万引きロス額約43%減

某ドラッグストアにてサービス利用前2018年3月~5月と
サービス利用後2018年6月~8月の3ヵ月のロス額を比較
(AIカメラ計10台、総売場面積約270㎡、従業員数4~8名)

DATA

万引き犯の約65%は「声かけ」で諦める

出典:警視庁ホームページ 万引き被疑者等に関する実態調査分析報告書(平成27年度調査)より抜粋


AIガードマンの特徴

不審行動を検知し、店員のスマートフォン(専用アプリ)に報告。「声かけ」で万引き抑止につなげるAIカメラ向けプラットフォームサービスです。

◎NTT東日本の「AIガードマン」は万引き対策を目的としたAIカメラ用のプラットフォームサービスです。 ◎ご利用にはインターネット接続環境、Wi-Fi接続環境、対応するAIカメラ(アースアイズ株式会社製)および 専用アプリが別途必要です。なお、専用アプリのご利用にはアースアイズ株式会社との契約が必要です。 ◎「AIガードマン」は、アースアイズ株式会社が保有する登録商標です。 ◎本サービスは万引き防止の完全性を保証するものではなく、本サービスのご利用により生じるご契約者さまの被害およびご契約者さまが第三者に与えた損害について、NTT東日本では一切の責任を負いかねます。

導入効果について

  • RESULT1

    商品ロスが
    減りました!

    [ドラッグストア D社さま]
    通知された検知情報をもとに顧客に「声かけ」することなどにより、商品ロスが削減されたという評価をいただいています。

  • RESULT2

    人件費の軽減
    になりました!

    [ドラッグストア E社さま]
    万引きをしにくい売り場作りをすることで効率的な防犯対策ができました。見回りや警備員の配置なども抑えることで、スタッフの稼働時間の削減が可能となり、人件費の負担を軽減できたとの評価もいただいてます。

  • RESULT3

    「声かけ」により
    サービス向上!

    [家電量販店 G社さま]
    レジやバックヤードに留まりがちな店員が「声かけ」をきっかけに店内を回遊することで店舗の雰囲気アップになったという評価もいただいています。

事例

※アースアイズ株式会社が提供する
AIガードマンの事例も含まれます。

  • CASE1 総合スーパーA社さま

    万引き被害が多い商品エリアを中心にAIカメラを配置した結果、商品ロス額が約56%削減!

  • CASE2 ホームセンターF社さま

    万引き被害額が多い売場から順次導入し、ロス額約32%削減!

  • CASE3 ドラッグストアY社さま

    万引き被害額の約43%削減に加え、スタッフの稼働時間の削減や人件費の負担軽減!

「料金・提供条件」についてはこちら

お問い合わせ:0120-449-270
受付時間 9:00〜17:00(土・日・休日・年末年始を除く)

ページ上部へ戻る