クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tips防犯カメラの中で、ネットワークカメラを選ぶメリットとは?

防犯カメラの中で、ネットワークカメラを選ぶメリットとは?

近年、街中のいたるところで目にする防犯カメラ。事件や事故があるとニュースでも「防犯カメラの映像を検証する」という言葉が使用されることが多い点からも、あらゆるところで防犯カメラが活躍していることがわかります。年々防犯カメラの需要も高まり、治安を維持するために町内会や商店街での導入も増えています。

そんな防犯カメラですが、従来の「アナログ防犯カメラ」から「デジタル防犯カメラ(ネットワークカメラ)」へと移行しつつあります。

そこで今回は、そもそも「ネットワークカメラ」とは何なのか、アナログ防犯カメラとの違いやどんなメリットや注意点があるのかなどを比較しながら、解説していきたいと思います。

今や防犯カメラの主流?ネットワークカメラとは?

ネットワークカメラとは、カメラで撮影した映像をネットワークを通じて、パソコンや携帯電話などから見ることができるデジタルビデオカメラの総称です。カメラ1台1台が個々のIPアドレスを持ち、カメラで撮影した画像を、直接ネットワークを通じて転送することができるコンピュータ(Webサーバ)としての機能を持っているため「IPカメラ(アイピーカメラ)」とも呼ばれます。

中には「WEBカメラ」と混同して捉えている人も多いようですが、使用用途が異なります。WEBカメラはUSBケーブルなどを用いてPCと接続し、利用するのが前提でカメラ単体では動作しません。ノートパソコンの上部に付いているカメラもこのWEBカメラで、利用者自身や近辺を映すビデオチャットなどに一般的には用いられます。

ネットワークカメラは有線LANでの接続のほかに、無線LAN・wi-fi対応の機種もあり、同じネットワークに接続されたPCやスマートフォン、タブレットなどから通信して、映像を受信したりカメラの操作をすることができます。防犯カメラとして利用されるほか、見守り・監視・モニタリングなど様々な用途で利用されています。

従来のアナログカメラに比べ、画像にノイズが入らず鮮明に映るため、特に防犯カメラとしての需要が大幅に増えています。最近では夜間でも車のナンバーをはっきり映せるほど、画質が良い商品が出回っています。

またネットワークカメラシステムの中にも、DVR(デジタルビデオレコーダー)やNVR(ネットワークビデオレコーダー)などのアプライアンス型の録画装置を使用するシステムと、インターネットを通じてクラウドサーバー上に映像を保存し、遠隔地からでも一括監視・管理ができるクラウド型システムが存在します。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る