よくある質問

HACCPの義務化はいつからで、いつまでに対応が必要?

法律の公布日は2018年6月13日で、2年以内に施工することとされておりますが、施工後さらに1年間の猶予期間を設けており、結果として3年間程度の準備期間が設けられています。

もっと詳しく >

HACCP導入の対象となる業種は?

製造や加工事業も含め、食にかかわるすべての事業者が対象です。
さらに事業の内容によって2種類の取り組み方法に分かれ、どの程度HACCPを導入すべきかが異なります。

もっと詳しく >

HACCPを導入して期待できることは?

衛生管理が「見える化」されることにより社員の意識が向上し、クレームや事故も減り安全な商品を提供できます。
また、万が一製品に問題が生じた場合も、迅速に対応ができるようになり事業活動への好影響が期待されます。

もっと詳しく >

HACCPを導入しないと罰則があるの?

食品衛生法に、HACCP義務化を定めた法律がありますが罰則について定められているわけではありませんが、「条例で必要な規定を定めることができる」と記載されています。

もっと詳しく >

HACCP対策、何をしたらよいかわからない。

食品事業者は、事業の内容によって2種類の取り組み方法に分かれ、それぞれ求められる衛生管理を行いますが、自身の事業所でまず何をしたらよいかわからない場合、NTT東日本では、HACCPの専門知識を持ったコンサル企業の紹介をしています。
まずは無料診断ツールであなたのHACCP認知度を確認してみましょう。

もっと詳しく >

食品の輸入・輸出にも関係しているの?

現在、世界中でHACCPの導入が進められており、HACCP導入国へ食品を輸出する際はHACCP認定工場でなければ食品を輸出することはできません。今後は、輸出先国が求めるHACCPに対応することが必要となります。

もっと詳しく >

IoTで管理できるってホント?

衛生管理のさらなる制度化で、人手不足が課題となることが多いかと思いますが、NTT東日本のIoT温度管理サービスな ら、冷蔵庫や冷凍庫・重機設備等の温度の測定から記録・管理まで実現可能です。また、温度に異常判定が出た際にはアラート通知が可能で、現場から離れていても柔軟に対応することができます。
HACCP制度の一部を自動化することで、手作業での温度管理の手間が減り、より確実な記録管理を行えます。

IoT温度管理サービスについて詳しく >

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る