仕事の効率を上げる

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

徹底検証

クラウド型カメラのサービスは何がすごいのか

防犯対策だけでなく、ビジネスの今を可視化して状況を把握、分析するのに役立つカメラ。最近は高額な機器をそろえなくても導入できる「クラウド型カメラ」のサービスが広まっています。NTT東日本が提供する「ギガらくカメラ」を例にして、先進のクラウド型カメラの特徴をチェックしていきましょう。

この記事のポイント

  • クラウド型カメラには、従来の監視カメラにないメリットがある
  • 手軽に導入できる「端末セットプラン」でも高精細かつなめらかな映像記録が可能
  • 充実したサポートがあるかどうかも評価ポイント

クラウドにデータを保存し高い安全性と利便性を両立

 「クラウド型カメラ」と言われても、少し耳慣れないと感じる方が多いかもしれません。これまでも、道路や店舗、建物・敷地の出入口などに防犯カメラが多く設置されてきました。しかし、従来型の防犯カメラの導入にはいくつかの課題がありました。この課題の解決に向けた1つの方策が、クラウド型カメラの活用なのです。

 クラウド型カメラは、その名の通りカメラで撮影した映像をネットワーク経由で「クラウド」に伝送し、サービスとして映像の確認などの機能を提供するものです。

 NTT東日本の「ギガらくカメラ」は、そうしたクラウド型カメラの1つです。カメラを設置しネットワークに接続すれば、その映像は場所を問わずにスマートフォンやタブレット、パソコンなどの画面で確認できます。

 従来型の防犯カメラと、クラウド型カメラとではどのような違いがあるのでしょうか。1つは、遠隔地などどこからでもカメラの映像を確認できる点です。従来型の防犯カメラの多くは、現地に設置したレコーダーに映像を記録します。その場の管理室などで状況を把握するには適していますが、経営者が本部から店舗の状況を確認するには設定の変更が必要な場合があります。設定した環境によっては外部から攻撃されたり、第三者にも見られてしまったりとセキュリティリスクが高まることがあります。クラウド型カメラであれば、もともとクラウドサービスとして場所を問わずに映像の安全な確認ができる設計がなされているため、設定や費用、セキュリティリスクの課題を軽減できます。

 ギガらくカメラでは、スマートフォンやタブレットならば専用アプリで、パソコンならばWebブラウザを使うことで、リアルタイムの映像から過去の映像まで、自在に情報を把握できます。

ギガらくカメラはネットワーク越しにカメラの画像を確認できる(※画面はイメージです)

 防犯や異常の監視という側面では、物理的なレコーダーが現地になく、クラウド上にデータを保存するメリットが際立ちます。場合によっては、防犯用のカメラを破壊するだけでなく、データを記録しているレコーダーも同時に盗み出されてしまうケースも考えられます。火災や水害などで工場や倉庫に被害が生じるような場合でも、現地のレコーダーもろとも焼けたり水没したりしてしまうと、状況を事後に確認するすべがありません。

 クラウド型カメラであれば、万が一の際もカメラとネットワークがつながっている限りクラウドにデータを送り続けますし、データを保存するクラウドはユーザーの店舗や工場などとは別のデータセンターですから確実に情報が残ります。

 こうしたメリットを持つクラウド型カメラが、中小企業で手軽に導入できるようになりました。その詳細を見ていきましょう。

中小企業で手軽に導入できるクラウド型カメラ
HD画質のカメラ映像を活用

続きを読む

※経営力向上ラボの会員に登録していただくと、本文の続きが読めます。
会員の皆様には、経営力向上に役立つ情報を定期的にお届けします。

用途に応じた多様なラインアップ、端末セットも

 NTT東日本のギガらくカメラは、インターネット接続回線があれば対応するカメラを設置するだけで映像のモニタリングが手軽にできるクラウドサービスです。HD画質(1280×720ピクセル)で秒間最大30コマの高精細かつなめらかな映像で状況を確認できます。

 サービスには2つのプランがあります。クラウドにカメラがセットになって手軽に導入できるのが「端末セットプラン」です。手のひらサイズの小型カメラの利用料金を含めてサービスとして提供するため、導入が容易です。もう1つがカメラ端末は別途購入する「クラウドプラン」です。こちらはギガらくカメラに対応するカメラを購入することで、幅広い用途に対応できるものです。

 料金は、それぞれ映像の保存日数によって料金が異なります。保存日数は、最短の7日から、14日、30日、60日、90日、最長の180日まで用意されています。端末セットプランの場合はインターネット接続環境があり、自分でカメラの設置や接続をすれば、7日の保存で月額3300円(税込)から利用できます。クラウドプランは、インターネット接続環境に加えてカメラ購入や設置の費用が別途必要になりますが、7日の保存で月額1870円(税込)からとランニングコストはさらに手軽になります。中小企業でも、必要なところにカメラを容易に設置できる料金体系であることがわかるでしょう。

 端末セットプランで利用できるカメラは「QBIC CLOUD CC-2L(SF)」(ELMO社製)です。小型軽量でWi-Fi接続が可能なため設置場所を選ばず、レジ横などにも設置可能です。小型の端末ですが、マイクによって現場の音を収録したり、スピーカーを使って管理者が声掛けをしたりすることにも対応していますし、照明を落とした夜間でも赤外線照明で撮影できる機能も備えています。店頭やオフィス内などでカメラの存在に意識させずに記録する用途に適したカメラです。実際に、多くのユーザーがCC-2L(SF)を選んでいます。

手のひらサイズの「QBIC CLOUD CC-2L(SF)」

 一方で、端末セットプランのCC-2L(SF)は、防塵・防水の性能がないため屋外での利用には適していません。ギガらくカメラではCC-2L(SF)以外にも、8種類の対応カメラを用意し、クラウドプランでの利用に対応しています。代表的なものが、「M2025-LE(SF)」(AXIS社製)です。監視カメラらしい姿かたちをしていることで、犯罪などの抑止効果に期待できるほか、防塵・防水の性能を備えていることから屋内だけでなく屋外での利用にも適しています。赤外線照明による撮影にも対応します。

防塵・防水対応の「M2025-LE(SF)」

 この他にも、小型の屋内用エントリーカメラから、カメラの周囲を一度にぐるりと撮影できる360度カメラ、パン・チルト・ズームといったカメラの動きを遠隔から操作できるものなど、多様な対応カメラを用意しています。対応カメラのほとんどはLANケーブルを通じて電源を供給できるPoE給電で利用できるので、有線LAN接続の場合にはLANケーブル1本の取り回しで設置できる点もポイントになります。

 ギガらくカメラの対応カメラでも多くの用途に応じた利用ができますが、非対応のカメラでも、カメラゲートウェイを介してネットワークに接続する方法があります。幅広い用途にも対応できる柔軟性も持ち合わせているのです。

映像や音で異常を検知。充実したサポートも提供

 ギガらくカメラの標準で提供される機能には、映像の閲覧に加えて、通知機能や映像共有機能があります。

 あらかじめ通知設定をしておけば、カメラとの通信が切断したり、動体や音声を検知したりしたときにメールなどで管理者に通知してくれます。防犯や監視用途のカメラでは平常時は管理者もカメラが正常に稼働しているかまで意識が向かないことも多く、いざというときに映像を確認しようとしたらカメラが動いていなかったというケースが少なくありません。通知機能により、こうしたトラブルを未然に防ぐことができます。

 映像共有では、カメラごとに最大100までの閲覧IDを作成して、複数の管理者による映像の共有が可能です。

 ギガらくカメラの特徴は、カメラを手軽にレンタルできることから初期費用を抑えて利用を始められる点に加えて、手厚いサポートを受けられる点も挙げられます。カメラの初期登録のサポートだけでなく、365日、9時から21時の時間帯に専任の担当者がサポートする安心の体制を整えています。端末セットプランならば、カメラが故障した場合にもすぐに新しい端末に交換するサポートもあります。クラウド型カメラのサービスとして、NTT東日本のギガらくカメラは中小企業にも活用しやすいソリューションといえます。

中堅・中小企業の課題は、NTT東日本にご相談ください

クラウド型カメラをカンタン導入して
事業に役立てたいと思ったら

経営の課題解決に向けたコンサルティングから、システム構築、保守・運用まで。
NTT東日本のサービスを実際に導入されたお客さまの課題や成果をご紹介しています。

おすすめの記事

  • 開業・移転

「準備不足で新店舗が頓挫!?」

  • 開業・移転

もしブラック・ジャックが事業拡大の悩みに答えたら

  • 開業・移転・増店

人手不足でも増店・多店舗化を成功させる秘訣

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラのサービスは何がすごいのか

  • 働き方改革
  • テレワーク

中小企業に贈る、松本晃氏の「働き方改革論」

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

低コストなクラウド型カメラ「使い方10選」

  • 事業承継

かしこい会社の引き継ぎ方――ICTで倒産を防ぐ!

  • BCP
  • VDI

「パソコンではなくデータを守る」という考え方

  • 開業・移転

たった3つの取り組みで新規事業のリスクは減らせる

  • テレワーク
  • VDI

マンガ「ラボボ社、テレワークでずっこける」

  • 開業・移転
  • キャッシュレス

開業・移転でスタートダッシュを決める3カ条

  • システム運用管理
  • VDI

売り上げ、信用を失うリスクを防げ!

  • RPA
  • AI-OCR

こんなハズではなかった! とならないための失敗しないRPA導入のコツ

  • 働き方改革
  • テレワーク

好業績企業はテレワークを採用? 時短だけで終わらせない。業績もアップさせるポイント

  • システム運用管理
  • ICTサポート

ICTトラブル時の大敵「サポートのたらい回し」とお別れするには?

  • 働き方改革

社員の熱意を上げて職場を活性化!イキイキと働ける環境はこう作る

  • 働き方改革
  • ネットワークカメラ

ネットワークカメラで実現する働き方改革&人材育成

  • キャッシュレス

気になる!小さなお店の「キャッシュレス化」

  • システム運用管理
  • テレワーク

“ひとり情シス”の仕事術

  • RPA

「デジタルレイバー」と共存する社会へ

  • AI-OCR
  • RPA

入力待ち書類を一掃!「紙帳票の自動データ化」の威力

  • 働き方改革
  • RPA
  • AI-OCR

中小企業の“残業問題”はこうして解消する

  • 働き方改革

『残業学』の著者に聞く、長時間労働の原因と解決策

課題から探す

中堅・中小企業の課題に、
NTT東日本のICTソリューション。

オンラインセミナーで学ぶ

【新講座続々!】 豊富なオンラインセミナーで、
自席に居ながらICT活用について学ぶ

オンラインセミナー

導入事例

様々な事例から課題解決ストーリーをご紹介

導入事例

まずは、情報セキュリティ対策。

迫り来る脅威に対策を!

情報セキュリティ
トータルサポート

メールマガジンで情報力を高める
【Biz Drive】

NTT 東日本が運営するBiz Drive(ビズドライブ)は、皆さまのビジネスを加速し、
快適なスピードで経営を続けていくための、ICT(情報通信技術)を活用した情報をお届けするサイトです。

Biz Drive(ビズドライブ)

働く人に、ICTのチカラを。

NTT 東日本は、「情報セキュリティ強化」「業務効率化」「顧客満足度向上」「事業継続」「コスト見直し」などさまざまな分野で企業の課題解決のサポートをいたします。まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る