マゼランの羅針盤/ダイジェスト映像一次産業を入口に広がる、地域版スマートシティとは?

田畑を荒らすイノシシ被害が後を立たず、年間被害額が約1億8千万円にも及ぶという千葉県。ICTを活用した鳥獣被害対策に地域ぐるみで取り組み、近隣のイノシシ被害が大幅に減少したのみならず、思わぬ効果も生み、注目を集めているという。そして、鳥獣被害対策のために設置されたネットワークは、農業分野のみならず、福祉・防災分野に活用され、さらに、他の産業課題への活用も視野に入れているという。一次産業を入口に、地域の課題解決や住みよいまちづくりに、ICTを活用するスマートシティ化の事例を紹介する。

フォームにご入力いただくと動画をご覧いただけます。

続きを動画で見る別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る