輸出・輸入 世界の導入状況

国際基準であるHACCPは、世界各地での導入の広がりを見せています。
日本はどの国からでも食品を輸入できますが、HACCP導入国へ輸出する際はHACCP認定工場でなければ食品を輸出することができません。
食品の輸出へのかかわりや、世界中が食の安全を求めている時代に日本がHACCPを導入していないのは大きなマイナスになってしまいます。 HACCP導入を検討する国も増えてきており、これからも世界的に対象範囲の拡大、HACCPの義務化が進んでいくことでしょう。

各国の導入開始時期

米国

米国(1997年~)

食品安全強化法により、国内で消費される食品すべてにおいてHACCP導入を義務付け

台湾

台湾(2003年~)

水産食品、食肉製品、乳製品において、順次HACCP導入を義務付け

中国

中国(2009年~)

食品安全法において、HACCP導入による食品安全管理水準の向上を奨励

韓国

韓国(2016年~)

輸入食品安全管理特別法において、特産物についてHACCP導入の有無により輸入時検査等を区分

EU

EU(2006年~)

一時産品を除くすべての食品についてHACCP導入を義務付け

カナダ

カナダ(1992年~)

水産所K品、食肉製品いついて、順次HACCP導入を義務付け

GCC諸国

GCC諸国(2015年~)

GCC共通食品輸入規制において、HACCP導入を規定

ブラジル

ブラジル(1998年~)

水産食品についてHACCP導入を義務付け

HACCP導入へのお悩み・お困りごと
お気軽にご相談ください

お問い合わせ別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る