クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tipsスマートフォンやアプリで遠隔操作もOK!防犯カメラの操作方法

スマートフォンやアプリで遠隔操作もOK!防犯カメラの操作方法

年々、身近に感じられるようになった防犯カメラですが、気にはなっていても、実際にどのように使えばいいのかわからないということも多いのではないでしょうか。単純に映像を撮影・録画するだけではなく、用途や目的にあわせて、防犯カメラの機能も多様化しています。

中でも大きく変わってきているのは、防犯カメラを遠隔から視聴・操作できるという点です。防犯カメラを設置している場所にいなくても、遠く離れた場所からリアルタイム映像や録画映像を確認できるようになりました。防犯意識の高まりとともに、この10年ほどで、スマートフォンの普及率があがったのも、遠隔操作が主流となってきた要因といえます。

そこで今回は、スマートフォンを使って遠隔操作も可能な、防犯カメラの主な操作方法についてご紹介します。

防犯カメラの主な操作方法

基本的に防犯カメラの操作方法は、どのタイプも大きな違いはありませんが、利用用途や目的によって、独自の使い方や機能が備わっていることがあります。ここでは、最新のネットワークカメラや、クラウド型カメラの代表的な操作方法をご紹介します。

録画再生

防犯カメラで撮影した映像は、録画機器やクラウド上に保存されます。これらの映像は、録画機器につなげたモニターやパソコンのほか、最近はスマートフォンやタブレットでも確認できるようになっています。

録画機器であれば、データを保存したSDカードを取り出して確認したり、テレビの録画を見るように直接HDDにアクセスしたりして、撮影した映像を確認します。パソコンやスマートフォンから録画した映像を見る際は、設置したカメラ専用の管理画面や専用アプリにログインして、撮影した映像を再生します。もちろん日付や時間帯を絞り込んで録画映像を検索できるため、映像探しに時間を取られず、必要な部分だけがすぐに確認できます。

リアルタイムでの映像確認

監視カメラとして使うことも多い防犯カメラは、撮影している様子をリアルタイムで確認することができます。

設置した防犯カメラとモニターを繋げていた場合、今まさに撮影している映像を、近くのモニターに映し続けることができます。管理画面を操作するだけで、見たい場所の映像に切り替えられるほか、複数のカメラ映像をまとめて視聴可能です。

パソコンやスマートフォンでも、WEBページなどの専用管理画面にログインして、リアルタイムの映像を見ることができます。WEBページの場合、どこからでもアクセスできるので、遠隔地からでもアクセスして、リアルタイム映像を視聴することが可能です。

設置しているカメラによっては、リアルタイムで映像を見ながら、気になった部分をズームにしたり、レンズの向きを変えたりといった操作を行うこともできます。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る