ローコード・ノーコードを活用すれば省コストでデジタル化を実現可能

プログラミング知識はほとんどなくてもソフトウェアを開発することを可能にするノーコード・ローコード開発は、デジタル化進展の要請が高まる反面、ITに強い人材が不足している近年、非常に注目されています。

ローコード(Low Code)開発では、わずかなコーディング作業だけでアプリケーションなどの作成が可能です。ノーコード(No Code)開発に至っては、一切コードを書かずにプログラミングできるため、プログラミング言語をまったく知らなくてもソフトウェアを開発できます。

専門知識が無くても現場のニーズを反映したプログラムを自力で、短時間で組んでみるということが、ローコード・ノーコードを活用することで可能となるのです。

このようにソフトウェア開発の敷居を下げて気軽なものに変えてくれるローコード・ノーコードですが、手法・ツールによってできることに制約があるなど、適切な手法を選ばないと思い通りのソフトウェア開発ができない側面もあります。

ローコード・ノーコードを効果的に使いこなすためには、それぞれの特徴を正しく把握してニーズに合った開発手法を選択することが大切です。

そこで今回は、ローコード・ノーコードの活用を検討するなら押さえておくべき以下のポイントを解説します。

  • ローコード・ノーコードとは

  • ローコード・ノーコードのメリット・デメリット

  • ローコード・ノーコードの比較

  • ローコード・ノーコード開発の流れ

  • ローコード・ノーコードが向いているケース

上記に加えて、ローコード・ノーコードを採用する際におすすめの使いやすいツールもご紹介します。これらを押さえておくことで、ローコード・ノーコードとはどのようなものか把握でき、最適な開発手法はどれなのか判断できるようになるでしょう。

業務効率化や生産性の向上を実現するうえで、今や、デジタル化は欠かせません。だからこそ、目的に応じた使いやすいソフトウェア開発を実現できるローコード・ノーコードを有効活用できるようになっておきましょう。

1. ローコード・ノーコードは今注目の開発手法

冒頭でもお伝えしたとおり、プログラミング知識不要でソフトウェア開発ができるローコード・ノーコードは、デジタル化の推進が広く求められる現在、とても注目されている開発手法です。

上記のとおり、ローコード・ノーコードはコードをほとんど書かずにソフトウェア開発ができるため、プログラミング言語を修得していない非IT人材であってもプログラミングできることが、これまでの開発手法との大きな違いと言えるでしょう。

なお、コード(ソースコード)とは、プログラミング言語で書かれたコンピュータ向けの指示や手順といった処理内容を表す文字列を指します。

【ソースコードの例】

ここまでローコード・ノーコードが注目される背景には、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進の必要性があります。

DXとは、デジタル化によって業務の進め方や組織のあり方を変革する総務省の推進する取り組みです。DXを推進するのに欠かせないデジタル化の推進には、使い勝手の良い新たなアプリケーションなどの開発が不可欠ですが、IT人材は不足している現状にあります。

そこで、IT人材でなくてもデジタル化を推進できるローコード・ノーコードが脚光を浴びているのです。ローコード・ノーコードを活用すれば、

  • スピード感のある開発が可能
  • 現場の要望を反映したソフトウェアを実際に作ってみることが可能

といった点から、必要なタイミングに自社に最適なペースで、デジタル化を進めることができるようになります。

このように、効果的・効率的にデジタル化を進めるためには、ローコード・ノーコードを有効活用することが重要になるのです。

2. ローコードとは

まずは、ローコード開発の概要やメリット・デメリットを具体的に見てみましょう。

ローコード開発のメリット・デメリット
メリット
  • スピード感のある開発ができる
  • 専門知識がほとんどなくてもソフトウェアを内製することが可能
  • コストを抑えられる
デメリット
  • ノーコードと比べると多少の知識は必要
  • ツールの範囲内でしか開発の自由度はない

ローコードとは具体的にどのような特徴を持った開発手法なのか、確認してみてください。

2-1. ローコードは少ないコードで開発可能

ローコード(Low Code)は、通常ソフトウェアを作る際に必須のソースコードをほとんど書くことなく、ソフトウェアやアプリケーションを開発できる手法です。

具体的には、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)上で必要なパーツなどをドラッグ&ドロップし、部分的にソースコードを入力します。部分的にコードを書く分、ノーコードと比べると知識が必要になりますが、作成できるソフトウェアの幅や自由度・他のソフトウェアとの連携しやすさが格段に上がるのが特徴です。

このように、ローコードは1からプログラムを書くのではなく、大部分をすでに構築されたパーツで作成するので、エラーが少なく安定性の高い質の良いソフトウェアを短時間で作成することができます。

2-2. ローコードのメリット

ローコード開発の代表的なメリットは、以下の3つです。

ローコードのメリット
  • スピード感のある開発ができる
  • 専門知識が少なくてもソフトウェアを内製できる
  • コストを抑えられる

ローコードでは、パーツを画面上で組み合わせるだけで最適なコードが自動で生成されます。1からコードを自分で考える必要がなくなる結果、工数を減らし開発時間を大幅に短縮することが可能です。

1からコードを組まなくてもよい結果、システム開発のハードルが下がるため、社内での開発体制を整えることも可能となるでしょう。現場密着型のニーズに沿ったソフトウェア内製もローコードなら可能です。

開発期間が短くなることで、人件費を抑えることもできます。また、これまで外注していた開発関係を一部でも内製化することができれば、外注にかかるコストも削減することが可能です。

2-3. ローコードのデメリット

メリットの多いローコード開発ですが、以下のとおり注意点もあります。

ローコードのデメリット
  • 多少の知識は必要
  • ツールの範囲内でしか開発の自由度はない

ローコードでは、一部とはいえコードを書く必要があるため、ある程度はプログラミング言語を扱う必要があります。そのため、まったく知識がない人材のみでは開発できないことに注意が必要です。

また、ノーコードに比べると自由度の高いローコードですが、利用するローコード開発ツールの提供するパーツ及びコード入力の可能な範囲内でしか自由なプログラムをすることはできません。1からプログラミングする場合に比べ自由度が低いことと、開発ニーズに適合するツールを選ぶ必要があることに気を付けましょう。

3. ノーコードとは

プログラミング知識がゼロでもソフトウェアを開発できるノーコードには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

ノーコード開発のメリット・デメリット
メリット
  • 専門知識がまったくなくてもプログラミングできる
  • 開発時間がローコードよりも大幅に短縮できる
  • パーツを組み合わせるだけなのでエラーやバグがほとんどない
デメリット
  • 自由度が低い
  • 開発に適したツールの選定に時間がかかる場合もある

ノーコードは、誰でもソフトウェアを開発ができる反面、制約もローコードより多くなります。採用した後で「ソフトウェア開発ニーズに合っていなかった」と後悔しないためにも、概要やメリット・デメリットをきちんと把握しておくことが大切です。

3-1. ノーコードはコード不要で開発可能

ノーコード(No Code)では、名前のとおりソースコードをまったく書くことなくソフトウェア開発が可能です。プログラミング言語を全く知らないIT技術者以外でも、業務上必要なアプリケーションなどを自作することができます。

具体的には、パーツやテンプレートを画面上でドラッグ&ドロップして組み合わせるだけなので、Microsoft Officeなどのアプリを使うような感覚で開発をすることができるでしょう。

コストを抑えて短期間でソフトウェアを作ることができるので、テスト開発やベンチャー企業でのシステム開発時にも役立ちます。

3-2. ノーコードのメリット

コード不要でアプリケーションが作れるノーコードのメリットとして、次の3つが挙げられます。

ノーコードのメリット
  • 専門知識がまったくなくてもプログラミングできる
  • 開発時間がローコードよりも大幅に短縮できる
  • パーツを組み合わせるだけなのでエラーやバグがほとんどない

最大の魅力は、専門知識がまったくなくてもシステム開発ができることです。画面上の直感的な操作でアプリケーションを開発できるので、IT技術者とまったく連携しなくても、ツールの使い方を覚えるだけで開発を進められます。

また、コードをまったく考えなくてよいため、ローコードよりも開発時間を短縮することが可能です。簡単なアプリケーションであれば、1日程度で作成することもできます。空いた時間をアプリケーションの検証や他の業務に割り振れるため、業務効率化にもつながるでしょう。

既存のパーツに紐づくコードを組み合わせるだけなので、コードを1から書く場合と比べて、エラーやバグがほとんどないこともノーコードのメリットです。安定性の高いプログラムがはじめから組めることで、バグを修正する時間も減らすことができます。

3-3. ノーコードのデメリット

ノーコードは、IT技術者以外も簡単にシステム開発できる反面、以下のような制約があります。

ノーコードのデメリット
  • 自由度が低い
  • 開発に適したツールの選定に時間がかかる場合もある

まず、自由なカスタマイズや機能の拡張は難しい点に注意が必要です。コードを一切追加できないので、ノーコード開発ツールで準備された機能の範囲でしか、アプリケーションを開発することはできません。そのため、小規模な開発や設計がシンプルなアプリケーションしか作れず、セキュリティレベルもツールの提供レベルに依存します。

このように、すべてがツールの提供内容に依存するノーコードでは、開発に適したツールの選定に時間がかかる場合があることもデメリットと言えるでしょう。開発時間を短縮するためにノーコードを選んだのに、開発前のツール選定に余計な時間が割かれたということにならないよう注意が必要です。

4. ローコードとノーコードの違い

ローコードとノーコードは、システム開発のハードルを下げるという点では同じですが、コードを少しでも書き足すかどうかによって、以下のような違いがあります。

上記のとおり、ローコードは必要に応じてソースコードを書き足せるので、自動化アプリや業務フローアプリなど複雑なものも作成が可能です。一方で、ノーコードはソースを一切書けないので、Webサイトやデータ連携ソフトなどあまり複雑でないものに限られます

比較的自由度の高いローコードの代表的なツールの例は、以下のとおりです。

ローコード開発のツール例
Microsoft Power Apps
  • データの管理ソフトや見積もり・集計の自動化など多様なアプリケーションを開発可能
  • PowerPointやExcelを使うような操作感で簡単にプログラムを作成できる
kintone
  • タスク管理や日報・経理処理など日常業務のデジタル化に役立つアプリケーションを開発できる
  • テンプレートをもとに簡単に作成できるが、他のソフトウェアとの連携や細かいカスタマイズの幅は広くない

汎用性が高く使いやすいMicrosoft Power Appsについては、「7. ローコード開発ならMicrosoft Power Appsがおすすめ」でも詳しくご紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

ノーコードのツール例としては、次のようなものが挙げられます。

ノーコード開発のツール例
Shopify
  • ECサイトやネットショップを作成できる
  • ストアアドレスや商品情報などを入力するだけで簡単にサイトが作成できる
  • 日本語でのSNSサポートもあるなどフォローも手厚い
bubble
  • Webアプリを作成することが可能
  • カスタマイズの自由度は高いが、作りこむと時間がかかる
  • 日本語対応していない場合があることに注意

ローコードとノーコードの違いをより具体的に把握したい場合、無料トライアルなどを活用し、実際にツールを触ってみることをおすすめします。

5. ローコード・ノーコード開発の流れ

ローコード・ノーコード開発を自分で行う場合の基本的な流れは、以下のとおりです。

ポイントとなるのが、ツールの選定です。開発に使える機能などがツールに依存しがちなローコード・ノーコード開発では、作りたいアプリケーションを開発できるツールを選ぶことが重要になります。迷ったら汎用性の高いツールを選んでおくとよいでしょう。

ツール選定で特に着目したい点は、以下のとおりです。

  • 機能面でこだわりたい部分を実現できるか
  • 連携したい他のアプリケーションと連携させられるシステムを作れるか
  • 提供されるセキュリティレベルは十分か

チュートリアルがあるものも多いので、無料で利用できる場合などは、実際に触ってみるのが確実でしょう。なお、ツールによっては日本語非対応のものもありますので、あわせて事前に確認しておくと安心です。

6. ローコード・ノーコードの活用が向いているケース

システム開発をする際にローコード・ノーコードの活用が向いているのは、以下のようなケースです。

ローコード・ノーコードの活用が向いている例
1. 大規模でない開発
2. 新規事業でのテスト開発
3. スピード重視の場合

なぜ、上記のような場合にローコード・ノーコードが向いているのか、以下で具体的に解説します。

6-1. 大規模でない開発

大規模でないシステム開発に、ローコード・ノーコードは最適です。例えば、各業務で使用する自動化アプリケーションや顧客情報管理システムなどが該当します。

ローコード・ノーコードは1からコードを作らないため、どうしてもきめ細かなカスタマイズは苦手です。そのため、基幹システムなど独自性の求められる大規模なシステム開発で使用してしまうと、要望通りにならない部分が出がちです。

各業務の処理に特化したターゲットの狭いアプリケーション開発に活用することで、開発するアプリケーションの機能性と開発の早さや手軽さといったローコード・ノーコードのメリットを両立させやすくなるでしょう。

6-2. 新規事業でのテスト開発

ローコード・ノーコードは気軽に短時間でソフトウェアを作成できるため、新規事業などでのテスト開発にも向いています

ソフトウェアのテスト開発時は、とりあえず作ってみて検証しブラッシュアップする過程が欠かせません。ローコード・ノーコード開発で「とりあえず作る」ための時間を短縮することで、より注力したい検証段階に多くの時間を割くことができるようになります。

このように、一度ソフトウェアを形にしてみて機能性や採算性を確認したい場合、ローコード・ノーコードは最適な選択肢の一つと言えるでしょう。

6-3. スピード重視の場合

ベンチャー企業の立ち上げ時や、感染症対策などで早急に新規システムが必要な場合など、スピード感のある開発が求められるシーンでも、ローコード・ノーコードは活躍します。

コードを1から作る場合、システム開発には数ヶ月から1年と長い期間を要するのが一般的です。外注する場合、開発業者の繁忙期であればなおさら時間を要してしまいます。

ローコード・ノーコードを活用することでシステムを作る時間自体を大幅に短縮できますし、ノーコードであれば専門知識が無くても作れるため、さらにスピーディーに開発が進むでしょう。

このように、できるだけ早くシステム開発を進める必要性がある場合は、ローコード・ノーコードの活用を検討すべきと言えます。

7. ローコード開発ならMicrosoft Power Appsがおすすめ

※出典「Microsoft Power Apps

ある程度複雑なアプリケーションも手軽に作成できるローコード開発。ここではツールをどれにするか迷ったらおすすめしたい、Microsoft Power Appsについてご紹介します。

Microsoft Power Appsとは、Windowsでお馴染みのMicrosoft社が提供するローコード開発ツールです。

以下のような特長があります。

Microsoft Power Appsの特長
直感的に操作できる
  • PowerPointやExcelを使うような操作感でWindowsの利用経験がある場合、親しみやすい
  • テンプレートが多数準備され、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できる
拡張性が高い
  • Azure Functionsを使用することで機能のさらなる拡張が可能
連携範囲が幅広い
  • Office 365、Dynamics 365、Azureなどと連携できる
  • Power BI、Power Automateなどの他のシステム開発ツールとも連携可能
無料試用で安心
  • 30 日間の Power Apps 試用プランがあるため、すべての機能を事前に無料で試すことが可能

このようにMicrosoft Power Appsは単品でもさまざまなアプリケーションを開発できることに加え、Microsoft社が提供する多数のクラウドサービスなどと連携させることで、より高度な拡張・連携ができることがポイントです。

まずは、無料試用で使用感を確かめてみるとよいでしょう。

8. クラウドを導入するならNTT東日本へ

「クラウドを使ってみたいけれど、使いこなせるか心配」

「専門家のアドバイスやサポートが欲しい」

そのようにお考えなら、ぜひ、NTT東日本にお気軽にご相談ください。

NTT東日本では、クラウドサービスの検討・導入をトータルでご支援しています。検討段階でのご相談にも、無料でご対応いたしております。

「なぜ、クラウドの相談をNTT東日本に?」

ぜひ、ご相談いただきたい理由が3つあります。

クラウドを検討するならNTT東日本に相談すべき3つの理由
1. クラウドの専門家が多数在籍しているから
2. 多数の導入実績があるから
3. 検討段階から導入時・運用開始後までトータルでサポートできるから

以下で具体的に説明しますので参考にしてください。

8-1. NTT東日本にはクラウドの専門家が多数在籍

NTT東日本には、AWS・Azureの認定を受けるクラウドのプロフェッショナルが、多数在籍しています。

手間を省いて効率的に最適なツールにたどり着くには、NTT東日本のクラウドのプロフェッショナルをご活用いただくのが、効果的と言えるでしょう。

8-2. 多数の導入実績に裏付けされる確かなサポート

NTT東日本のクラウド導入実績は、実に150社以上にもなります。豊富な導入実績があるということは、課題解決のためのノウハウが、多数蓄積されているということです。

そのため、御社の状況や解決したい課題などにぴったりなツール・クラウドサービスが、NTT東日本でなら見つかるでしょう。

すでにクラウドサービス導入でNTT東日本をご利用いただいた皆さまにも、弊社のサポート体制を、選択理由の1つとして挙げていただいております。

私たちの要望を細かくヒアリングして、予算にあった最適なクラウド環境をご提案頂けたため、NTT東日本を選択
明光産業株式会社さま
NTT東日本を選んだのは、クライアントの社内事情を理解し、その上で柔軟で的確なご提案を実施いただけたため
株式会社国際エキスプレスさま
NTT東日本の多岐にわたる通信関連の提供サービスや、その経験と実績に魅力を感じたため選定
ソレキア株式会社さま

8-3. 検討段階から導入時・運用開始後までワンストップ支援で安心

検討段階から導入時・運用開始後までワンストップ支援が可能なことも、NTT東日本の大きな特徴です。

ローコードツールなどのクラウド導入支援事業者は多数ありますが、実は、クラウド導入〜運用の一部分のみの支援しか行わないケースがほとんど。そのため、多くの検討や設定・運用開始後の対応などを自力で行うことになり、コストや手間が想像以上に大きくなりがちです。

その点、NTT東日本なら、導入前はもちろんのこと導入開始後の管理やお問い合わせにもきめ細かに対応するので、最小限の負担でサービスを導入できます。

ツール導入後に「失敗したかも!」とならないためにも、まずは、NTT東日本の無料相談をご活用ください。

9. まとめ

今回は、省コストでデジタル化をするうえで欠かせないローコード・ノーコードのポイントについて解説しました。最後に、要点をまとめて振り返ってみましょう。

ローコード・ノーコードとは、通常のシステム開発に欠かせないプログラミング言語などを用いたソースを、ほとんど、もしくはまったく使用することなく開発を行うことのできる手法です。専門知識が無くてもプログラムを作れることから、非常に注目されています。

ローコードのメリット・デメリットは、以下のとおりです。

ローコード開発のメリット・デメリット
メリット
  • スピード感のある開発ができる
  • 専門知識がほとんどなくてもソフトウェアを内製することが可能
  • コストを抑えられる
デメリット
  • ノーコードと比べると多少の知識は必要
  • ツールの範囲内でしか開発の自由度はない

また、ノーコードには次のようなメリット・デメリットがあります。

ノーコード開発のメリット・デメリット
メリット
  • 専門知識がまったくなくてもプログラミングできる
  • 開発時間がローコードよりも大幅に短縮できる
  • パーツを組み合わせるだけなのでエラーやバグがほとんどない
デメリット
  • 自由度が低い
  • 開発に適したツールの選定に時間がかかる場合もある

ローコードは必要に応じてソースコードを書き足せるので、自動化アプリや業務フローアプリなど複雑なものも作成が可能です。一方で、ノーコードはソースを一切書けないので、Webサイトやデータ連携ソフトなどあまり複雑でないものに限られます。このような違いを踏まえ、最適な手法を選ぶ必要があるでしょう。

ローコード・ノーコードが向いているケースには、以下のようなものがあります。

ローコード・ノーコードを有効活用することで、効率的にデジタル化を進めることが可能になります。システム開発の生産性を上げるためにも、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドの導入・運用に関する
ご相談、お問い合わせをお待ちしております。

無料ダウンロード

自社のクラウド導入に必要な知識、ポイントを
このに総まとめ!

あなたはクラウド化の
何の情報を知りたいですか?

  • そもそも自社は本当にクラウド化すべき?オンプレとクラウドの違いは?
  • 【AWS・Azure・Google Cloud】
    どれが自社に最もマッチするの?
  • 情シス担当者の負荷を減らしてコストを軽減するクラウド化のポイントは?
  • 自社のクラウド導入を実現するまでの具体的な流れ・検討する順番は?

初めての自社クラウド導入、
わからないことが多く困ってしまいますよね。

NTT東日本では
そんなあなたにクラウド導入に必要な情報を

1冊の冊子にまとめました!

クラウド化のポイントを知らずに導入を進めると、以下のような事になってしまうことも・・・

  • システムインフラの維持にかかるトータルコストがあまり変わらない。。
  • 情シス担当者の負担が減らない。。
  • セキュリティ性・速度など、クラウド期待する効果を十分に享受できない。。
理想的なクラウド環境を実現するためにも、
最低限の4つのポイントを
抑えておきたいところです。
  • そもそも”クラウド化”とは?
    その本質的なメリット・デメリット
  • 自社にとって
    最適なクラウド環境構築のポイント
  • コストを抑えるため
    具体的なコツ
  • 既存環境からスムーズにクラウド化
    実現するためのロードマップ

など、この1冊だけで自社のクラウド化のポイントが簡単に理解できます。
またNTT東日本でクラウド化を実現し
問題を解決した事例や、
導入サポートサービスも掲載しているので、
ぜひダウンロードして読んでみてください。

クラウドのわからない・
面倒でお困りのあなたへ

クラウドのご相談できます!
無料オンライン相談窓口

NTT東日本なら貴社のクラウド導入設計から
ネットワーク環境構築・セキュリティ・運用まで
”ワンストップ支援”が可能です!

NTT東日本が選ばれる5つの理由

  • クラウド導入を
    0からワンストップでサポート可能!
  • 全体最適におけるコスト効率・業務効率の改善
    中立的にご提案
  • クラウド環境に問題がないか、
    第3者目線でチェック
    してもらいたい
  • 安心の24時間・365日の対応・保守
  • NTT東日本が保有する豊富なサービスの組み合わせで
    ”課題解決”と”コスト軽減”を両立

特に以下に当てはまる方はお気軽に
ご相談ください。

  • さまざまな種類やクラウド提供事業者があってどれが自社に適切かわからない
  • オンプレミスのままがよいのか、クラウド移行すべきなのか、迷っている
  • オンプレミスとクラウド移行した際のコスト比較を行いたい
  • AWSとAzure、どちらのクラウドが自社に適切かわからない
  • クラウド環境に問題がないか、第3者目線でチェックしてもらいたい
  • クラウド利用中、ネットワークの速度が遅くて業務に支障がでている

クラウドを熟知するプロが、クラウド導入におけるお客さまのLAN 環境や接続ネットワーク、
クラウドサービスまでトータルにお客さまのお悩みや課題の解決をサポートします。

相談無料!プロが中立的にアドバイスいたします

クラウド・AWS・Azureでお困りの方はお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る