店舗や会社の魅力を高める

  • オフィスの在り方

時代が愛した男、隈研吾(上)

オフィスはアイデンティティー体現の場

隈研吾。いまの時代を象徴する建築家の一人である。時代が追いかける男。そう言える存在かもしれない。そんな隈が見すえる、都市と地方、オフィスの在り方はどんなものだろう。前編、後編に分けて、たっぷりお届けしていこう。

建築家
隈 研吾(くま けんご)氏
1954年生まれ。東京大学大学院建築学専攻修了。1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。東京大学教授を経て、現在、東京大学特別教授・名誉教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三氏の代々木屋内総合競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を目指す。大学では、原広司氏、内田祥哉氏に師事し、大学院時代に、アフリカのサハラ砂漠を横断し、集落の調査を行い、集落の美と力に目覚める。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。これまで20を超える国々で建築を設計。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。

 いま我々は、時代の大きな折り返し地点にいると思うんです――。

 建築家、隈研吾は静かにそう口を開いた。

 これまでの人間の歴史は、自然に対して人工物の領域を大きくしようとしてきた。土地に閉じたハコを作り、それをどんどん大きくし、高くしていって、その中に人間を詰め込んでいく。それが一番効率的だし、人々を幸福にする。そう思われてきた。

林立するビル群への違和感

 実際、南青山にある隈のオフィスの上層階から臨む、東京の街並みに目を向けると、大きなハコ型のビル群が林立する景色を見ることができる。しかし、限られた地球資源の中でこのやり方にはいつか限界が来ることが分かっていたという。そして新型コロナの感染拡大がそれを加速した。隈は言う。

 「いずれ折り返す、時代の大きな転換点が来ると私は考えていましたから、コロナのおかげで、この時点で折り返すことができたのはむしろ幸運だったと思うんです。環境問題など、いろんな問題がクリティカルになる前ですから」

 そしてこうも続けた。

 「新しい暮らし方というのは、新しい都市デザイン、新しい建築デザインを必要とするわけですから、僕らの提案が世の中に影響力を持って、変えていけるチャンスだなと思っているんです」

 14世紀に流行したペスト(黒死病)は、欧州で中世という時代に終止符を打ち、その後にルネサンスが訪れた。そこでは、建築家が数学を使って整然としたハコを作ろうとし、人々はそれらの提案を受け入れ、大きな影響を受けた。それと同じようなことがいま、起きようとしているというのだ。

キーワードは「庇(ひさし)」

 それでは、これからの時代にはどのような提案が受け入れられていくのだろうか。隈は基本的に「ハコを壊す」方向に向かうという。

 「ハコを壊すときに必要なキーワードは『庇(ひさし)』だと思います。風通しがあって雨宿りができる、というような庇的な空間です」

 ハコによってできた閉じた空間で、石油を燃やして空調でコントロールするというやり方ではなく、庇によって、中の人間の環境をコントロールするというやり方だ。隈の目に日本の伝統建築は、ハコに向かわなかった世界で数少ない存在に映る。そしてその伝統こそが、このコロナ禍において、あらためて見直されるべきだという。

飲食店にも庇

 コロナで飲食店の分野でも、庇の活用が進んだ。2020年6月、国土交通省が、コロナ禍での飲食店支援で道路占用許可の基準を緩和した。道路の構造や交通に大きな支障を及ぼさないことが前提にはなるが、各地でテラス営業が広がった。11月末までという期限がついたが、また一つの飲食店の在り方を感じることができた。

オフィスとは「アイデンティティー」

 都心に集中してきたハコ型のオフィスは、今後どうなるのだろう――。

都市集中のオフィスの
形が変わる
ハコ型の次にくるものは

続きを読む

※経営力向上ラボの会員に登録していただくと、本文の続きが読めます。
会員の皆様には、経営力向上に役立つ情報を定期的にお届けします。

 「会社のアイデンティティーや企業文化を表現するものになるんだと思います。例えばサントリーなら美術館やホールのところに本社機能を持たせるかもしれない。すごくおいしい社員食堂があって、社員がわいわい食事をしながらコミュニケーションをとるのが特徴の会社はそれをオフィスと呼ぶのもいい。社員に共通する何かがあって、それを形にしたものが本社、オフィスになるんじゃないですか」

「今日はパリの順番ですね」

 隈の事務所は表参道のほか、パリ、北京、上海にもある。隈自身も、新しいオフィスの在り方を探るため、毎週1回、世界の事務所をビデオ会議システムでつなぐ。

 10月26日、夕方6時。隈は、100人以上がログインする画面に向かって英語で話し始めた。「みなさん、こんにちは。では、始めましょうか。今日はパリの順番ですね」。

 「何か隈さんから指摘とかしないのですか」と記者は聞いてみた。すると、「違うんですよ、世界の事務所でいま手がけている案件を紹介し合って、意識合わせをしています」と隈は答えた。

 この取り組みは今春から始めたものだ。隈の事務所のアイデンティティーを共有するにはとても良い仕組みと隈は言う。

 支えているのが、ビデオ会議システムなど、オンラインでデジタルを活用する技術の進化だという。もはやどこに事務所があっても、物理的な制約を感じる場面が急速に減ってきている。

地方の都市化??

 隈はいま、新しい事務所の形、新しい働き方を模索している。コロナはテレワークでどこでも働けることを証明し、自然豊かな地方へ移住する人も増えてきている。これから地方と都市の関係はどうなっていくのだろうか。

 「ハコをどんどん大きくしてきたこれまでは、地方の都市化が進んだだけでした。そういった地方都市が魅力的かといえば、そうとも言えない。自然からどんどん遠ざかっていった流れを反転させて、自然との距離をどうやって詰めるかという方向へ必ず向かっていくと思います」と隈は語る。

水道、国道、鉄道がない

 隈がいま、注力するプロジェクトの一つが、北海道東川町に関するものだ。家具のコラボレーションから始まったプロジェクトである。東川町は、旭川空港から車で10分ほどの立地で、都心からのアクセスは悪くない。一方で水道、国道、鉄道がないということをウリにしている。蛇口をひねれば、近くにそびえる大雪山の湧水が出てくる。水質がいいから野菜もおいしい。東京とは違う豊かさが東川にある。

 「このコロナを機に、東川町に僕の事務所を作ってほしいと頼まれて、いまその設計を進めています。東川の材木を使って、東川の大工さんに作ってもらおうとしているのです」

 一般に建築のプロジェクトは、設計に1~1年半、工事に2~3年かかる。これまでは現地に臨時の事務所を構えてきた。

 臨時的ではあるが、ある一定期間そこに定住するというような分室をいくつも作り、それらをネットワーク化する構想を持っている。それなら、当該プロジェクトだけでなく、それ以外の現地のニーズもくみ取ることができる。

 「すでに石垣島と富山に、現場の事務所があるので、東川ができれば3つ目になります。プロジェクトが終わってもそこにいて、地元の人と仲良くなって、また新しい仕事を頼んでもらえればいいわけです。世界中の魅力的な田舎に分室を置いてネットワーク化し、東京はむしろ縮小していくつもりです」

大規模な参勤交代みたいなもの

 そしてこう加えた。「参勤交代の現代版みたいなものかな」。隈の知己である、解剖学者の養老孟司がかねてより唱えているのが、現代版参勤交代のすすめである。

 江戸時代の参勤交代は確かに、地方の大名に膨大な費用を使わせて、その財力を弱めることが目的と言われた。一方で、江戸と地元の往来で、街道などの整備が進み、江戸文化の地方への波及などを推し進める効果もあったと言われる。

 環境問題などへの対応として、養老は現代版参勤交代を推奨する。隈は自分のやっていることが、まさにコロナ時代の参勤交代に思えてきた。リモートワークの進展で、東川の分室からパリ事務所の支援をするといった、仕事上の壁はいっそう低くなった。

教育が問題…

 ただ、心配なのは教育の問題である。隈の事務所にも、子どもを持つ社員がいる。こうした生活様式の中で、子どもたちが通う学校をどうするかという課題だ。実は隈、これにも布石を打っている。

(文中敬称略)

後編はこちら

杉山 俊幸
インタビュアー
日経BP 総合研究所 主席研究員
杉山 俊幸
日経ビジネス副編集長、日経ビッグデータラボ所長、日経クロストレンド発行人を経て、2020年1月から現職。

※本記事は2020年10月時点の情報に基づいて執筆しています。

中堅・中小企業の課題は、NTT東日本にご相談ください

テレワークに取り組むなら
まずはここをチェック!

経営力向上ラボでは、中小企業に役立つ記事を掲載しています。ぜひ併せてお読みください。

おすすめの記事

  • テレワーク

フレキシブルで多様な働き方を実現するシェアリングオフィス

  • テレワーク

理想の働き方をテレワークで実現するアプローチ

  • テレワーク

テレワークの悩みをなくす「5カ条」

  • テレワーク

マンガ「社長、テレワークの普及者に?」

  • テレワーク

マンガ「テレワークリベンジ 全社で取り組むために」

  • 開店・増店

コストを抑えてテイクアウトに挑戦!

  • テレワーク

テレワークは非効率な仕事に気付くチャンス!

  • DX

尾原和啓氏が明かす真の「中小企業DX」とは

  • IT活用

ITと建設会社、相性は悪いかと思ったら!

  • オンライン営業

マンガ「オンライン vs リアル。激しい営業バトル勃発?」

  • テレワーク

中小企業テレワークの意外な落とし穴【仕組みづくりの思わぬ壁】

  • オフィスの在り方

時代が愛した男、隈研吾(下) 地方再興、エルメスの蹉跌、バーチャル校舎で活気

  • オフィスの在り方

時代が愛した男、隈研吾(上) オフィスはアイデンティティー体現の場

  • テレワーク

テレワークに、町工場の職人が挑んだ!

  • IT活用

誰も犠牲にならない飲食店運営を

  • データ経営

「しない経営」に隠された真実、土屋専務がいま明かす

  • テレワーク

うまくいかなかったテレワーク……【環境はこう整える】

  • テレワーク

マンガ「社長、Web会議でご乱心!?」

  • テレワーク

これを押さえればテレワークは大成功!【情報漏洩はこう防ぐ】

  • テレワーク

サイボウズ青野慶久氏が語るチームワークの極意

  • テレワーク

テレワークをやってみて分かった7つの落とし穴

  • オンライン教育

オンライン教育が「多様な」人と社会を生む

  • ECサイト

2大勘所を押さえてECサイトを成功させよう

  • 開業・増店
  • IT活用

マンガ「ソーシャルディスタンスを守って恋も商売も繁盛?!」

  • オンライン研修

拡大する「オンライン研修」を中小企業が取り入れるコツ

  • 勤怠管理

マンガ「タイムカードをごまかして深夜残業。社長が捕まる?」

  • クラウド
  • システム運用管理

クラウドを売上増につなげる成功ポイント

  • 開業・移転・増店

2年で5店舗の成功術は「独立前の経験」と「人脈」の両輪

  • 開業・増店

数々の困難を乗り越えて日本一のカレーチェーンに、創業者・宗次德二氏が語る開業、増店、運営の鉄則

  • オンライン診療

オンライン診療、「非対面」の意外なメリットと課題

  • 勤怠管理

スマートな勤怠管理を実現するクラウドソリューション

  • 開業・移転・増店

ITを味方にしたい経営者のための指南術

  • 働き方改革
  • クラウドPBX

電話の刷新がもたらした不動産業での働き方改革

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラで向上する高齢者介護施設のサービス

  • 働き方改革
  • データレスPC

クラウド環境のテレワークが運送会社の危機を救う

  • テレワーク
  • 働き方改革

マンガ「在宅勤務で資料を忘れて勤務不能に!?」

  • 開業・移転・増店

飲食店の再スタート、カギは厳しい今の準備の質

  • 働き方改革

取引先とすぐにWeb会議。どのツールを使う?

  • 開業・移転

マンガ「準備不足で新店舗が頓挫!?」

  • 開業・移転・増店

人手不足でも増店・多店舗化を成功させる秘訣

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラのサービスは何がすごいのか

  • 働き方改革
  • テレワーク

中小企業に贈る、松本晃氏の「働き方改革論」

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

低コストなクラウド型カメラ「使い方10選」

  • 事業承継

かしこい会社の引き継ぎ方――ICTで倒産を防ぐ!

  • BCP
  • VDI

「パソコンではなくデータを守る」という考え方

  • 開業・移転

たった3つの取り組みで新規事業のリスクは減らせる

  • テレワーク
  • VDI

マンガ「ラボボ社、テレワークでずっこける」

  • 開業・移転
  • キャッシュレス

開業・移転でスタートダッシュを決める3カ条

  • システム運用管理
  • VDI

売り上げ、信用を失うリスクを防げ!

  • RPA
  • AI-OCR

こんなハズではなかった! とならないための失敗しないRPA導入のコツ

  • 働き方改革
  • テレワーク

好業績企業はテレワークを採用? 時短だけで終わらせない。業績もアップさせるポイント

  • システム運用管理
  • ICTサポート

ICTトラブル時の大敵「サポートのたらい回し」とお別れするには?

  • 働き方改革

社員の熱意を上げて職場を活性化!イキイキと働ける環境はこう作る

  • 働き方改革
  • ネットワークカメラ

ネットワークカメラで実現する働き方改革&人材育成

  • キャッシュレス

気になる!小さなお店の「キャッシュレス化」

  • システム運用管理
  • テレワーク

“ひとり情シス”の仕事術

  • RPA

「デジタルレイバー」と共存する社会へ

  • AI-OCR
  • RPA

入力待ち書類を一掃!「紙帳票の自動データ化」の威力

  • 働き方改革
  • RPA
  • AI-OCR

中小企業の“残業問題”はこうして解消する

  • 働き方改革

『残業学』の著者に聞く、長時間労働の原因と解決策

課題から探す

中堅・中小企業の課題に、
NTT東日本のICTソリューション。

導入事例

様々な事例から課題解決ストーリーをご紹介

導入事例

オンラインセミナーで学ぶ

【新講座続々!】 豊富なオンラインセミナーで、
自席に居ながらICT活用について学ぶ

オンラインセミナー

メールマガジンで情報力を高める
【Biz Drive】

NTT 東日本が運営するBiz Drive(ビズドライブ)は、皆さまのビジネスを加速し、
快適なスピードで経営を続けていくための、ICT(情報通信技術)を活用した情報をお届けするサイトです。

Biz Drive(ビズドライブ)

働く人に、ICTのチカラを。

NTT 東日本は、「情報セキュリティ強化」「業務効率化」「顧客満足度向上」「事業継続」「コスト見直し」などさまざまな分野で企業の課題解決のサポートをいたします。まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る