快適なWi-Fi環境で、働き方をスマートに!
気になる店舗、工場、農場のWi-Fi導入事情

「働き方」の変化で、オフィスのワイヤレス化が加速

「働き方改革」が叫ばれ、ワークスタイルの多様化が進んでいます。従来のように会社の決まった席でデスクトップパソコンと向き合う働き方から、リモートワークやフリーアドレスなど、「座った場所が自分のオフィスになる」という働き方へと少しずつ変化が始まっています。

こうした働き方を実現するにはWi-Fi環境の整備が不可欠で、さもなければ働く人たちはLANケーブルを探してフロアをさまようことになりかねません。最近は複合機や電子ボードなどのIoTデバイスもWi-Fi対応となっており、機器同士を結ぶコードも不要になっています。こうしたオフィスは配線が不要で、レイアウト変更や引っ越しも容易になる利点があります。

一歩進んだ会社はペーパーレス会議が常識?

SDGsへの対応などから打ち合わせはペーパーレスで、などといった動きも加速しています。
Wi-Fi環境下でのペーパーレス会議ならノートパソコンやタブレット端末で資料をリアルタイムで共有でき、複数の拠点間会議の開催も可能です。

表示画面に対して発表者、参加者双方の意見の記入が可能なので、あたかもその場で会議を行っているような状況の再現が可能になりつつあります。印刷コストの軽減や資料の紛失リスクを回避することにも繋がり、IT企業などではペーパーレス会議が標準になっていると言われています。

工場や圃場の無人空間にWi-Fiを設置して遠隔操作する時代

次に製造業におけるWi-Fi導入事情を見ると、例えば生産管理者は現場に設置したWi-Fi対応カメラから無線で送られてくる画像で現場の稼働状況が確認でき、異常発生時もいち早く発見、対処することが可能になります。

農業の現場でもビニールハウスや鶏舎などの内部にWi-Fi環境を整備してセンサーを設置することで、離れた場所から室内の温度・湿度などの変化をタイムリーに把握することが可能になっています。

出出入口に防犯用のIoTカメラを設置することで、パソコンや携帯電話から侵入者を確認できるなど、Wi-Fi環境はセキュリティ対策にも貢献できると考えられます。

流通業の導入事例

流通業ではショッピングセンターの待合スペースやキッズルームなどのコミュニティ空間にWi-Fi環境を導入することで、通信キャリアを問わず大勢の来店者が滞在期間を有意義に使えるようになります。

店舗側はスマートフォンのアプリとの連動やWi-Fi環境を活用したフロア案内のデジタルサイネージ化により、外国人観光客を含むお客様にタイムリーに店舗情報やイベントの告知を行えるなど、新しい販促施策に取り組むことができます。
Wi-Fiとカメラを組み合わせれば、来店客数の把握や店内のお客様の行動把握なども可能になることから、店舗側はマーケティング、顧客満足の向上に効果が期待できます。

セキュアな環境を担保できる確かな業者を選ぶ

Wi-Fi導入にあたり、担当者の皆様が最も懸念されるのは、外部からの不正アクセスなどセキュリティ面の不安や管理面の負担の増大でしょう。管理者も来訪者もネットワークを利用できる環境で、しっかりとセキュアな状態を維持することが大事な観点です。

次の記事を読む

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る