クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tips防犯カメラにネットワークカメラがおすすめな理由は?選び方や活用方法も紹介

防犯カメラが進歩し、近年ではインターネット経由で映像を確認・操作できるネットワークカメラが主流となってきています。

今回の記事では、防犯カメラや見守り用カメラとしてネットワークカメラがおすすめの理由や、利用用途ごとの選び方、法人での活用事例などについて紹介していきます。

1.ネットワークカメラがおすすめな理由

1. ネットワークカメラがおすすめな理由

ネットワークカメラとは、インターネットに接続して利用できるカメラです。IPカメラとも呼ばれ、カメラにIPアドレスが割り振られています。

カメラの映像はインターネットを通じてリアルタイムで確認でき、操作も遠隔で行うことが可能です。似た製品としてWebカメラがありますが、ネットワークカメラは本体にコンピューターが内蔵されており、電源ケーブルが不要でLANケーブルか給電できるPoE(Power over Ethernet)というシステムがある点などが違いです。

そのため、スペースをとらずに接続しやすく、高機能なカメラとして防犯カメラや見守り用カメラとして近年では活用が増加しています。

①ネットワークカメラのメリット

ネットワークカメラを利用するメリットを紹介します。

(1)設置がしやすい

ネットワークカメラは他のカメラよりも、場所を選ばず簡単に設置できます。電源ケーブルが不要でLANケーブルで給電できるものや、Wi-Fi対応のものであれば内蔵電池があればワイヤレスでの運用も可能です。その場合、定期的に電池の充電は必要になります。

(2)カメラの位置を変えやすい

映像の保存方式はいくつかありますが、レコーダーを利用せずクラウド上にデータを保存する形式のものであれば、LANケーブルがあれば配置できます。通常、カメラ本体に加えてレコーダーも近くに設置するため、カメラの位置は一度設置したら変更しにくいですが、ネットワークカメラは柔軟に設置場所や角度を変えられるなど、自由度が高いです。

(3)映像が綺麗なことが多い

LANケーブルをつなぎ映像をレコーダーやクラウドストレージに転送する方式を利用すれば、データが劣化せず鮮明な映像を保存できます。防犯カメラとして証拠映像を残したい場合、拡大しても鮮明に見えることが多く、他のカメラよりも適しています

(4)アプリで遠隔操作可能

ネットワークカメラは専用の操作・確認アプリがあり、現地にいなくても遠隔操作が簡単にできます。スマートフォンから操作・確認をするものから、パソコンの専用アプリまたはブラウザ上で複数のカメラを操作・確認するものなど、幅広い活用が可能です。

操作の内容も事前にセットして置いたものを利用すれば、複雑な操作をすることなく簡単に希望のアングルに変更できる製品も数多くあります。

(5)景観を損ないにくい

ネットワークカメラのなかでも有線LAN接続のものは電源が必要ないタイプが多く、また無線LANに対応しているものあるため、必要な配線が少ないです。そのため、店舗などの内装に溶け込みやすく、景観を損ないにくいです。

②ネットワークカメラのデメリット

一方、ネットワークカメラにはデメリットも存在します。

(1)アナログカメラより値段が高い

これまでの防犯カメラなどより高性能な分、価格は高めとなっています。最近は種類が増えてきたため、ある程度購入しやすい値段のものも登場しています。

(2)映像の遅延など、接続が不安定なケースも

インターネット回線を利用するため、通信の安定性は回線に左右されます。また、データを圧縮して転送するため映像が少し遅延することもあります

無線のタイプのものは有線のものと比較して、ルーターの電波の範囲内でも距離が遠くなると不安定になることもあります。

(3)屋外での設置は配線が必要なケースが多い

屋外に設置する場合、電源の供給やLANケーブルなどの配線が必要です。無線LANが届かない範囲では、アナログカメラと同じような配線が必要になるケースもあります。それでも、他のカメラよりも配線をしなくてすむケースは多いです。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る