重量IoTサービス(仮称)※この商材は現在開発中の商材です導入事例(製造業)

製造業でよく見られる課題
- こんなお悩みが多いようです -

製造業の方のお悩みには、毎月の棚卸業務の手間を解消したいという悩みをはじめ、直接材だけではなく消耗品で片付けられる副資材的なもの、仕掛品やメンテナンス部品・生産機械の予備品など、最終製品を作るまでに必須であるが管理できていない商材の在庫管理に関する悩みがあります。直接材でも、ロケーション管理・ライン脇でのリアルタイム管理などのニーズがあります。また在庫管理ができていないため、過剰在庫を抱えてしまい、運転資本が多くなるというケースもあります。

「重量IoTサービス(仮称)」を用いることで、希望の在庫量に近づけやすくなるため、資金繰りの改善につなげることも可能になります。

その他にも、在庫の消費データを分析して生産計画にまで活かしたいと言ったニーズや商材の盗難防止を見える化したいなどニーズとしては会社ごとに多岐に渡ります。

昨今、IoTを活用したスマート工場化が話題ですが、高額の設備投資が必要なものも数多く存在しています。「重量IoTサービス(仮称)」で、在庫管理や発注にかかる業務をIoT化することで、工場での工員・作業員の在庫管理・発注業務の手間が削減され、本来の業務に割く時間を増やせる効果が期待できます。

製造業
  • ガムテープ・ダンボールなどの間接資材の在庫管理
  • 仕掛品の在庫管理
  • 製造パーツの在庫管理

「重量IoTサービス(仮称)」に期待される効果

オペレーションミスを削減

  • 自動発注により、気づいたら在庫がなくなり、ライン業務に支障が出るというトラブルの発生を低減できる

業務効率化

  • 商材数が膨大で、作業範囲が広いほど、棚卸・在庫管理の工数の減少効果が期待できる
  • 「重量IoTサービス(仮称)」の端末が設置できれば、現場の商材配置をほとんど変えることなく導入できる

納期短縮

  • 残量のアラート通知により、部材の補充漏れを防止。至急の部材調達がなくなることからの運搬費等の余計な経費の削減や、納期厳守、納期短縮効果が期待できる

資金繰り改善

  • 在庫の見える化および自動発注により適正なタイミングで補充ができるようになると、過剰在庫を持つ必要がなくなるため、運転資本が減少し、資金繰り改善につながる

ページの先頭へ

製造業での具体的な導入事例

株式会社アメロイド様

「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定xである(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入事例を掲載しています。

企業概要
1959年創業。フィルター、遠心分離機、油水分離機、排水処理装置の製造・販売を手掛ける企業
課題
従来は倉庫内のパーツ(1,000商材以上)の在庫管理をすべてマニュアルで対応。定期的な棚卸し・補充業務に時間・人的コストを抱え、従業員にとっても潜在的なストレスの一因に
導入目的
生産指示、発注自動化、日々の在庫量確認を機械化し生産性向上
設置場所
自社工場(在庫管理スペース)
管理商材
仕掛品、資材、消耗品、備品類
導入効果
業務の効率化及び働き方改革を背景に、Smartmatを導入し在庫管理の省人化を実施中

導入企業の声

  • 当社では消耗品や備品類の発注や、完成品の生産指示をSmartmatを通じて導入しています。
  • 具体的には別部署が対応する仕掛品の生産指示を、一定の発注点が下回ると自動で行うことで在庫数量の確認やコミュニケーション・コストの削減を実現しています。
  • 2020年3月に電動棚の導入を予定しており、工場・倉庫の全自動化を目標としています。Smartmatに関しても追加で1,000台-1,500台導入を予定しており、サプライヤーへの自動発注(アスクル含む)を見込んでいます。

株式会社アメロイド 神戸支店 日高幹太郎様株式会社アメロイド
神戸支店 日高幹太郎様

  • こちらは「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入実績です。
    導入時期:2018年12月 インタビュー時期:2019年1月 また、すべてのお客さまに同様の効果を約束するものではございません。

株式会社ゴーリキ様

「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入事例を掲載しています。

企業概要
本社は三重県伊勢市。大正時代に造船所として産声をあげる。製造業・倉庫・大手小売及びホームセンター向けにバーラックを中心に各種収納器具の設計、製造、販売を手掛ける。アプリを利用した生産管理や従業員の勤怠管理、革新的な社内資格取得制度やフレキシブルな勤務形態を整える先進的企業
課題
従業員から「製造に必要な部材が切れそうな為、急いで発注してほしい」との連絡がたびたびあり、面倒な過程を解消したかった
導入目的
管理商材の大半に関しては、パレット下にSmartmatを複数台設置しマルチマットでの運用を行う。月一回の棚卸を、Smartmatで効果的に実施でき日々の発注業務に関しても、メール及びFax発注を活用し自動化を実現
設置場所
自社工場(在庫管理スペース)
管理商材
資材、消耗品、備品類
導入効果
「従業員が心おきなく重要業務に集中出来る」、「発注や在庫確認といった煩わしい確認作業から解放されてうれしい!」といった効果あり

導入企業の声

当社では、大小様々な製造業やホームセンターにスチールラックを納入しておりますが、製造に必要な資材や副資材・溶接関連の消耗品はしばしば必要数量を下回っており、急な発注処理やサプライヤーへの発注依頼が課題となっています。
今回のSmartmat導入を通じ在庫量の見える化が通じ、私(強力社長)が外にいても数量把握が可能になることに加え、サプライヤーへの自動発注を通じて発注業務の効率化を実現出来ています。

株式会社ゴーリキ 代表取締役社長 強力雄様株式会社ゴーリキ
代表取締役社長 強力雄様

  • こちらは「重量IoTサービス(仮称)」の端末およびクラウドで使用予定である(株)スマートショッピングの「Smartmat」の導入実績です。
    導入時期:2019年12月 インタビュー時期:2020年2月 また、すべてのお客さまに同様の効果を約束するものではございません。

「重量IoTサービス(仮称)」に関する資料ダウンロード・お問い合わせ

「重量IoTサービス(仮称)」の導入をご検討の方は、まずは資料をダウンロードください。
お困りの課題や導入にあたっての不安など、いつでもお気軽にご相談ください。
弊社営業がお伺いします。ご予算や用途などから課題解決の最適な方法をご提案いたします。

重量IoTサービス 資料

ページ上部へ戻る