仕事の効率を上げる

  • BCP
  • VDI

自然災害に遭う前に対策を!

「パソコンではなくデータを守る」という考え方

自然災害は突然襲いかかります。被災してしまうと、生活だけでなくビジネスの基盤までが大きなダメージを受けます。万が一のときに速やかに業務を復旧するために、業務に不可欠なデータ類を常に安全に保っておく対策が必要です。被災時にも事業継続できる新しいパソコンの在り方を見ていきましょう。

相次ぐ自然災害 中小企業の被害も激甚

 自然災害による被害は他人事ではありません。2019年には台風だけでも、沖縄・先島諸島を通過した台風9号、広島県に上陸した台風10号、千葉県を中心に暴風による被害があった台風15号、東日本で100人近い犠牲者を出した台風19号などと、相次ぐ災害により社会生活が脅かされました。

 特に台風19号の被害は凄まじく、経済産業省の集計(10月29日時点)では、中小企業関係の被害額だけで福島県1065億円、宮城県970億円、長野県777億円、栃木県768億円と、14の都県で総額4767億円の被害が出ました。普段は「自分たちは大丈夫」と思いがちですが、報道される映像を目の当たりにして、他人事とは思えなかった人も多いでしょう。

 自然災害に備えて、BCP(事業継続計画)対策を立てる考え方が広まってきています。大企業で先行していますが、例えば、データを東日本と西日本のデータセンターに分散して保管するような対策がその一つです。東西のデータセンターにデータを分散させることで、自然災害に遭ったときでも事業を継続できるようにします。

図:BCP対策としてデータセンターを東日本と西日本に分散する企業もある

 一方で、中小企業は大企業ほどBCP対策が進んでいません。「何か対策をしなければ」という意識は少なからずあっても、コストや労力を考えるとなかなか着手できない――、というのが実情でしょう。果たして、そんな中小企業によい解決策はあるのでしょうか。

中小企業は諦めるしかないのか――
簡単に導入できるBCP対策がある!

続きを読む

※経営力向上ラボの会員に登録していただくと、本文の続きが読めます。
会員の皆様には、経営力向上に役立つ情報を定期的にお届けします。

災害時にパソコンは守れない、「データだけ守る」という考え方を

 皆さんの企業にとって大事なデータはどこにあるでしょうか。顧客データや商品の受発注データのほか、経理や人事データなどです。サーバに加えて社員が日頃使っているパソコンにも重要データが保管されているケースが多いでしょう。ただ、ひとたび災害が起これば、パソコンを守ることは事実上不可能です。DVD/CDやUSBにデータをコピーしていても、助かるとは限りません。

 この「パソコン内にデータを保存している」というごく見慣れた光景こそが、災害時に事業継続を困難にする大きな要因です。ではどうすればよいのでしょうか。「パソコン内にデータを置かず、パソコンが壊れてもデータだけは守る」が答えです。

 中小企業庁でも、緊急時の事業継続のための対策の一つとして重要なデータのバックアップを推奨しています。
https://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_c/bcpgl_06.html

 そのためのツールの一つが、近年、普及が進んでいる「オンラインストレージ」です。会社で共有するデータ(ファイル等)を、インターネットのクラウド上に置くサービスです。仮にオフィスや事業所のパソコンが水没して動かなくなってしまっても、データをクラウド上に保存しておけば企業にとって大事なデータを水害などの被害から守ることができます。

図:オンラインストレージもBCP対策として有効

仕組みは分からなくてもいい VDIという新たな解も

 さらにデータだけでなく、動作する業務アプリケーションやソフトまで外部に持つソリューションがあります。それがデスクトップ仮想化(VDI)と呼ばれるものです。パソコンにはデータもアプリケーションもなく、処理や蓄積はサーバ側で行います。パソコンはサーバと通信して操作や画面表示だけを行うのですが、細かな仕組みを知らなくてもサポートが充実しているサービスを選べば運用面の心配も解消できます。

 VDIならば、データや業務アプリケーションはすべて事業者のデータセンターにありますから、目の前のパソコンが水没しても落雷で壊れても、大切なデータやアプリケーションを守ることができます。

パソコンのリプレース時期がBCP対策の好機

 中小企業がこのようなBCP対策の第一歩を踏み出すには、一つのよいタイミングがあります。それが「パソコンのリプレース」です。業務で使うパソコンをリプレースするタイミングで、BCP対策を実施するとよいでしょう。

 VDIは働き方改革にも有用です。働き方改革の推進でパソコンを社外で利用する機会が増えると、パソコンの紛失や盗難といったリスクが生じます。こうした万が一のときにも、VDIでパソコン内にデータが保存されていなければ情報漏洩のリスクを軽減できます。

 自然災害はいつ私たちに襲いかかるか見当も付きません。2019年の災害を振り返るだけでも、「自分たちだけは大丈夫」という過信がいかに危険であるかは感じられるでしょう。パソコンのリプレースを検討している企業だけでなく、「まだ使えるから」と古いパソコンを使い続けている企業も、今こそBCP対策に乗り出してはいかがでしょうか?

中堅・中小企業の課題は、NTT東日本にご相談ください

いつ来るかわからない自然災害に備えて
パソコンのデータを安全に保管しよう

経営の課題解決に向けたコンサルティングから、システム構築、保守・運用まで。
NTT東日本のサービスを実際に導入されたお客さまの課題や成果をご紹介しています。

おすすめの記事

  • 勤怠管理

スマートな勤怠管理を実現するクラウドソリューション

  • 開業・移転・増店

ITを味方にしたい経営者のための指南術

  • 働き方改革
  • クラウドPBX

電話の刷新がもたらした不動産業での働き方改革

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラで向上する高齢者介護施設のサービス

  • 働き方改革
  • データレスPC

クラウド環境のテレワークが運送会社の危機を救う

  • テレワーク
  • 働き方改革

マンガ「在宅勤務で資料を忘れて勤務不能に!?」

  • 開業・移転・増店

飲食店の再スタート、カギは厳しい今の準備の質

  • 働き方改革

取引先とすぐにWeb会議。どのツールを使う?

  • 開業・移転

マンガ「準備不足で新店舗が頓挫!?」

  • 開業・移転

もしブラック・ジャックが事業拡大の悩みに答えたら

  • 開業・移転・増店

人手不足でも増店・多店舗化を成功させる秘訣

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラのサービスは何がすごいのか

  • 働き方改革
  • テレワーク

中小企業に贈る、松本晃氏の「働き方改革論」

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

低コストなクラウド型カメラ「使い方10選」

  • 事業承継

かしこい会社の引き継ぎ方――ICTで倒産を防ぐ!

  • BCP
  • VDI

「パソコンではなくデータを守る」という考え方

  • 開業・移転

たった3つの取り組みで新規事業のリスクは減らせる

  • テレワーク
  • VDI

マンガ「ラボボ社、テレワークでずっこける」

  • 開業・移転
  • キャッシュレス

開業・移転でスタートダッシュを決める3カ条

  • システム運用管理
  • VDI

売り上げ、信用を失うリスクを防げ!

  • RPA
  • AI-OCR

こんなハズではなかった! とならないための失敗しないRPA導入のコツ

  • 働き方改革
  • テレワーク

好業績企業はテレワークを採用? 時短だけで終わらせない。業績もアップさせるポイント

  • システム運用管理
  • ICTサポート

ICTトラブル時の大敵「サポートのたらい回し」とお別れするには?

  • 働き方改革

社員の熱意を上げて職場を活性化!イキイキと働ける環境はこう作る

  • 働き方改革
  • ネットワークカメラ

ネットワークカメラで実現する働き方改革&人材育成

  • キャッシュレス

気になる!小さなお店の「キャッシュレス化」

  • システム運用管理
  • テレワーク

“ひとり情シス”の仕事術

  • RPA

「デジタルレイバー」と共存する社会へ

  • AI-OCR
  • RPA

入力待ち書類を一掃!「紙帳票の自動データ化」の威力

  • 働き方改革
  • RPA
  • AI-OCR

中小企業の“残業問題”はこうして解消する

  • 働き方改革

『残業学』の著者に聞く、長時間労働の原因と解決策

課題から探す

中堅・中小企業の課題に、
NTT東日本のICTソリューション。

オンラインセミナーで学ぶ

【新講座続々!】 豊富なオンラインセミナーで、
自席に居ながらICT活用について学ぶ

オンラインセミナー

導入事例

様々な事例から課題解決ストーリーをご紹介

導入事例

まずは、情報セキュリティ対策。

迫り来る脅威に対策を!

情報セキュリティ
トータルサポート

メールマガジンで情報力を高める
【Biz Drive】

NTT 東日本が運営するBiz Drive(ビズドライブ)は、皆さまのビジネスを加速し、
快適なスピードで経営を続けていくための、ICT(情報通信技術)を活用した情報をお届けするサイトです。

Biz Drive(ビズドライブ)

働く人に、ICTのチカラを。

NTT 東日本は、「情報セキュリティ強化」「業務効率化」「顧客満足度向上」「事業継続」「コスト見直し」などさまざまな分野で企業の課題解決のサポートをいたします。まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る