自己流のデータ管理は非効率かつウイルス感染の危険あり!
USBの使用制限と自動バックアップ機能で安全・効率的な経営が可能に

北星交通 株式会社様

業種
旅客自動車運送業、介護事業
従業員数
約230名(2018年2月現在)
所在地
青森県弘前市
事業内容
タクシーやバスによる旅客自動車運送事業、介護事業

お客さまの課題

  • パソコンデータのバックアップはUSBを使用して社員が個人で行っていたため、USBデバイスを経由した情報漏えいやウイルス感染の危険があった
  • 社員が任意でデータ管理をしていたため、業務効率化の障害になっていた

サービス導入効果

  • USBの使用を制限し、オンラインストレージサービスの利用で安全にデータをバックアップできる環境が整備できた
  • 自動でデータがバックアップされるため、業務効率化が図れた

お客さまの声

営業部長 下山 泰広氏

不慮の災害などが発生したとき、タクシーサービスを担う私たちは早期に業務を復旧させなければなりません。弘前市民の足を担う事業者としてデータの安全なバックアップは非常に重要であると考え、「フレッツ・あずけ~るPROプラン」の採用を決断しました。また、「オフィスまるごとサポート ITサポート&セキュリティ」で、USBデバイスの使用を制限し、情報セキュリティ対策も強化しました。これらのICT環境を生かしつつ、これからも安心・安全で快適なサービスの提供を進めていきたいと考えております。

北星交通株式会社様は青森県弘前市に拠点を置き、タクシーや貸し切りバス、運転代行、介護タクシーなどの旅客自動車運送業と、ホームヘルパーステーション運営などの介護事業を行っています。業務データの保存・管理のルール化や自動バックアップを目的として「フレッツ・あずけ~るPROプラン」「オフィスまるごとサポート ITサポート&セキュリティ」などを導入し、業務効率化と情報セキュリティ対策、BCP(事業継続計画)を強化しました。

導入いただいたサービス

(2016年12月導入)

この導入事例についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ別ウィンドウで開きます

導入に至った経緯とは?詳しい内容を
PDFでダウンロードできます。

※ この画像はイメージです。

「人材不足」を働き方改革で乗り越える/「人材不足」解消のアプローチ【Biz Drive(ビズドライブ)】特設ページはこちら

関連事例

ページ上部へ戻る