マゼランの羅針盤/ダイジェスト映像最新のIoT技術を駆使した、健康と安全を守る先進的試みとは?

ナスの生産量日本一を誇る、高知県安芸市。JA全農が運営する高度施設園芸「ゆめファーム全農こうち」では、最新のIoT技術を使った、ある先進的な試みが行われている。作業者の腕にはめられた腕時計。これは、心拍数や体表面温度を自動的に測定することができる「ウェアラブル端末」。身体情報とハウス内の温度や湿度などの作業中のデータを無線送信し、高温・高湿度下における体調不良の危険度を事前に察知する。IoT技術を取り入れた新たな取り組みとして、農作業者の健康や安全維持、労務管理の効率化に役立てている先進事例を紹介する。

フォームにご入力いただくと動画をご覧いただけます。

続きを動画で見る別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る