ビジネスセミナー 現場のDX

教育

GIGAスクールがめざす教育改革と今後の課題

藤村 裕一 氏

国立大学法人 鳴門教育大学大学院 遠隔教育プログラム推進室長
藤村 裕一 氏

教員、行政職(教育政策・社会科・総合・情報教育・人権教育などを担当)を経て現職。(教育ネットワークセンター、情報教育支援デスク立ち上げ等を行う。) 自治体、政府の数々のアドバイザーを歴任し、現在は、政府の教育再生実行会議初等中等教育WG委員などを勤めて、日本の学校の情報化をけん引されている。

GIGAスクールで教育現場はどう変わるのか?

児童・生徒に1人1台の端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化され、創造性を育み、持続的な教育の実現を目指すGIGAスクール構想。GIGAは「Global and Innovation Gateway for All」の略。Society 5.0を生きる次世代の人材を育てるために、ICTを基盤とする先端技術は不可欠。従来型の教師指導の知識再生型の教育ではなく、高速大容量のネットワークが背景にあるGIGAスクール環境を活かした個別最適かつ協働的な学びの実現の方策、今後の課題、具体的な留意点などについて解説。

ニューノーマルをたくましく
生き抜くために必要なこと

教育のDXともいえるGIGAスクール構想。OECD加盟国等が参加した調査で、日本の教育現場は、主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善、ICT活用等の取り組みが十分ではないとされた。Volatility(変動制)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)で示されるこれからの社会(VUCA World)を、たくましく生き抜く人材を育成するため、学力観・授業観ともに大きな転換を迫られている。また、学びのニューノーマルとして、対面とオンラインのハイブリッド型のような仕組みも求められているなど、現状を分析していく。

GIGAスクールにより期待されること

1人1台の端末配布と同時に、進めなければいけないのがソフトウェア、そしてツール等の整備。先端技術を活用した学習に欠かせないLMSは、諸外国では標準となりつつあるが、日本ではまだこれから。学習者用デジタル教科書の導入、活用促進も進む。スマートスクールシステム、テレワークの導入、また、統合型校務支援システムなどの採用によって、教職員の働き方改革を進める必要もある。先進的な取り組みとして、生徒個々の情報を一元化・見える化・共有化する、大阪市でのスマートスクールシステムを事例として取り上げる。

テクノロジー導入とともに
教師のマインドセット変革も求められる

何より大切なのは、学力観・授業観の転換。指示待ちではなく、自ら課題を見つけ、解決する力を持つことがGIGAスクールの最も大切なメッセージだとして、ICTを活用した授業設計の改善ポイントについて解説。文部科学省は、Society 5.0に向けた「学校Ver.3.0」を策定。情報教育とは、情報活用能力だけではなく、人間教育としての情報教育。伝え合う、知る・考える、感じる、生きる、そこにコンピュータサイエンスが加わり、学力と人格を育む。授業改善のために、教師には「教える」から「学習支援する」へ、マインドセットの変換も必要だと解く。

フォームにご入力いただくと動画をご覧いただけます。

動画を見る別ウィンドウで開きます

ビジネスセミナー


GIGAスクールがめざす教育改革と今後の課題

ページ上部へ戻る