栽培記録をデータとして
蓄積することで、
成功ノウハウを手引き化

  • AI/IoT/クラウド
  • 農業
  • 業務効率化
  • 導入のヒント

適用業界・ビジネス分野

  • 農業
  • 経営支援
  • アグリビジネス

従来の課題

天候や土壌の状態などを読み取りながら、高品質・多収量の作物を作れるのはベテラン農家だけ。新規参入者はその域に達するまで苦しい営農を強いられているのが現状です。

対策例

農業は自然や天候に左右されますが、どのような条件の時に何をすべきなのか、データを用いることで適切な対応が可能になります。
圃場の温度、湿度、照度、土中水分、土中温度といったデータを収集・蓄積して、勝ちパターンを発見。必要な作業を数値化して“見える化”することで、より効果的な栽培方法の早期確立が可能になります。

対策例の用途

  • 生産の省力化
  • 生産振興
  • 農業経営効率化
  • トレーサビリティ
  • 高付加価値化

対策例の目的

  • 圃場をモニタリング
  • 安定的供給
  • 収穫量増加
  • 農業所得増大
  • 農業教育のマニュアル化

さらに!

年間を通じて栽培記録をデータとして蓄積することで、成功ノウハウを手引き化できれば生産の最適化はもちろん、農業経営の長期的継続にも大きな効果が期待できます。
生産履歴を追うことができれば、トレーサビリティの導入もしやすくなり、消費者の安心志向に応えることにもつながります。

トレーサビリティ
「生産履歴の遡及・確認性」を意味し、その農作物をどこの産地で、誰が、どのようにして生産したか、流通、加工を経て消費者の口に入るまでの過程の追跡ができるように記録し、消費者がどこで誰が生産したかを遡って確認できる体制のこと。また、反対に生産者が、自分の生産した農作物がどのように消費されたかを追跡できる双方向性も重要とされている。

関連サービス

関連記事

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る