1. どのパンフレットが人気か把握したい
  2. 在庫切れがしばしば発生し補充が煩雑
  3. 目分量での管理ではヒューマン・エラーが排除出来ない
導入目的
パンフレットの消費量モニター及び能動的な補充オペレーション構築に向けたSmartmat導入
設置場所
自社オフィス内
管理商材
パンフレット
導入効果
パンフレットの消費傾向から人気やトレンドを把握出来るようになった。加えてパンフレット類が欠品する前に効率的に補充出来るようになった

導入企業の声

  • IT部門で日次メールを受信し遠隔から在庫数を把握、パンフレットが切れる前に効率的に補充を行っています。
  • Smartmat導入に際し、リーズナブルな価格提供に加え、RPAやAIツールに比べると導入ハードルが低かった点が決め手です。
  • パンフレット消費推移や人気トレンドを経営会議でも定期的にグラフ機能を活用して報告し、人気パンフレットの傾向を共有しています。
  • 当社では製造業や小売業のお客様を中心にITツールも含めたソリューション提案を行っている為、IoTツールを活用して生産性向上を考える良いキッカケになっています。
  • こちらは「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入実績です。
    導入時期:2010年10月 インタビュー時期:2020年2月 また、すべてのお客さまに同様の効果を約束するものではございません。

株式会社ポケットコンシェルジュ様

「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入事例を掲載しています。

企業概要
2011年4月に設立された、厳選されたレストランの予約から決済までを可能にするオンライン予約サービス運営事業者。東京、横浜、京都、大阪などの地域を中心に 800 以上のレストランを掲載しており、海外のお客様でも利用できるよう、英語での予約にも対応
課題
来客用ドリンクや社内用インスタント・コーヒーの残量確認・補充を発注担当者が1人で行っており、切れそうになると急いで発注作業を行う等、残量管理が煩雑。総務担当者のタスクが多岐に亘る中、急な発注作業は日常業務の負担に。イベント等で多くのクライアントが来社することもあり、定期便よりは実在庫に基づいた残量管理が適しているとの考え
導入目的
来客用ドリンクの在庫管理効率化を目的にSmartmatを導入
設置場所
自社オフィス内
管理商材
来客用ドリンク
導入効果
総務担当者が都度残量を確認することなく、残量管理の見える化・自動発注を行える環境を構築

CFO 小山達郎様

導入企業の声

当社では消耗品を主にアマゾンで発注していますが、専任の総務担当がいる訳ではない為、しばしば在庫切れが発生しました。
今回のSmartmat導入を通じて、在庫チェックをせずとも自動で発注が掛かる為、総務担当者は通常業務に専念することが可能になり、業務効率がアップしたと実感しています。

CFO 小山達郎様

  • こちらは「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入実績です。
    導入時期:2019年1月 インタビュー時期:2019年3月 また、すべてのお客さまに同様の効果を約束するものではございません。

「重量IoTサービス(仮称)」に関する資料ダウンロード・お問い合わせ

「重量IoTサービス(仮称)」の導入をご検討の方は、まずは資料をダウンロードください。
お困りの課題や導入にあたっての不安など、いつでもお気軽にご相談ください。
弊社営業がお伺いします。ご予算や用途などから課題解決の最適な方法をご提案いたします。

重量IoTサービス 資料

ページ上部へ戻る