重量IoTサービス(仮称)※この商材は現在開発中の商材です導入事例(医療・介護)

医療・介護分野でよく見られる課題
- こんなお悩みが多いようです -

医療・介護分野の方のお悩みには、圧倒的な人手不足で猫の手も借りたい状況の中で、煩雑な在庫管理・棚卸・発注の手間を削減させたいというものがあります。

例えば大人用のおむつなどは介護現場で絶対に必要となる商材ですが、サイズや性別だけではなく、軽失禁用と寝たきりの方用のおむつでも異なってくるので管理する種類が膨大になります。これを「重量IoTサービス(仮称)」を導入することで、どのおむつがいくつ残っているのかの可視化ができ、過剰在庫を持つことなく、必要な量だけを保有することが可能になります。

そのほか、「重量IoTサービス(仮称)」を導入することで、病院や研究所、調剤・院内薬局等の医療機関・介護施設に溶剤、試薬、医療機器等の商品を卸している製薬会社様、医療機器販売会社様のルート営業の効率化、省人化、スタッフの満足度向上などにつながっています。

医療・介護
  • 大人用おむつの在庫管理
  • マスク・手袋・消毒液などの衛生用品
  • 院内物流管理(SPD)として外注している備品類

「重量IoTサービス(仮称)」に期待される効果

欠品防止

  • 自動発注により適切なタイミングで発注できるため、在庫切れのリスクが低減される
  • 余剰に在庫を確保する必要がなくなるため、スペース削減にもつながる

業務効率化

  • 現場スタッフや総務が在庫管理・発注業務にかかる手間を減らせるため重要業務(看護や入居者のケア等)に集中できる

配送・補充の最適化

  • 遠隔から各拠点の残量をチェックできるため、従来のルート営業の省力化が期待
  • 事前に残量を見て、病院への補充タイミング・ルートの最適化が可能。新規営業にも時間を割きやすくなる

ページの先頭へ

医療・介護分野での具体的な導入事例

社会福祉法人 善光会様

「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入事例を掲載しています。

企業概要
特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・障害者支援施設・デイサービス・通所リハビリテーション等を併設した複合福祉施設サンタフェガーデンヒルズを運営
課題
介護施設における現場スタッフの業務負担増
導入目的
介護施設における在庫管理・棚卸に係る現場スタッフの業務負担軽減・人的コスト抑制
働き方改革に率先して取組むことによる人材確保、企業イメージの向上
設置場所
厨房・キッチン、施設内在庫置場
管理商材
ディスポーザブル用品の管理(手袋やマスク、ごみ袋等)、来客用ドリンク
導入効果
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現

導入企業の声

当社では、施設スタッフの業務効率改善や生産性向上を目的に業務用ロボットやAIツールの導入を進めて参りましたが、在庫管理等のバックオフィス業務に関しては効率化が進んでいませんでした。
Smartmat導入を通じ、オムツや業務用手袋、アルコール消毒等の在庫数量確認が容易に出来るようになりました。
また現場スタッフも多くの業務を抱えているので、一つ一つは小さくとも日々発生する業務が自動化出来るのはメリットを感じています。

社会福祉法人 善光会 サンタフェ総合研究所 福田様社会福祉法人 善光会
サンタフェ総合研究所
福田様

  • こちらは「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入実績です。
    導入時期:2018年10月 インタビュー時期:2019年4月 また、すべてのお客さまに同様の効果を約束するものではございません。

「重量IoTサービス(仮称)」に関する資料ダウンロード・お問い合わせ

「重量IoTサービス(仮称)」の導入をご検討の方は、まずは資料をダウンロードください。
お困りの課題や導入にあたっての不安など、いつでもお気軽にご相談ください。
弊社営業がお伺いします。ご予算や用途などから課題解決の最適な方法をご提案いたします。

重量IoTサービス 資料

ページ上部へ戻る