社員の力を引き出す

  • IT活用

逆風に挑む、中小企業の星(第3回)

ITと建設会社、相性は悪いかと思ったら!

中小企業が成長するヒントを実例から探る連載「逆風に挑む、中小企業の星」。「IT化とは結局のところ、誰のため、何のためか」。そこを忘れてはならないという教訓を、小柳建設の導入事例はとても雄弁に物語っています。ただ単に「時代の流れだから」とITツールを手にしたわけでは決してないのですね。小柳社長のお話からは、人材不足や古い慣習といった、業界に横たわる弊害をなんとか打破したいという狙いが見て取れます。そして実際、答えを出しているところが注目に値するわけです。知りたいことはいくつもあります。いったいどのように? 周囲からの抵抗は? 導入して何が変わった? そして何より誰のためになった? ナビゲーターの北村森が解き明かします。

小柳建設株式会社 代表取締役社長
小柳 卓蔵(おやなぎ たくぞう)氏
1981年、新潟県生まれ。日本大学法学部法律学科卒業。金融業界で勤務の後、2008年、父親が社長を務める1945年創業の総合建設会社、小柳建設に入社。2014年より3代目社長に就任。新潟県三条市に本社を置き、土木、建築をはじめ、埋蔵文化財調査、不動産などの事業を展開している。売上高77億円(2020年6月期)

「あなたは業界のことを知らない」と反発も

北村
まずここを聞きたい。建設業界、それも地方の建設会社がITを導入しようとするうえで、それを阻害するものは何ですか。
小柳
社長の高齢化でしょうね。ここが一番の問題だと私は思います。弊社は先代も28歳で代表取締役となりました。若いうちからいろいろと挑んだほうがいい、というのは先代の信念であり、それで私も32歳で会社を継ぎました。現在(2020年11月)、39歳です。私がもっと歳をとっていたなら「ITなんて手を出せない」と考えてかかっていたかもしれません。
北村
建設業界とITって相性はいいんですか、それとも……。
小柳
いや、「見て覚えろ、身体で覚えろ」という世界観が根付いている業界ですからね。それは阻害要因でしょう。金融業界にいた私が弊社に入った当初、IT導入を提案したら、「あなたは、この業界を分かっていないんですよ」「建設業は特別なんです」と周囲から諭されましたね。まあ、私が建設業界のことを知らなかったのは事実ですから、「ああ、そうですね」と、いったんは引きました。
北村
でも、そこで引いて終わったわけではなかった?
小柳
できるところからクリアしていきましたね。まずは、社員データと業務データの共有化です。その当時の一般的な建設会社と同様に当社も「データは人についていた」んです。でも共有化して社員が自由にアクセスできるようにしないといけないと私は考えました。会社というのはチームワークですからね。それに、財務もどんぶり勘定で何となく、という風習を変える必要も感じていました。そのためにはまず、データの共有化が不可欠でした。
北村
IT改革というと、何やら派手で大仰なイメージもありますけれど、そうやって内部から変えていった、と?
小柳
そうです。例えば、社長就任後は、年末調整書類のアプリ化も進めました。社員300人分を紙で処理するのは大変なんです。こういう地道なところから変えた結果、「あっ、社長の話すことは大丈夫なのかも」という空気感が醸成されていきました。IT化というのは、端的にいうと「仕組みをつくる」「仕組みを分かりやすくする」作業だと思っています。そこを鮮明にしたら抵抗感は薄れました。

古い価値観を拭い去る改革を

小柳
実は、建設業界もよその業界も変わらない側面があると思います。特に古くからある産業においては……。その1つが「努力に関する価値観」ですね。時間をかけた人が偉いとか、耐え忍んだほうが偉いとか。私が次に手をつけたのは、そういった価値観を払拭するための仕事です。人事考課がまずそれに当たります。プランニングを大事にしよう、ゴールに行き着くことを大事にしよう、そのためには結果を出そう、そして、なぜ良かったのか、なぜ悪かったのかを顧みようと。この方針には、社員の抵抗はなかったですね。
北村
その遂行にもIT化が寄与した、と?
小柳
まさにそうです。古い建設会社の“あるある”の1つに、「案件の原価を掌握しているのは部長だけ」というものがあります。部下は誰も原価を知らないんです。それではプランニングができないし、結果を出すとはどういうことかを考えることもできませんね。データの共有化がもたらしたのは、そうした部分の意識改革でもあるんですよ。
北村
社員もだんだんと理解を深めていったわけですね。
小柳
私が社長になって2年目には、社員の側から新たな提案も出てきたほどでした。「社内のすべてのデータをクラウド化しましょう」というものです。社員データから工事データ、経理データまで、本当に全部。ゴーサインをすぐに出しました。というのは、セキュリティの観点から言っても、当時のように自社内サーバーで管理している状態が最も安全かといえばそうではないんですね。例えば災害が起きて社屋に被害が及んでも、クラウド化していればデータは守られます。そもそも災害時に真っ先に動くべきは建設会社ですよね。それなのに自分の会社のデータが被害を受けていては話にならない。こういうところに足を引っ張られないためにも、クラウド化は有効な手立てなわけです。コスト面を考えても、自社内のサーバーを増強し続けるより、管理の手間を含めて考えるとメリットがあります。結果的には2015年にフルクラウド化を完了することができました。
北村
すべてのデータをクラウド化することで、社員の負担は?
小柳
全く問題ありません。「ああそういえば、ウチのデータってクラウド化されているんだっけ」と、時折ふと気づくというくらいなものです。それともうひとつ、社員の側から最初にクラウド化を提案してくれたのも、また大きかった。中小企業は「社長が主役」と捉えられがちですが、動くのは社員です。スポーツの試合と同じです。「監督はコートに下りない」、それが大事な場面があると私は考えています。

地方の建設会社が
マイクロソフトと組む!?
先進の複合現実の活用に
踏み切ったワケ

続きを読む

※経営力向上ラボの会員に登録していただくと、本文の続きが読めます。
会員の皆様には、経営力向上に役立つ情報を定期的にお届けします。

地方の建設会社が世界のマイクロソフトと組んで

北村

さらに2016年以降、今度は複合現実(Mixed Reality :MR)のアプリケーションとデバイスを仕事の現場に導入するという、意欲的な取り組みを始めましたね

※MRとは、仮想世界と現実世界を融合させる仕組みです。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を発展させた技術で、コンピューターグラフィックスによるホログラムを活用するなどにより、業務領域に効率化をもたらすことが期待されています。

小柳
2016年にマイクロソフトの展示会を視察するためにカナダへ向かいました。もうびっくりでしたね。これは映画の世界じゃないか、と……。新潟にいるだけでは気づかなかった話です。その後シリコンバレーにも行きました。
北村
そこから何をつかめた?
小柳
まず、働き方が違うな、と感服しました。ミーティングの仕方1つ、自由なかたちと言いますか……。そうして得たヒントを、私たちの会社に生かすことはできるとも確信しました。具体的には、マイクロソフトのヘッドマウントディスプレーを弊社の会議の場に導入しようという話です。
北村
いきなり、そこまで飛躍しましたか。
小柳
いえいえ、このヘッドマウントディスプレーを目にした瞬間に、「これは建設業界でめちゃくちゃ使える」と確信しました。当時の日本国内では、大手航空会社が、整備士の研修のために使っていた程度と聞きましたけれど、建設会社にこそ必要なデバイスだと。
北村
具体的にはどのように?
小柳
デバイスを装着して、実際に見てみてください……。今、映っているのは、橋梁を建設する時の事例です。私のほうで操作しますね。最初に見えるのは、川だけでしょう。何もない状態です。アプリケーション上で時系列を操作すると……柱ができ、橋をかけ、柵をしつらえるところまで、だんだんと画像が進んでいきましたね。視線を変えて見上げてみてください。ちゃんと上が映りますね。左右に関しても視点を移せば同じように変わります。歩き回ると、ちゃんと画像もついてくるでしょう。人間の直感的な動きに合わせて、画像を閲覧できるわけです。しかも1:1スケール(実物大)でもチェックできます。
北村
いやこれは見事です。素人の感想で恐縮ですが、楽しくもある。でもですよ、導入と運用のコストは相当なものでしょう。これにどういったメリットがあるのかは尋ねたい。
小柳
まず、関係者の移動時間が節約できます。ヘッドマウントディスプレーを装着してログインした全員が、たとえお互いに離れた場所にいても、同じ画像を共有しながらミーティングできるんですからね。次に、紙の図面と3Dでは仕事の精度が大違いなんです。この仕組みを使えば、寸法のわずかな間違いや、工事機材が現場に入らないというミスを事前に防げます。つまり、コスト面でも長い目で見れば軽減できる。現場の物理的・心理的負担を減らせることは言うまでもありませんね。社員をはじめとする関係者にとって、こうして工程を共有できることがどんなに助かることか。
北村
いやしかし、ここまでの3D画像を案件ごとに作成する工程は、社員の荷が重くなりませんか。
小柳
そんなことはないんです。3DのCADを覚えさえすれば、負担はありません。そう難しいスキルではないと断言できます。そして、できあがった画像はというと、これまでの2Dの立面図や断面図から、それぞれの関係者が頭の中で“3D化”するよりも、明らかに効率的であり、しかもブレがない。それを皆が共有できるメリットは大きいんです。
北村
だから建設会社こそ、この仕組みをと考えたのですね。
小柳
ここまでのシステムを完成させるまでは、マイクロソフトとの連携が不可欠でした。地方の建設会社が連携に臨めたことも、誇りに感じています。この導入によって、先ほどお話ししたように、工事の精度は高まり、より良いものが造れるようになりました。さらにその副産物として、社員の働き方にも改善がもたらされたわけです。会議も効率化され、工事に関しても無駄が省けるようになりましたからね。

社員の意識が劇的に変化した

北村
でも、本当に投資した意味があったのか、経営上それは賢明な判断だったのかは確認しておきたい。
小柳
ヘッドマウントディスプレーは1台およそ40万円。弊社はそれを10台導入し、さらに2020年の年末には5台以上追加します。このシステムを構築するのにかかった金額をお伝えするのはご容赦願いたいのですが、地方の建設会社が気軽に投資できる額ではなかったとはいえます。しかし、投資効果は大いにあったと確信しています。リターンは数字に表れています。そして、何より社員の意識が劇的に変わりました。表現するなら「こなす仕事」から「大事にする仕事」に変化したといいますか……。ITを活用することで「自分が今、何をしていて、何の結果を求めているのか」を常に意識できるようになった点が極めて大きい。そして社員の残業時間も減りました。これは効率化のなせる業であったと感じています。もっといいますと、社員の定着率が高まり、大卒の新卒社員のエントリーも意外なほど伸びました。
北村
地方の建設会社において、異例の先進的なIT化であり、異例の投資。でもそれは正解だった、と?
小柳
はい。複合現実アプリケーションとデバイスの導入がもたらしたのは、データの共有化にとどまらず、高い意識の共有化であったとも断言できますね。
北村
建設業において意識の共有化の持つ意味は?
小柳
本社から離れた現場が業務の主な舞台である建設業では、従業員の意識の共有化はこれまで非常に難しかったんです。しかし、今はネットワークを使い、クラウドを活用して、複合現実を使いこなせば、それが可能になり、飛躍的に生産性を上げることができます。建設業の生き残りはこうした変化に対応できるかどうかにかかっていると思います。
ナビゲーター
北村森の眼

 変化を楽しもう。これが小柳建設のコーポレートメッセージだといいます。建設業界において、変わることを決断するのは経営者として大きな覚悟が必要だったのではないかと察します。でも変わった先には、工事の精度が上がり、社員の意識も高まり……といった目に見える効果があった、という事実をよく理解できました。地方の建設業界は旧弊にとらわれている、という見方こそが固定観念だったと、私は反省しましたね。業界の問題ではないのですね。個別の企業が何にどう挑むかの話です。コロナ禍が長引いている今だからこそ、変化することをいとわない意識が肝要という社長の言葉がまた、ひときわ耳に残りました。


ナビゲーター
北村 森(きたむら もり)
1966年富山市生まれ。慶應義塾大学卒業。日経トレンディ編集長を経て、2008年に独立。消費トレンド分析、商品テストを専門領域とし、NHKラジオ第1「Nらじ」、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」などに出演するほか、東京新聞/中日新聞など8媒体で連載コラム執筆を担う。また、ANA「北村森のふか堀り」をはじめとした地域おこしプロジェクトにも数々参画。著書『途中下車』は2014年、NHK総合テレビでドラマ化された。サイバー大学IT総合学部教授。

中堅・中小企業の課題は、NTT東日本にご相談ください

テレワークに取り組むなら
まずはここをチェック!

経営力向上ラボでは、中小企業に役立つ記事を掲載しています。ぜひ併せてお読みください。

おすすめの記事

  • テレワーク

フレキシブルで多様な働き方を実現するシェアリングオフィス

  • テレワーク

理想の働き方をテレワークで実現するアプローチ

  • テレワーク

テレワークの悩みをなくす「5カ条」

  • テレワーク

マンガ「社長、テレワークの普及者に?」

  • テレワーク

マンガ「テレワークリベンジ 全社で取り組むために」

  • 開店・増店

コストを抑えてテイクアウトに挑戦!

  • テレワーク

テレワークは非効率な仕事に気付くチャンス!

  • DX

尾原和啓氏が明かす真の「中小企業DX」とは

  • IT活用

ITと建設会社、相性は悪いかと思ったら!

  • オンライン営業

マンガ「オンライン vs リアル。激しい営業バトル勃発?」

  • テレワーク

中小企業テレワークの意外な落とし穴【仕組みづくりの思わぬ壁】

  • オフィスの在り方

時代が愛した男、隈研吾(下) 地方再興、エルメスの蹉跌、バーチャル校舎で活気

  • オフィスの在り方

時代が愛した男、隈研吾(上) オフィスはアイデンティティー体現の場

  • テレワーク

テレワークに、町工場の職人が挑んだ!

  • IT活用

誰も犠牲にならない飲食店運営を

  • データ経営

「しない経営」に隠された真実、土屋専務がいま明かす

  • テレワーク

うまくいかなかったテレワーク……【環境はこう整える】

  • テレワーク

マンガ「社長、Web会議でご乱心!?」

  • テレワーク

これを押さえればテレワークは大成功!【情報漏洩はこう防ぐ】

  • テレワーク

サイボウズ青野慶久氏が語るチームワークの極意

  • テレワーク

テレワークをやってみて分かった7つの落とし穴

  • オンライン教育

オンライン教育が「多様な」人と社会を生む

  • ECサイト

2大勘所を押さえてECサイトを成功させよう

  • 開業・増店
  • IT活用

マンガ「ソーシャルディスタンスを守って恋も商売も繁盛?!」

  • オンライン研修

拡大する「オンライン研修」を中小企業が取り入れるコツ

  • 勤怠管理

マンガ「タイムカードをごまかして深夜残業。社長が捕まる?」

  • クラウド
  • システム運用管理

クラウドを売上増につなげる成功ポイント

  • 開業・移転・増店

2年で5店舗の成功術は「独立前の経験」と「人脈」の両輪

  • 開業・増店

数々の困難を乗り越えて日本一のカレーチェーンに、創業者・宗次德二氏が語る開業、増店、運営の鉄則

  • オンライン診療

オンライン診療、「非対面」の意外なメリットと課題

  • 勤怠管理

スマートな勤怠管理を実現するクラウドソリューション

  • 開業・移転・増店

ITを味方にしたい経営者のための指南術

  • 働き方改革
  • クラウドPBX

電話の刷新がもたらした不動産業での働き方改革

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラで向上する高齢者介護施設のサービス

  • 働き方改革
  • データレスPC

クラウド環境のテレワークが運送会社の危機を救う

  • テレワーク
  • 働き方改革

マンガ「在宅勤務で資料を忘れて勤務不能に!?」

  • 開業・移転・増店

飲食店の再スタート、カギは厳しい今の準備の質

  • 働き方改革

取引先とすぐにWeb会議。どのツールを使う?

  • 開業・移転

マンガ「準備不足で新店舗が頓挫!?」

  • 開業・移転・増店

人手不足でも増店・多店舗化を成功させる秘訣

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

クラウド型カメラのサービスは何がすごいのか

  • 働き方改革
  • テレワーク

中小企業に贈る、松本晃氏の「働き方改革論」

  • 働き方改革
  • クラウド型カメラ

低コストなクラウド型カメラ「使い方10選」

  • 事業承継

かしこい会社の引き継ぎ方――ICTで倒産を防ぐ!

  • BCP
  • VDI

「パソコンではなくデータを守る」という考え方

  • 開業・移転

たった3つの取り組みで新規事業のリスクは減らせる

  • テレワーク
  • VDI

マンガ「ラボボ社、テレワークでずっこける」

  • 開業・移転
  • キャッシュレス

開業・移転でスタートダッシュを決める3カ条

  • システム運用管理
  • VDI

売り上げ、信用を失うリスクを防げ!

  • RPA
  • AI-OCR

こんなハズではなかった! とならないための失敗しないRPA導入のコツ

  • 働き方改革
  • テレワーク

好業績企業はテレワークを採用? 時短だけで終わらせない。業績もアップさせるポイント

  • システム運用管理
  • ICTサポート

ICTトラブル時の大敵「サポートのたらい回し」とお別れするには?

  • 働き方改革

社員の熱意を上げて職場を活性化!イキイキと働ける環境はこう作る

  • 働き方改革
  • ネットワークカメラ

ネットワークカメラで実現する働き方改革&人材育成

  • キャッシュレス

気になる!小さなお店の「キャッシュレス化」

  • システム運用管理
  • テレワーク

“ひとり情シス”の仕事術

  • RPA

「デジタルレイバー」と共存する社会へ

  • AI-OCR
  • RPA

入力待ち書類を一掃!「紙帳票の自動データ化」の威力

  • 働き方改革
  • RPA
  • AI-OCR

中小企業の“残業問題”はこうして解消する

  • 働き方改革

『残業学』の著者に聞く、長時間労働の原因と解決策

課題から探す

中堅・中小企業の課題に、
NTT東日本のICTソリューション。

導入事例

様々な事例から課題解決ストーリーをご紹介

導入事例

オンラインセミナーで学ぶ

【新講座続々!】 豊富なオンラインセミナーで、
自席に居ながらICT活用について学ぶ

オンラインセミナー

メールマガジンで情報力を高める
【Biz Drive】

NTT 東日本が運営するBiz Drive(ビズドライブ)は、皆さまのビジネスを加速し、
快適なスピードで経営を続けていくための、ICT(情報通信技術)を活用した情報をお届けするサイトです。

Biz Drive(ビズドライブ)

働く人に、ICTのチカラを。

NTT 東日本は、「情報セキュリティ強化」「業務効率化」「顧客満足度向上」「事業継続」「コスト見直し」などさまざまな分野で企業の課題解決のサポートをいたします。まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る