マゼランの羅針盤/ダイジェスト映像特殊局の天才プログラマー、母校の秘密の地下道へ潜入!?

特殊局の天才プログラマー・登大遊は、筑波大学の准教授という肩書きも持つ。登の母校でもある筑波大の構内には、全長14kmにもわたって張り巡らされた秘密の地下道がある。大学のライフラインを管理する中央機械室の奥深くに密かに造られたその場所は、学生時代の登にとって特別な意味を持つという。100回以上も訪れ、そこに住みたいとまでいう、その場所とは?登の飽くなき探究心が見い出した、通信を支える裏側の本質とは?天才プログラマーとNTT東日本との出会いの場所に、通信の未来を拓く鍵が見えてくる。

フォームにご入力いただくと動画をご覧いただけます。

続きを動画で見る別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る