クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tips防犯カメラの中で、ネットワークカメラを選ぶメリットとは?

防犯カメラでネットワークカメラを使うメリット

従来のアナログ防犯カメラの場合、設置した防犯カメラの近くに録画機も設置しなければならず、監視専用のモニターでなければ映像を確認できません。さらにアナログデータを録画機側で保存する際に、デジタルデータに変換するため画質が悪くなる上に、録画テープや録画機の定期的な交換など保守管理費用も高くかかります。

それに比べネットワークカメラの場合、防犯カメラとは離れた場所にハードディスクを設置可能です。またクラウド保存の場合は録画機が不要となります。専用モニターも必要とせず、ネットワークに接続されたPCのほか、スマートフォンやタブレットでも防犯カメラの映像を監視・遠隔管理が可能になるなど数々のメリットが存在します。

クラウド保存で録画機も不要

ネットワークカメラの中でも、クラウドシステムを導入した防犯カメラは、インターネットと接続しクラウド上に映像を保存します。そのため録画機を設置する必要がなく、初期費用を抑えることができます。さらに一般的な防犯カメラの録画機は、耐用年数が約5~6年と言われています。そのため、録画機器の保守管理・メンテナンス費用がかかります。

クラウド保存する防犯カメラの場合、月々のクラウド利用料がかかりますが、録画機を必要としないため保守管理もメンテナンスも、設置場所を確保する必要もありません。録画映像のクラウドへの保存期間にもよりますが、月々の費用は1,000円前後から利用することも可能です。また保存期間内であれば録画映像の必要な部分だけを、PCなどにダウンロードすることもできます。

さらにネットワークカメラはPoE(LANケーブルで電源を供給する技術)に対応した製品が数多く、配線がLANケーブルのみとなるので、アナログカメラの同軸ケーブルのように配線が複雑にならず工事費も抑えられます。

セキュリティ面でも安心

ネットワークカメラの大きな利点として、セキュリティに優れていることも挙げられます。一般的な防犯カメラの場合は、カメラもしくはカメラの近辺に設置した録画機に映像を保存します。そのため防犯カメラ自体を破壊されSDカードを抜き取られたり、録画機を盗まれるなどの被害にあった場合、当然ながら映像を確認することもできなくなります。

セキュリティ面でも安心

ネットワークカメラの場合は、防犯カメラとは離れた場所に録画機を設置することも可能ですし、クラウド保存した場合は録画機を盗まれる心配すらありません。そのため万が一、防犯カメラを破壊されたとしても犯行直前までの映像をきちんと記録することができます。

さらにクラウド保存の映像データは、通常暗号化された状態で通信を行うので、情報漏洩の危険性は極めて低くなります。これによりセキュリティ面でも大きなメリットがあることが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

一度にカメラを複数管理できる

従来のアナログ防犯カメラは、カメラと配線でつながれた専用のモニターでなければ、映像を確認できませんでした。それに比べ、ネットワークカメラはインターネットを介することが可能なので、インターネットに繋がったPC・スマートフォンなどからアクセスすれば、いつでもどこでも映像を確認することができます。

さらに最近のネットワークカメラは音声録音も同時にできたり、動体検知機能などもあり、異常があった際にはアラームでお知らせしてくれるものまであります。

一度にカメラを複数管理できる

複数箇所に防犯カメラを設置した場合でも、ネットワークを通じて1台のPCなどの通信端末で複数のカメラを同時に管理することも可能です。現場が離れていてなかなか足を運べない場合でも、複数の店舗や物件を管理されている場合でも、複数の防犯カメラを一元管理できることは大きなメリットといえるでしょう。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る