Windows7のサポートが2020年1月で終了!

Windows7のサポートが2020年1月で終了!

その対応と対策をわかりやすく解説

マイクロソフト社が公式に2020年1月14日を持ち、Windows7のサポート終了を発表しました。
Windows7でも使えているから大丈夫だと思ってサポート終了後も使い続けると思わぬリスクが襲い掛かってくることになります。

全部アップグレードする?
それとも新しくパソコンを
全部買い換える?

全部アップグレードする?それとも新しくパソコンを全部買い換える?

OSサポート終了で無防備な状態のパソコンは、パフォーマンスが著しく低下したり、最悪のケースとしてパソコンの乗っ取りや個人情報の漏えいにつながりかねないため、会社の大きな不利益となる可能性があります。早急にWindows10へ移行することが急務となりますが、保持しているパソコン全てをOSアップグレードするか、それともWindows10が搭載された新しいパソコンに買い替えるか、どちらが解決法としてベストか迷っていませんか?
両方とも情報セキュリティリスクは解消されるものの、前者はパソコン1台ずつ更新作業が必要となるため相当な手間を要し、後者は手間を要さない代わりに莫大なコストが必要となります。実はクラウド化による一元管理であれば、それらのデメリットが同時に解決できるのです。なぜなら、クラウドだとOS更新も一括で完了できる上に、既存のパソコンをクラウドにつなげるだけで良いので買い替える必要もないからです。リミットが迫っている中、効率的にすべてを圧縮できるのがクラウドによる一元管理という解決策です。

漫画で解説!

情シスを救う、
新たな解決策・クラウド化!

1

Windows7が切れるまであと半年、パソコンを今から管理して間に合うのか?
Windows7が切れるまであと半年、パソコンを今から管理して間に合うのか?

2

時間がないし、予算もない

3

自分一人でなんとかするか、社長に予算を掛け合うって手しかないのかなあ
自分一人でなんとかするか、社長に予算を掛け合うって手しかないのかなあ

4

全部まとめてパソコン管理をお願いできるサービス「パソコン環境のクラウド化」

例えばNTT東日本の
おまかせクラウドVDIなら、
こんなメリットがあります

おまかせクラウドVDIは、「Amazon WorkSpaces」の手軽な利用をサポートする、設定・監視・運用代行サービスです。

ご利用にはNTT東日本から提供されたAWSアカウントおよびAmazon WorkSpacesのご契約が必要です。

「Amazon WorkSpaces」は、Amazon Web Services,Inc.が提供する、クラウド型仮想デスクトップサービスです。

  • ADVANTAGE 01

    端末ごとの必要はなく一元管理

    一元管理
  • ADVANTAGE 02

    365日の運用サポート お問合せ時間帯(9:00-21:00)

    運用サポート
  • ADVANTAGE 03

    導入まで最短5営業日

    最短5営業日
情シスにやさしいサービスがあります!NTT東日本に相談!
情シスにやさしいサービスがあります!NTT東日本に相談!

まとめ

結論として、クラウド化には
以下のような導入メリットがあります。

  • OSの更新作業が
    わずか数日で完了できる
  • パソコンを買い替えるなどの
    初期費用が抑えられる
  • 来年1月以降
    情報セキュリティも
    安心・安全な状態を維持できる
  • NTT東日本であれば、
    クラウドにおける管理
    おまかせできる

以上のことから、サポート終了に備えて
クラウド化することをおすすめします。

ページ上部へ戻る