タブレットPOSレジ導入のメリットとは? その概要から選び方まで紹介します

近年、従来のレジスターからタブレットPOSレジに切り換える店舗・飲食店が増えていることを、ご存じですか? 本記事では、そんなタブレットPOSレジの概要、レジスターとの主な違い、また、導入するメリットから選び方まで、詳しく解説していきます。

タブレットPOSレジとは?

最近「タブレットPOSレジ」というワードを耳にしたことがある人、少なくないかと思いますが、これはタブレットを活用したレジシステムのこと。「レジスター」の持つ会計・売上集計機能と「POSレジ」の持つ売上分析機能、さらに複数店舗の一元管理機能を併せ持つ、すぐれもののツールです。

下記の表に、タブレットPOSレジ、POSレジ、レジスターの機能について、それぞれまとめました。
各レジの機能について、まずは見ていきましょう。

  • 横にスクロールします
機能 タブレットPOSレジ POSレジ レジスター
会計/売上計算/集計
商品登録
売上分析 ×
複数店舗一元管理 ×
拡張性 ×
ネットワーク 必要 必要 不要
持ち運び ×
導入にかかる時間 当日~数日 数ヶ月 当日
初期費用 数万円~ 数十万~数百万 数万円~
維持費用 数千円~/月 数千円~/月 数百円~/月

多機能レジシステム「タブレットPOSレジ」について

タブレットPOSレジは、機能的にはレジスターと従来のPOSレジ機能を合わせ持ったシステムです。iPad などのタブレット端末を活用し、専用アプリをインストールしてレジ機能を実現します。POSが持つ売上分析などの高度な機能はタブレットPOSレジでも利用可能です。

ただ、注意点として、クラウドにより高度な機能を使うために、インターネットにつながる環境の準備が必須です。導入コストは低いですが、毎月のサービス利用料が必要になります。

 

POSレジとは

POSレジは、「商品が売れた日時」「個数」「金額」などの販売情報を、販売時に取得します。集めた細かい売上データを分析することで、売れ筋の商品を洗い出す、逆に全く売れていない商品を見つけるなど、売上・仕入れに関わる収支情報を導き出すことができるわけです。
また、在庫管理システムと連携すれば、不良在庫の圧縮に効果を発揮すると共に、複数の店舗情報を集約することなども可能です。

 

POSレジと従来のレジスターの違いは?

前述のPOSレジとレジスターの違いは、機能面にあります。POSレジは販売データをネットワーク経由で集積し、複数店舗の一元管理、販売データの分析も可能です。それに対して、従来のレジスターで可能な作業は、会計と売上計算および、集計です。POSレジのようにネットワーク接続には対応していないため、他店舗の会計や売上を一元管理することはできません。また、簡単な商品登録は可能ですが、POSレジのような細かい商品登録の対応が難しいなどの短所もあります。

要は、「どんな商品が」「いつ」「どの店舗で」「どのくらい売れたか」というデータを取得できるといった長所があるのがPOSレジであり、高度な分析が可能であることはもちろん、集積したデータをマーケティングの施策立案や新サービス開発などに役立てることもできるわけです。
さらに、タブレットPOSレジであれば設置場所を固定する必要がないため、簡単にレジを移動することができるといったメリットもあります。

タブレットPOSレジ活用のメリット

ここでは、タブレットPOSレジの持つメリットについて詳しく説明します。タブレットPOSレジは、今後起こり得る消費税増税対策としても有効であり、それについてもお話ししていきます。

なお、消費税増税対策ついては、以下の記事でも解説しています。もっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

導入・運用共に、低コスト!

POSレジと比較すると、タブレットPOSレジは導入費用・維持費用共に低く抑えることができます。
具体的に説明すると、POSレジは専用のシステム開発が必要なため導入コストが高くなりがちですが、タブレットPOSレジは既にある基本システムを利用することが多いので、その分、安く導入できるわけです。また、使用するツールについても、一般的な市販のタブレット端末およびWi-Fi環境となるため、専用のPOSレジを導入するよりもやはり安価で済みます。

場所を取らない

タブレットPOSレジは端末がタブレットのため、スペースを取りません。さらに、Wi-Fi対応なので持ち運ぶこともできますし、設置場所の移動も簡単です。そのため、売り場面積が狭く、設置場所を確保することが難しい小規模店舗であっても、手軽に導入できます。
また、見た目もスマートなので店舗のイメージを選ばず、ファッション性やデザイン性を重視する業界にもマッチすると思われます。

売上管理が可能で、高度な分析機能もついている

タブレットPOSレジは、POSレジと同様、入力した商品のデータごとに細かく売上を集計・分析することができます。また、クラウド上に蓄積したデータを分析すると、時間帯別の売上や客層・天候や季節別の売上変動など、店舗のマーケティングにも有効なデータを集めることも可能です。売れ筋商品の把握、新メニューの開発、時間帯別サービス、客層に合わせた商品の仕入れなど、売上を伸ばすための施策を立案する上で広く役立つでしょう。

タブレットの操作が簡単である

タブレットは操作が簡単なため、レジ操作会得にも時間がかかりません。直感的な操作が可能で、使いやすいかと思います。また、レジ操作の習熟に時間がとられないので、店舗スタッフの教育・訓練の時間や手間も省くことができます。
業務経験の少ないスタッフや機械の苦手な人でも手軽に現場で使用できるので、業務効率が上がります。

タブレットPOSレジを選ぶ際の注意点

前項まではタブレットPOSレジの導入メリットについて紹介してきましたが、実際にサービスを選ぶ際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?選定の際に知っておくべきポイントについて、以下で解説します。

なぜ導入するのか、目的をはっきりさせる

まず初めにすべきことは、導入する目的を明確にしておくこと。タブレットPOSレジは多機能故に、増やそうと思えばいくらでも機能を追加できます。しかし、機能を増やし過ぎると、かえって業務効率が低下する可能性もあり得ます。
「現在、自店舗では何が課題になっているのか?」ということを、しっかりと洗い出していきましょう。そこを明確にした上で解決策を考え、問題解決に活かすことができる機能を持った、無駄のないスリムなタブレットPOSレジを選ぶことが大切です。

周辺機器や他のシステムとの連携を確認する

分岐機能や操作性、拡張性についても、しっかりとチェックしておく必要があります。タブレットPOSレジは特に拡張性が重要で、周辺機器や他のシステムと連携することで、よりその強みを発揮します。業態内容により、周辺機器や連携システムの種類は異なりますので、自社の特徴、必要な機能を確認しておきましょう。

ちなみに、周辺機器としては以下のようなものがあります。

  • レシート用のプリンタ
  • キャッシュドロア(現金を出し入れするための機器。盗難・不正防止用)
  • カスタマディスプレイ(来店客に支払い金額や商品名を表示するもの)
  • オーダー端末(飲食店で注文を入力するための端末)

また、連携システムの例としては、予約台帳システムなどが考えられます。
こういった周辺機器や、その他システムとの連携が可能かについては、事前に確認しておくとよいでしょう。

必要なコスト・サポート体制を、事前にチェックする

導入の前に、全体のコストとサポート体制についても調べておきましょう。業態によっては、例えば、現金を収納するためにキャッシュドロアなどの周辺機器を導入しなくてはなりませんし、機器のメンテナンスも必要です。
さらに、トラブル時のサポート体制についても知っておく必要があります。サポート対応する時間帯や内容・条件なども、細かくチェック しておきましょう。

まとめ

タブレットPOSレジは、従来のPOSレジやレジスターと比べて少ない費用で導入でき、さらにマーケティングにも活用できる、メリットの多いレジシステムです。ただ、多機能であるが故に、お店の現状把握・事前の準備が非常に大切です。本記事にて、タブレットPOSレジを選ぶときの注意点も紹介してきましたので、導入を検討する際の参考にしていただけましたら幸いです。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る