テレワーク実施率

テレワークは、離職率の問題の解決をサポートし、企業・従業員にとっての理想的な勤務環境作りに貢献します。
ここでは、テレワークの活用により期待される効果、および導入プロセスをご説明します。

3テレワーク実施率

近年、日本は少子高齢化が叫ばれており、さまざまな分野で人手不足が顕在化してきています。政府によりテレワークが推進され、世間から注目を集めている背景には「労働力人口の減少」という日本の抱える大きな問題があります。また、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症などの拡大によって、従業員がオフィスに出社できないなどの問題もあります。
こうした背景を踏まえて、労働力の確保や緊急時の事業継続のための方法としてテレワークが注目されています

高まりつつあるテレワーク導入

総務省が公表する「令和元年版 情報通信白書のポイント」によると、2018年のテレワーク導入率は19.1%となっています。2016年・2017年と比べると、テレワークの導入率は急速に高まってきています

テレワークの導入率の推移

テレワークの導入率の推移

出典:総務省「令和元年版 情報通信白書のポイント」

また、企業の規模別に導入率をまとめた調査結果によると、大規模な企業ほどテレワークの導入率が高くなっています
従業員数が300人より少ない企業では15%程度の導入率となっており、大規模な企業に比べて導入が進んでいない状況です。

企業のテレワーク導入率(規模別)

企業のテレワーク導入率(規模別)

出典:総務省「令和元年版 情報通信白書のポイント」

ページの先頭へ

ガイドブックのイメージ ガイドブックのイメージ

テレワーク導入ガイドブックを、
無料でダウンロードいただけます。

2021年1月改訂 新型コロナウイルス感染症対策にも!

何から始めればいいの? テレワークの基本について
わかりやすくご紹介しています。

さまざまなお悩みにお応えします!
まずは
お気軽にご相談ください。

小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな? 小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな? 小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな?

あなたに代わって、
上司に導入説明を行うことも可能です。

ページ上部へ戻る