クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tips防犯カメラの設置方法と注意点を知っておこう!

【設置場所別】防犯カメラの設置方法

防犯カメラの設置場所は、主に屋内か屋外かに分かれます。
何を撮影したいのか、どんな目的があるかによって、設置場所や設置する防犯カメラの種類も変わります。ここでは「屋内」「屋外」にわけて、場所別の基本的な設置方法、適している防犯カメラのタイプなどを解説いたします。

屋外

屋外に防犯カメラを設置する場合、主な設置場所となるのは、出入口や駐車場、建物の外周などです。

・出入口

出入口からの侵入を防ぎ、不審者を撮影する目的で出入口に防犯カメラを設置するため、基本的に出入口の上部に入口に向かって設置します。

・駐車場/駐輪場

車上荒らしや盗難などを防ぐため、駐車場や駐輪場などにも防犯カメラは設置されます。自宅やその他敷地内などで、近くに建物や屋根がある場合は、全体が監視できる建物・屋根部分に取り付けると良いでしょう。また周りに建物などがなく、駐車場などが離れた場所にある場合などは、防犯カメラを設置するためのポールを立てて、そこに防犯カメラを設置します。

【屋外】防犯カメラの設置方法

・建物の外周

死角が多く、空き巣や不審者の侵入口として狙われやすい外周は、柵や塀などを乗り越えて侵入する前後となる部分が撮影できるように、防犯カメラを設置します。すぐ建物があるなら、建物の中で外周を撮影できる位置に設置するか、難しければ防犯カメラ用のポールを立てることもあります。

屋外に防犯カメラを設置する際に考えておきたい機能は「防水仕様」と「夜間監視」です。屋外では、雨やホコリの影響が大きく、屋内向けの防犯カメラを設置すると、これらに対処できずに故障の原因となってしまう場合があるので、防水機能・防塵機能などが備わっている防犯カメラを選びましょう。

また屋外に設置する場合、夜間の明るさを考えなくてはいけません。常に夜間も照明に照らされている場所なら必要ないですが、街灯も少ない場所などは「夜間監視」機能が付いている防犯カメラを設置すると良いでしょう。

屋内

屋内に設置する場合、一般的にドーム型やボックスタイプ、家庭であればコンパクトな置き型の防犯カメラが多く使われています。

屋外用の防犯カメラと違って、威嚇効果が少なく、内装や室内のインテリアを邪魔せず目立たないドーム型は、エレベーターやマンション・ビルのエントランスなどへ、安心のために設置されています。

またボックス型の防犯カメラは、レンズが一方向なため広範囲を撮影できないので、一定の場所を撮影し、威嚇効果を高め不審者などに防犯カメラを意識させる目的で設置されることが多いです。

【屋内】防犯カメラの設置方法

屋内に防犯カメラを設置する役割はさまざまで、不審者の侵入監視や自宅のペットの見守りから、老人ホームや病院・自宅などにいる高齢者の確認、店舗にて不正などがないかの業務管理やお客様とのトラブル時の状況確認まで、その利用方法は多岐にわたります。

例①:オフィスなど

人の出入りも多く、重要書類なども取扱うオフィスでは、威嚇効果のある防犯カメラというよりも、広範囲が撮影できるドーム型などを選ぶと良いでしょう。外から室内が見える部分や、死角となりそうな部分は、防犯効果の高いボックスタイプを設置するのも一つの方法です。

例②:店舗など

店舗へ防犯カメラを設置する際は、オフィスなどと違って、威嚇効果を発揮させた設置方法も取り入れると良いでしょう。レジ周りや入口などは、不正防止や不審者抑止のためボックスタイプの防犯カメラなどを設置し、店内は広範囲で撮影可能なうえ、内装の雰囲気も邪魔をしないドーム型の防犯カメラを設置すると良いかもしれません。

例③:自宅など

最近は個人宅にも防犯カメラを設置する人が増え、室内であれば特に工事が必要ない、コンパクトな置き型タイプのカメラも登場しています。不審者の侵入口となりそうな出入口や窓側の防犯対策として取り付けるほか、ペットや子ども・高齢者の見守りとしても、防犯カメラは活用されています。

まとめ

初めて防犯カメラを設置する方向けに、防犯カメラを設置するにあたって覚えておきたいポイントをご紹介しました。もちろん今回ご紹介した事例だけでなく、設置場所や用途、目的に応じて防犯カメラの設置方法は多岐にわたります。

防犯カメラを取り付けようと思い、せっかく購入したのに、いざ設置しようとしたら環境に合わずムダになってしまうこともあります。そんなことがないよう、事前に設置場所や状況を把握して、取り付ける防犯カメラや設置方法を確認したうえで、どのタイプの防犯カメラを購入するのが最適か必ず確認しておきましょう。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る