αNX Plus type M

販売終了

ひかり電話オフィスA(エース)対応でコスト削減

ひかり電話オフィスA(エース) 詳細

  • *1ひかり電話オフィスタイプ/オフィスA(エース)(いずれも電話サービス)のご利用には、フレッツ 光ネクストもしくはBフレッツ(いずれもインターネット接続サービス)の契約が必要です(別途契約料、工事費、月額利用料がかかります)。上記料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料が必要となります。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更にあわせて見直します。 詳しくは、こちら新規ウィンドウで開くをご確認ください。
  • *2携帯電話などへの通話については通話料が異なります。
  • *3ナンバー・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。
  • *4一部そのまま利用できない場合があります。
  • *5停電時は、緊急通報を含めて通話ができません。また、ダイヤルQ2(「0990」ではじまる番号)など、一部かけられない場合があります。
  • *6エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供する「ナビダイヤル」のみ接続できます。ただし、ナビダイヤルのご契約者がひかり電話を着信させない契約内容にしている場合、接続できません。

アクセスサービス回線について

●ひかり電話オフィスタイプ/オフィスA(エース)について

  • ひかり電話オフィスタイプ/オフィスA(エース)のご利用には、フレッツ 光ネクストもしくはBフレッツの契約が必要です(別途契約料、工事費、月額利用料がかかります)。

対応機器について

●ひかり電話オフィスタイプ/オフィスA(エース)対応機器について

  • Bフレッツ ハイパーファミリータイプでひかり電話オフィスタイプ/オフィスA(エース)をご利用の場合、「ひかり電話拡張オプション(1,100円(税抜))」が必要です。
  • ひかり電話オフィスタイプ/オフィスA(エース)対応アダプタまたは、本サービスに対応したブロードバンドルータユニットなどを収容したビジネスホンが必要です。

ユニバーサルサービス料について

  • 月額利用料に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料が必要となります。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更にあわせて見直します。 詳しくは、こちら新規ウィンドウで開くをご確認ください。

ユニバーサルサービス料は、あまねく日本全国においてユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報)の提供を確保するためにご負担いただく料金です。

資料請求・お問い合わせ このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから


表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る