クラウド型カメラサービス ギガらくカメラの導入と活用Tips防犯カメラの設置方法と注意点を知っておこう!

防犯カメラの設置方法と注意点を知っておこう!

今や、街を歩けばいたるところで見かける「防犯カメラ」。従来はオフィスや店舗などに設置してあるのが主流でしたが、防犯意識の高まりから、一般家庭や小規模店舗にも設置するという方も増えてきました。

また防犯カメラ自体も、インターネットで手軽に購入できるようになったこともあり、自分自身で防犯カメラを設置することも多くなりました。しかし初めて設置する方や、慣れていない方が設置しようとしても、どこから始めていいか分からない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、防犯カメラを導入する前に知っておくべき、防犯カメラの設置方法について解説していきます。

防犯カメラ設置の基本

防犯カメラは、人の目で監視しづらい場所や時間帯に、周辺の動きや人の出入りなどを撮影するものとして、街中やオフィス・店舗などに広く利用されています。何かしらトラブルが起きた時など、利用者は撮影した映像を確認して状況を計ったり、解決に繋げたりします。

防犯カメラの種類もさまざまあり、見てすぐに防犯カメラとわかる「ボックス型カメラ」は、犯罪抑止や威嚇効果があり、レンズを選べる機種も多いため、幅広く活用できます。デザイン性が高くコンパクトで相手を威嚇しない「ドーム型カメラ」は、内装・インテリアの雰囲気を崩したくない場合や、カメラが設置されていることを意識させたくない場所(店舗・病院・マンション)などに設置することができます。そのほかにも、用途に合わせて「防水機能付き」や「夜間監視機能」が付いた防犯カメラを選ぶと良いでしょう。

また防犯カメラを設置する際に必要な物として、ネットワーク通信用のケーブルや録画機器、モニターなどを準備する必要があります。設置する場所によっては、専用のポールを建てたり、壁や柱などに穴開けが必要となったりすることがあるので、覚えておきましょう。録画機器を設置するほどのスペースがないのであれば、最近はクラウド上にデータを保存する防犯カメラシステムも登場しており、録画機器の故障や盗難などでデータを失うこともありません。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る