マゼランの羅針盤/ダイジェスト映像農業×ICTがめざす、日本の農業の未来とは?

後継者や担い手の減少、人手の確保、負担軽減など、さまざまな課題を抱える、日本の農業。その解決策として注目される、スマート農業。2019年7月、NTT東日本はグループ初の農業専業会社として、NTTアグリテクノロジーを設立。一次産業の課題解決専門チームを結成し、自社ファーム「ベジアイシティ山梨中央」を保有、最先端技術を活用した農業を営みながら、そこで得たハウス整備やICT活用、栽培のノウハウを生かし、農業生産者に幅広いサービスを提供する。農業とICTを軸に、NTTアグリテクノロジーがめざすものとは?その活動を紹介する。

最先端のハウスをオーダーメイド?

土地の広さ・地溝・作物の種類に合わせて、最先端設備を備えたハウスをオーダーメイドでコーディネートする、そのトータルサービスとは?

生産者のニーズに応じて新品種を開発

消費者の嗜好変化のスピードが速まる中、変色しにくいレタス、葉枚数の多い品種など、生産者の要望に対して、短期間で新品種の開発を実現するNTTアグリテクノロジーの技術とは?

農業を起点に、地域課題を解決するソリューション

農業のために構築したインフラを防災や福祉の課題解決に活用するなど、農業を起点に、地域の課題を解決するソリューションを提供し、街づくりに生かす事例を紹介。

稼げる農業を実現するために

自治体やJA、生産者、学術機関と協力して、地域の農業の生産性向上や省力化、経済的損出の削減、稼げる農業の実現、技術の伝承に向けてさまざまな取り組みを進める、NTTアグリテクノロジーの活動を紹介。

フォームにご入力いただくと動画をご覧いただけます。

続きを動画で見る別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る