ひかりクラウド スマートスタディ無料コンテンツ(ストレスチェック)

無料で使える「ストレスチェック制度」への
対策をもっと手軽に!

  • 無料コンテンツのご利用には、eラーニングサービスの「ひかりクラウド スマートスタディ」のご契約が必要です。

ストレスチェック制度とは

労働安全衛生法の一部改正を受けて、2015年12月1日に施行された制度です。常時50名以上の労働者がいる事業所は1年に1回のストレスチェックを行うことが義務付けられています。

ストレスチェック制度対策は万全ですか?

ストレスチェックを実施するメリット!

  • 1
    メンタルヘルス不調者発生による突発的な人的コストなどのリスクを防ぐことができる
  • 2
    検査結果を集団的に分析して、職場環境の改善に繋げることができる
  • 3
    診断結果を通知し、自身のストレス状況を把握させることで個人のメンタルヘルス不調のリスクを軽減させることができる

「ひかりクラウド スマートスタディ」をご利用いただくと
ストレスチェックの診断結果は、本人が受検後すぐに確認できます。

ストレスチェック受検画面

ストレスチェック受検画面

設問は予め設定されているため、すぐにストレスチェック診断が可能です。また、オリジナルの設問作成や設問の修正・変更が可能なため、制度の改正時も安心です。

診断結果画面

診断結果画面

ストレスチェック診断後は、視覚化されたレーダーチャートと分かりやすい解説で個人のストレス状況を把握することが可能です。

  • 画面はいずれもイメージです。

「ひかりクラウド スマートスタディ」なら
ストレスチェックのさまざまなお悩み解決をサポート!

年の1度にしか利用しないのに費用が高い

基本機能だけなら、月額110円(税込)から

従業員1名あたり110円(税込)からご利用いただけます。また、マニュアルなどのコンテンツを登録することもできるので、eラーニングや情報共有ツールとして利用ができ、さまざまな用途にご利用可能です。

  • 別途、初期費用がかかります。
  • ご利用にはフレッツ光などのインターネット接続サービスおよびプロバイダのこ契約が必要です(別途、月額利用料がかかります)。

従業員の受検状況の管理に時間が掛かっている

管理画面で従業員の
受検結果をすぐに確認
できます。

受検実施者、未受検者、高ストレス者の抽出も簡単に実施可能です。
未受検者には、リマインドメールなどで受検を促すことも可能なため、管理者にかかる手間を軽減できます。

ストレスチェックを紙で実施すると集計が大変

診断結果や分析も自動集計

ストレスチェックを紙で実施すると、診断結果の集計に大きな手間がかかり ます。「ひかりクラウド スマートスタディ」を利用すると、集計や会社全体の集団分析も自動で行うことで、運用にかかる人的コストや手間を軽減できます。

従業員にパソコンを貸与していないから
ストレスチェックの実施が大変

マルチデバイス対応で安心

従業員にパソコンを貸与していなくても、マルチデバイスに対応しているので、従業員が持っているスマートフォンなどでも受検可能です。

ストレスチェックの診断結果を用いて、集団分析も可能です。

たとえば、全社員の結果を分析することによって
ストレスの傾向などを把握でき、職場環境の改善に役立ちます。

  • 産業医が集団分析結果を元に会社全体のストレス傾向を発見できる
  • 産業医がストレス傾向を元に適切な指導ができる

ひかりクラウド スマートスタディの資料をダウンロードいただけます。サービス導入のご検討にご利用ください。

  • ひかりクラウド スマートスタディ パンフレット
    機能一覧と導入メリットビジネスをサポートする活用シーンについてご紹介しています。
  • ひかりクラウド スマートスタディ
    企業における従業員/スタッフスキルの維持・向上の取組み動向

    人材育成における課題とひかりクラウド スマートスタディの活用方法とメリットについてご紹介しています。
  • ひかりクラウド スマートスタディ
    スマートスタディ多様な働き方への変化・情報配信の効率化

    働き方の多様化における課題とひかりクラウド スマートスタディの活用方法とメリットについてご紹介しています。

資料ダウンロード

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ご相談ください! 0120-009-070

お問い合わせ

ページ上部へ戻る