クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tips防犯カメラの設置方法と注意点を知っておこう!

防犯カメラを設置・取り付ける際の注意点

防犯カメラを設置することは、犯罪抑止に大きく貢献するとされています。それは防犯カメラを取り付けていることで、犯罪者からは「防犯意識が高い」と判断され、犯罪者から狙われにくくなる効果があるのです。実際にお店や家などに防犯カメラを設置したことで、万引きや空き巣被害の減少に繋がったということもあります。

そこで防犯カメラを設置するにあたって、どのような点に注意する必要があるでしょうか。

防犯カメラを設置・取り付ける際の注意点

注意点① 防犯カメラの設置場所

どんな場所に、防犯カメラを設置するのが良いのでしょうか。屋内か屋外、どこを監視したいのかなど、防犯カメラを設置する用途や目的を明確にしておくようにしましょう。

たとえば玄関などの出入口に防犯カメラを取り付けることで、空き巣や不審者の侵入を防ぐことができます。防犯カメラは入口側を映すようにすることで、出入りする人も把握できますし、ドアの鍵を開けようとする姿も捉えることができます。

また窓からの侵入も多いため、人目に付きにくく、窓からの侵入が出来そうな低層階の部分も、防犯カメラを設置することでセキュリティの強化が可能になります。ほかにも建物側を映すのではなく、外側に向けて設置することで、不審者への威嚇やイタズラ防止に繋げることができます。

注意点② 防犯カメラが撮影する範囲

防犯カメラの種類によって、その撮影範囲は違います。撮影する範囲を把握せずに設置してしまうと、結果的に不審者の顔がぼやけてわからなかったり、車のナンバーなども特定できなかったりと、せっかく防犯カメラを取り付けた意味がありません。こうしたことがないように、用途と撮影範囲が適した防犯カメラを設置することがポイントです。

基本的に屋内には近距離用、屋外向けには長距離用のタイプが多く用いられます。最近は、屋内向けでも、広い範囲が撮影できる広角レンズも増えてきています。

注意点③ 設置場所に合うカメラの選出

防犯カメラの設置場所を決めたら、そこへ取り付けるカメラを選ぶ必要があります。なお取り付ける防犯カメラは、設置する場所に合わせて選びましょう。

現在、防犯カメラにはさまざまな種類が登場しており、目的や場所に合わせた機能を持っています。家庭用であれば、場所を取らないコンパクトタイプ、屋外だと防水機能や夜間監視ができるものなどがあります。屋外を監視するのに、防水機能などがない屋内用カメラを設置しても、うまく機能しないまま壊れてしまうこともありますので、注意が必要です。

注意点④ 防犯カメラの用途

防犯カメラを設置する用途や目的も、取り付ける前に考えなくてはいけないポイントの1つです。防犯カメラの設置は、単に防犯対策というだけでなく、さまざまな目的・用途で活用されます。

店舗では防犯・不正防止以外にも、1日の顧客属性の把握や、顧客が店内でどんな動きをするのかといった動線の可視化など、マーケティング目的で防犯カメラを取り付けるところもあります。

ほかにも、オフィス内では、従業員の入退室管理や勤務状況を把握するためにカメラを設置するなど、防犯対策以外にも色々な使い方ができます。

注意点⑤ 設置していることの明示

特に屋外を撮影する防犯カメラを設置する時は、キチンと「防犯カメラを設置している旨」を周囲に明示しておくようにしましょう。

それは防犯カメラが、通路やほかの敷地が映るような設置方法だった場合、防犯カメラの設置を明示していないと、近隣に住む人や近くを通った人から「隠し撮りされた」と言われる可能性があるからです。たとえ実際のところは映っていなかったとしても、相手がどう感じるかはわかりませんし、大きなトラブルになるのを防ぐためにも、防犯カメラの設置はキチンと明示しておくことが大切です。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る