ビジネスセミナー 現場のDX

全業種

若手社員がコロナを明るく生き抜いているので
密着してみた

斎藤 尚美 氏

NTT東日本ー南関東 東京事業部 東京南支店 第三ビジネスイノベーション部 第二VCグループVC担当
斎藤 尚美 氏

伊藤 祥吾 氏

NTT東日本ー南関東 東京事業部 東京南支店 設備部 世田谷サービスセンタ
伊藤 祥吾 氏

コロナ禍でも明るく前を向く若手社員が
ニューノーマルの働き方に必要?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、私たちの日常に劇的な変化をもたらした。生活や働き方が大きく様変わりし、多くの人が不安を抱えながらコロナ禍の新しい生活様式に向き合っている。このニューノーマルl時代をどう乗り切っていけばよいのか。NTT東日本グループのコロナ禍での営業や顧客対応の様子を見るため、若手社員2人に密着した。そこにはコロナ禍に翻弄されながらも、明るく前を向いて取り組んでいる姿があった。若手社員2人の姿を通して、あらゆる業種に当てはまるであろうニューノーマルの働き方のヒントを紹介。

訪問できない状況を
プラスに変える発想を

新型コロナウイルス感染症の拡大により、日本企業でもニューノーマルな働き方の1つとして、リモート会議やリモート商談が定着しようとしている。NTT東日本の南関東東京事業部で営業を担当する斎藤尚美さんは、リモートでの商談を、移動時間が必要な訪問よりも、「多くのお客さまと接点が持てる」として前向きに捉えている。リモートツールと訪問のうまい使い分け方や、リモートでお客さまや同僚とコミュニケーションする際に心がけていることやコツを紹介。

困っているお客さまのために、
コロナ禍でも変わらない現場への責任感

リモートワークが浸透しつつある一方、NTT東日本の世田谷サービスセンタの伊藤祥吾さんは、現場で故障修理を行う業務を担当している。個人宅の電話回線やインターネット回線の修理、電柱の回線の切り替えなどが主な業務だ。緊急事態宣言下でも「修理する人がいないとお客さまは困る」という変わらない責任感で、現場へと足を運び続けた。コロナ禍で、伊藤さんが訪問先で気を付けていること、そして、仕事へのモチベーションからニューノーマルの働き方が見えてくる。

コロナ禍でも進んで前を向く若手社員が
今の企業の重要な存在に

NTT東日本の世田谷サービスセンタの伊藤祥吾さんの高所作業訓練の様子や、ニューノーマルによって導入された新しい取り組みの1つである、病院などの現場作業中の防護服着用の様子を紹介。お客さまから感謝の言葉をいただくために、コロナ禍でも現場に出て日々の業務に懸命に取り組む姿が見て取れる。また、ストレス解消のため、趣味に没頭する伊藤さんの姿をコミカルに演出しながら、コロナ禍でも進んで前を向く若手社員の力強さを紹介。

ビジネスセミナー

若手社員がコロナを明るく生き抜いているので
密着してみた

ページ上部へ戻る