中学・高校教職員がタブレット100台で情報共有を徹底
業務効率化で生まれた時間を「全人教育」に活用

学校法人 須賀学園様

業種
学校教育
従業員数
341名(2017年9月現在)
所在地
栃木県宇都宮市
事業内容
高等学校、中学校などの運営

お客さまの課題

  • 教職員用タブレット100台による情報共有の徹底と業務効率化を検討したが、従来のWi-Fi環境では接続台数の制限を超えていた
  • ICT環境の運用は一人のICT担当教員が担っており負担が重かった

サービス導入効果

  • タブレット100台で快適にWi-Fiを利用でき情報共有の徹底と業務効率化が図れた
  • 業務効率化で時間が生まれ、生徒一人ひとりの個性を伸ばす教育により注力できるようになった
  • NTT 東日本がサポートしてくれるので、Wi-Fiに関して分からないことがあれば各教職員から直接問い合わせることもできるようになり、ICT担当教員の負担が軽減された

お客さまの声

学校法人 須賀学園 副理事長 須賀 英之氏

2015年ごろ、常勤教職員100人全員にタブレットを支給し、活用する計画を打ち出しましたが、従来のWi-Fi環境では、接続台数の制限を超過することが分かりました。
「ギガらくWi-Fi」は、推奨同時接続端末台数がWi-Fiアクセスポイント装置1台当たり50台なので、職員室や会議室にアクセスポイント装置が2台あれば100台の端末で常時接続が可能です。今では会議資料のファイルをタブレットで見られるようにするなど、業務の効率化が図れています。

学校法人須賀学園の歴史は、1900年に創設された、栃木県で最初の女子私学である共和裁縫女学校を嚆矢とする。建学の精神は、学生・生徒一人ひとりの個性を重んじ、優れた能力、特性を伸ばす「全人教育(人間形成の教育)」。
現在、宇都宮短期大学属高等学校・中学校に計約3,000名(男女共学)の学生・生徒が学んでいる。
系列校に宇都宮共和大学・宇都宮短期大学を有する、北関東有数の総合学園。

学校法人 須賀学園

導入いただいたサービス

(2015年8月導入)

導入に至った経緯とは?詳しい内容を
PDFでダウンロードできます。

※ この画像はイメージです。

※ 入力必須

この導入事例についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ別ウィンドウで開きます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る