マゼランの羅針盤/ダイジェスト映像ICTが革新する、時間と空間を超えた新しいアートの楽しみ方とは?

コロナ禍の現在、デジタル化したアート作品を高速ネットワークを介して配信することで、アートの新しい楽しみ方が生まれている。デジタルデータで送られてきたアート作品を展示する介護施設では、高画質の名画が入居者の目を楽しませ、その感動が“心の栄養”となっているという。さらにデジタルアートは、地域社会の活性化にも貢献する。時間や空間を問わず、自由に絵画の魅力を発信できることで、かえって“本物”の魅力が増し、美術館や博物館に人を呼ぶ起爆剤にもなっている。デジタルアートが生み出す多彩な可能性を紹介する。

フォームにご入力いただくと動画をご覧いただけます。

続きを動画で見る別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る